●Kazさんのページ

#40. Religion

#40-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜70

40-11 I want to tell the story everybody
 A
n old man walks into a confessional. The following conversation ensues:
Man: I am 92 years old, have a wonderful wife of 70 years, many children,
  grandchildren, and great grandchildren.
  Yesterday, I picked up two college girls, hitchhiking.
  We went to a motel, where I had sex with each of them three times.
Priest: Are you sorry for your sins?
Man: What sins?
Priest: What kind of a Catholic are you?
Man: I'm Jewish.
Priest: Why are you telling me all this?
Man: Hell, I want to tell the story everybody.
 この話を皆に聞かせたいんじゃ
 老人が教会の懺悔室にやって来た。司祭と交わされた会話は次の通り。
老人:わしは92歳で70歳の妻とたくさんの子供、孫、曾孫がおるんじゃ。
   実は昨日 わしはヒッチハイクをしていた二人の女子大生を拾って、
   そのままモーテルに直行してそれぞれの女子大生と3回ずつセックスをしたんじゃ。
司祭:その罪を後悔しているのですね?
老人:罪だって?
司祭:あなたはカソリック教徒なんでしょう?
老人:わしはユダヤ人じゃよ。
司祭:では、なぜ私にその話をしたんですか?
老人:いや、わしはこの話を皆に聞かせたいんじゃ。
92歳の老人は自分の精力絶倫ぶりを、誰彼かまわず自慢したかったのです。

40-12 Contented grin
 A
young nun said to her Mother Superior, "When I was walking in the garden last night, the gardener threw me to the ground and...well, you know...Can you give me penance?"
"Go and eat ten lemons," said the Mother Superior.
"But that won't cleanse my sins away," said the young nun.
"I know, but wipe that contended grin off your face first." The Mother Superior snapped.
 満足そうな笑い
 若い尼僧が修道女院長に告白した。「昨晩私が庭を歩いている時、庭師が私に襲いかかり、そして、その…院長様、お判りでしょう?そういうことになってしまったので、私はどうやって懺悔すればよいでしょうか?」
「すぐにレモンを10個食べなさい」と修道女院長が言った。
「でも、それで私の罪が消え去るのでしょうか?」と若い尼僧が尋ねる。
「あなたが不審に思うのは判りますよ、でもまず始めに、あなたの顔に浮かんだ満足そうな笑いを取り去るために、レモンを食べなさい」と修道女院長はピシャリと言った。
「強姦され汚されました」と言いながら、本当はSEXを喜んでいる若い尼僧に、
「まずレモンを食べて(酸っぱさで)顔をしかめてごらん」と、修道女院長はたしなめたのです。
"笑う"という英語は次の様に区別されます。
grin =口元をゆるめてニヤニヤ笑う guffaw =けたたましく笑う
smile =微笑む chuckle =クスクス笑う
laugh =声を立てて笑う giggle =くすぐられた時などケタケタ笑う

40-13 God's share
 A
Catholic priest, a Protestant parson, and a rabbi were discussing how to divide the money they collected between the poor of their parish and themselves.
The Catholic priest said, "I draw a square on the ground and throw the money in the air. What lands in the square is mine and the rest is for the poor."
The Protestant parson said, "I draw a circle on the ground and throw the money in the air. What lands inside the circle is mine, and the rest is for the poor."
The rabbi said, "My idea is simple. I throw all the money in the air. There God will grab what he wants. That's for the poor. Anything that falls to the ground is mine."
 神様の取り分
 カソリックの神父、プロテスタントの牧師、そしてユダヤ教の律法博士(ラビ)が、教会に集まった献金をどのような割合で教会と教会の貧しい信者達とで分けるかという議 論になった。
神父は言った。「地面に四角形を描いて献金されたお金を全部空中にばら撒き、四角形の中に落ちた金は教会のもので、残りは貧しい人々に与えよう。」
牧師が言った。「地面に円を描いてお金を全部空中にばら撒き、円の中に落ちた金は教会のもので、残りは貧しい人々に与えよう。」
ラビが言った。「私の考えは簡単です。全ての金を空中にばら撒けば、神が必要とする分は自ら掴まれるはずです。その分が貧者のためのお金です。神が掴まれずに地面に落ちた分が、教会の取り分です。」
お金に執着するユダヤ人のラビは、
献金は全て教会の、即ち自分の取り分であると言っているわけです。

40-14 God and Eve in the Garden of Eden
 O
ne day in the Garden of Eden, Eve calls out to God, "Lord, I have a problem!"
"What's the problem, Eve?"
"Lord, I know you've created me and have provided this beautiful garden and all of these wonderful animals, and that hilarious comedic snake, but I'm just not happy."
"Why is that, Eve?" came the reply from above.
"Lord, I am lonely and I'm sick to death of apples."
"Well, Eve, in that case, I have a solution. I shall create a man for you."
"What's a 'man,' Lord?"
"This man will be a flawed creature, with many bad traits. He'll lie, cheat, and be vainglorious; all in all, he'll give you a hard time. But, he'll be bigger, faster, and will like to hunt and kill things. He will look silly aroused, but since you're complaining, I'll create him in such in a way that he will satisfy your ah, physical needs. He'll be witless and will revel in childish things like fighting and kicking a ball about. He won't be too smart, so he 'll also need your advice to think properly."
"Sounds great," says Eve, with an ironically raised eyebrow.
"What's the catch, Lord?" "Yeah, well ... you can have him on one condition."
"What's that, Lord?"
"As I said, he'll be proud, and self-admiring. So you'll have to let him believe that I made him first. Just remember. It's our secret."
 神とイブがエデンの園で
 ある日エデンの園でイブが神に向かって呼びかけた。
「神様、聞いていただきたいことがあるんです」
「イブよ、それは何のことか?」
「神様、あなたは私を創造し、この美しい園と素晴らしい動物達、そしてあの道化師みたいにおかしなヘビを与えて下さいました。でも私は楽しくないんです」
「何故だね、イブ?」と天の上から神の声が響く。
イブ:「神様、私はひとりぽっちですし、あのリンゴの味には死にたいくらい飽きてし まったのです。」
神 :「そういうことならば、イブよ、私が解決策を与えよう。お前のために『男』を作ってやろう。」
イブ:「『男』ってどういうものなんですか?」
神 :「この『男』とは欠点だらけの生き物だ。嘘はつくし、人を欺くし、自惚れがひどいし、お前にとって負担になるような存在だ。しかし男は身体が大きくて、足は速いし、狩りをして生き物を殺すことを好むし、興奮すると阿呆みたいに見える。しかしイブ、お前が現状に不満だというのだから、わしは『男』をお前を肉体的に満たすように作ってやろう。彼は知恵もないし、喧嘩をしたりボールを蹴ったりといった子供っぽいことに夢中になるぞ。彼は決して利口になれないのでまともな考えをさせるためには、君がアドバイスしなければならないだろう。それでもいいかね?」
イブは皮肉っぽく眉毛をつり上げると、「ステキきですこと」と言った。
イブ:「で、神様、その男を作ってもらえる条件とは?」
神 :「おう、そうじゃのぉ、お前が男を持つための条件が一つある。」
イブ:「それは何ですか、神様?」
神 :「さっきも言った様に、男はプライドが高く自惚れが強い。だからお前は彼の方が先に作られたのだと、彼に思わせておかなければならない。よいな、ここだけの話だぞ」
聖書に書かれた『イブはアダムの肋骨から作られた』
(=最初に男が作られ、次ぎに女が作られた)というのは真っ赤な嘘で、
実は神は女を先に作り、女は知恵のリンゴも食傷するほど食べ、退屈なので神に頼んで男を作ってもらった。
男は粗野で自惚れが強く単純だから、イブに「あなたが先に生まれたのよ」と言われて、
ずっとそうだと思っている、という珍説天地創造記です。

40-15 Noahs Ark
 W
hen the ark's door was closed Noah called a meeting with all the animals.
"Listen up!" Noah said with a demanding voice.
"There will be NO sex on this trip. All of you males take off your penis and hand it in to my sons. I will sit over there and write you a receipt. After we see land, you can get your penis back."
After about a week Mr. Rabbit stormed into his wife's cage and was very excited.
"Quick!" he said, "Get on my shoulders and look out the window to see if there is any land out there!"
Mrs. Rabbit got onto his shoulders, looked out the window, and said, "Sorry, no land yet."
"Damn!", exclaimed Mr. Rabbit.
This went on every day until Mrs. Rabbit got fed up with him.
Mrs. Rabbit asked, "What is the matter with you? You know it will rain for forty days and nights. Only after the water has drained will we be able to see land. But why are you acting so excited every day?"
"Look!", said Mr. Rabbit with asly expression, as he held out a piece of paper, "I GOT THE HORSE'S RECEIPT!!"
 ノアの箱船
 (洪水を逃れるためすべての動物が一組ずつ乗った)ノアの箱船の扉が閉ざされた時、ノアは乗っているすべての動物を集めてよく通る声でこう命じた。
「よくお聞き!これからの旅ではセックスを一切禁止する。雄の動物は全てペニスを切り落として、わしの息子に渡しなさい。わしはそれを確かめて受取証をそれぞれ発行しよう。陸が見えたら預かったペニスを返してやろう。」
それから一週間後兎の雄は兎の雌の部屋に飛び込むと昂奮して叫んだ。「急いで!僕の肩の上に乗って陸が見えないかどうか確かめてくれ !」
雌兎は言われた通りにして窓から外を覗いたが、「残念だけど、まだ見えないわ」と答えた。
「ちきしょー!」と雄兎は叫んだ。このやりとりが毎日続いたものだから、雌兎はいいかげんうんざりしてしまった。
たまりかねて雌兎は言った。「いったいどうしたって言うの?この大雨は40日間、朝から夜まで降り続くことになっていることは知っているでしょう?水が引いてから初めて陸地を見ることが出来るのよ。なぜそんなに毎日昂奮しているの?」
「見てごらん、」と雄兎はずる賢い目つきで手に持った紙切れを、雌兎の前に突き出した。
「ほら、僕は間違って馬の受取証をもらっちゃったんだよ!」
陸地が見えれば、雄兎はこの受取証と引換に馬の巨大なペニスを自分の股間に着けてもらえるということです。

40-16 Son of bitch
 A
young pretty nun goes to confession.
"Father, I called a man a son of a bitch yesterday."
"Why did you call him a son of bitch?" the priest asked.
"Because, Father, he touched me on my arm without my permission."
"Did he do like this?" he touches her arm.
"Yes, Father."
"That's no reason for calling him a son of a bitch."
"But, Father, he also touched my breasts."
"You mean like this?" the priest touches her breast.
"Yes, Father."
"That's no reason to call him a son of a bitch."
"But, Father, he took off my clothes."
"Like this?" He takes off her clothes.
"Yes, Father."
"That's no reason to call him a son of a bitch," gasps the priest.
"But, Father, he then put his you-know-what in my you-know-where."
"Ah, like this?" The father instantly puts his you-know-what in her you-know-where.
"Uhm, ah…yes, Father," she says sometime later.
"But that's still no reason to call him a son of a bitch," he says panting.
"But, Father, he has AIDS..."
"That Son of Bitch!!"
 クソッタレ野郎
 若く美しい尼僧が懺悔室にやって来て告白した。
尼僧:「神父様、私はある男のことを『クソッタレ野郎』と言ってしまいました」
神父:「なぜ、あなたはその男をクソッタレ野郎と言ったのですか?」
尼僧:「だって神父様、その男は断りもなしに私の腕に触ったのですよ」
神父:「彼は、こんな具合に触ったのかね?」(彼女の腕に触れる)
尼僧:「そうなんです」
神父:「それだけで彼のことをクソッタレ野郎と呼ぶことはないと思うがね」
尼僧:「でも神父様、その男は私の胸も触ったのですよ」
神父:「つまり、こんな具合に触ったのかね?」(彼女の胸を触る)
尼僧:「そうです」
神父:「それだけで彼のことをクソッタレ野郎と呼ぶことはないと思うがね」
尼僧:「でも神父様、その男は私の洋服を脱がせたんですよ」
神父:「こんな具合に?」(神父が彼女の洋服を脱がす)
尼僧:「そうです」
神父:(ハアハア激しい息づかいで)「そ、それだけで彼のことをクソッタレ野郎と、よ、呼ぶことはないと思うがね」
尼僧:「でも神父様、それからその男は彼のあそこを、その、あの、私のあそこに入れて来たんです」
神父:(すぐに彼のあそこを彼女のあそこに入れて)「あぁ、こんな具合に?」
尼僧:(少し間をおいて)「あー、ウーン、そこ、そう、そう、そこです」
神父:(興奮してあえぎながら)「そ、それだけで彼のことをクソッタレ野郎と、よ、呼ぶことはないと思うがね」
尼僧:「あーん、でも神父様、彼は私にエイズを移したんですよ」
神父:(突然ことの重大さに気付いて)「そりゃ、確かにクソッタレ野郎だ!」

40-17 Call a spade a spade
 T
he contemplative routine of the convent was being disrupted by the presence of workmen converting the electrical service from overhead lines to buried cable.
Mother Superior called the electric company's complaint department to ask for help.
"The profanity these men use constantly is unsuitable for our community. You must make them stop cursing so much," said the nun.
"Very well, sister. But you must make allowances for their habits. Even when they are trying to be tactful, they will still tend to call a spade a spade," said the company spokeswoman.
Mother superior then observed, "I think the term they actually use is 'fucking shovel'!"
 奥歯に物がはさまった言い方をしない
 電気会社の工事人夫が電信柱の電線を地中に埋める工事に来るようになってから、黙想に更ける女子修道院の毎日の生活は妨げられるようになった。
修道院長は電気会社の苦情処理係りに電話して、何とかしてほしいと頼んだ。
「工事人夫がひっきりなしに喋る神に対する冒涜の言葉の数々が、私達の生活環境を乱しています。彼等に下品な言い方を止めさせるようにして下さい」と修道院長は頼んだ。
「わかりました、シスター。でも彼等の普段の生活習慣も理解してあげて下さいよ。上品にスマートに振る舞おうと努力はしているのですが、やはり物事をストレートに言って(call a spade a spade)しまいがちなんですよ。」と、この会社の苦情担当係の女性が説明する。
そこで修道院長はこう言った。「だけどね、彼等の言い方は(call a spade a spadeではなく)『クソッ タレシャベルめ(fucking shovel)!』なんですよ。」
Call a spade a spade(鍬を鍬と呼ぶ)は、その通り喋る、奥歯に物がはさまった言い方をしない、という決まり文句です。
修道院の電気工事に来ていた職人たちに「下品な言葉でなくストレートな言い方をしなさい」と言ったのですが、
「鍬を鍬と呼ぶ」のではなく「クソッタレシャベルめ!(fucking shovel)」と言うので困っているわけです。

40-18 Life Span
 O
n the first day, God created the cow.
God said, "You must go to the field with the farmer all day long and suffer under the sun, have calves and give milk to support the farmer. I will give you a life span of sixty years."
The cow said, "That's a kind of a tough life you want me to live for sixty yeas. Let me have twenty years and I'll give you back the other forty."
And God agreed.
 On the second day, God created the dog.
God said, "Sit all day by the door of your house and bark at anyone who comes in or walks past. I will give you a life span of twenty years."
The dog said, "That's too long to be barking. Give me ten years and I'll give you back the other ten."
God agreed.
 On the third day, God created the monkey.
God said, "Entertain people, do monkey tricks, make them laugh. I'll give you a twenty-year life span."
The monkey said, "How boring monkey tricks for twenty years! I don't think so. Dog gave you back ten, so that's what I'll do too, okay?"
And God agreed again.
 On the fourth day, God created man.
God said, "Eat, sleep, play, enjoy. Do nothing just enjoy, enjoy, enjoy. I'll give you twenty years."
Man said, "What? Only twenty years? No way man! Tell you what, I'll take my twenty, and the forty cow gave back, and the ten dog gave you back and the ten monkey gave back. That makes eighty, okay?"
"Okay," said God, "you've got a deal."
So that is why for the first twenty years we eat, sleep, play, enjoy, and do nothing; for the next forty years we slave in the sun to support our family; for the next ten years we do monkey tricks to entertain our grandchildren; and for the last ten years we sit in front of the house and bark at everybody.
 寿命
 一日目、神は牛をお創りになった。「牛よ、汝は農民と共に野原へ行き、一日中太陽の下で苦労して農民と働き、仔牛を産み、農民を支えるためにミルクを与えなくてはならぬ。汝に60年の寿命を与えようぞ。」
牛は答えた。「そんな厳しい生活が60年とはたまりませぬ。20年の寿命をいただき、残りの40年はお返しさせていただきます。」
神は承諾なさった。
 二日目、神は犬をお創りになった。「犬よ、汝は家のドアの前に一日中座り、家を訪れる者、あるいは家の側を歩き去る者誰これかまわず吠えるのじゃ。汝に20年の寿命を与えようぞ。」
犬は答えた「20年とは吠え続けるには長すぎる年月です。10年の寿命をいただき、残りの10年はお返しさせていただきます。」神は承諾なさった。
 三日目、神は猿をお創りになった。「猿よ、人々を楽しませるためおかしな真似をし、人々を笑わせよ。汝に20年の寿命を与えようぞ。」猿は答えた。
「20年もおかしな真婦をし続けるなんて退屈してしまいますよ。それは私には無理です。犬はあなたに10年の寿命を返しましたので、それと同じことを私もしたいと思いますが、よろしいですか?」
神は承諾なさった。
 そして四日目、神は人間をお創りになった。「食べて、寝て、遊んで、楽しめ。何もしなくてよい、ただ楽しんで、楽しんで、楽しみまくればよい。汝に20年の寿命を与えようぞ」
人間は答えた。「何ですって?たったの20年ですって?そんなの絶対に認められませんよ。そうだ、こうしましょう。まずは授かった20年の寿命をいただき、そして牛が返した40年と、犬が返した10年と猿が返した10年もいただきます。つまり全部で80年ですが、これでどうでしょうか?」
「よろしい。それで契約成立じゃ」と、神は言った。
というわけで 私たちは最初の20年間は食べて、寝て、遊んで、楽しんで、何もしないというわけです。
次の40年間は家族を支えるために灼熱の太陽の下であくせく働き、その次の10年間は孫を喜ばせるためにおかしな真似をしたりして、そして最後の10年間は家の前に座り誰にでも怒鳴るというわけです。
イソップの昔話を思わせる傑作だと思います。

40-19 Ten Commandments
 D
o you know why the Ten Commandments were written in Hebrew?
First God offered them to the German. "Thou shalt not kill? It's impossible,"they turned them down.
Then God offered them to the French. "What's this rubbish; thou shalt no t commit adultery? L'amour, c'est lavie!" they refused them, too.
Finally God offered them to the Jew. "How much are they?" they asked. "It's free," God replied. "In that case, we'll take them."
 十戒
 なぜ(旧約聖書)の十戒はヘブライ語で書かれているかご存じですか?
初めに神はこの文書をドイツ人に与えようと思ったのですが、「汝殺すことなかれ、だって?そんなこと出来るわけないだろう!」とドイツ人に拒まれたのです。
次に神はフランス人にこの文書を与えようとしたのですが、「汝姦淫することなかれ、だって?一体この部分は何なんだ?『愛こそ人生のすべて』でしょ!」とフランス人にも拒まれたのです。
最後に神はユダヤ人にこの文書を見せたところ、「こいつはいくらで売ってくれるのかい?」と聞き返された。
「何を言っているんだ。こいつは無料だよ」と神が答えると、「それならもらっておこうか」とユダヤ人が答えたというのです。
(だからこの文書はユダヤ人の言葉であるヘブライ語で書かれているのです)
過去二回の世界大戦を始め戦争に明け暮れていたドイツ人が「汝殺すことなかれ」を守るれるはずがないし、
他人の奥さんだろうが誰だろうが恋愛最優先のフランス人に「 汝姦淫することなかれ」を守れるはずが有りません。
がめついユダヤ人が「ただならもらってもいいよ」と言って引き取ったので、
十戒はヘブライ語で書かれることになった、と言っています。

40-20 Person without sin
 J
esus is in town one day teaching some of the local folks, when a rabid crowd of religious professionals push their way toward him.
They thrust a woman clad only in a bed sheet before him and say "We caught this woman in the act of adultery! Should we stone her?"
Jesus looks off into the distance for a moment, then stoops down and begins scratching something in the sand.
Eventually he stands up and says, "Let the person here without sin cast the first stone."
All is silent, and then a rock flies in from the edge of the crowd, smacking the woman in the cheek.
Jesus looks over the crowd in the direction of the rock-thrower, then cries out, "Come on, mom! Stop that!"
 罪なき人
 ある日イエスキリストが町で人々に説教をしている時、過激な宗教専門家(=律法家) 達が人々を押しのけてキリストの前にやって来た。
彼等はベッドのシーツを身にまとっただけの女性をキリストの前に突き出すと、「この女は姦淫中だったところを我々が捕まえた。この女に石を投げつけるべきだろう?」と言った。
キリストは視線をはるか彼方にそらして、しゃがみ込むと砂地の上に指で何かを書き始めた。
やがて彼は立ち上がると「この中で罪がない人が彼女に最初に石を投げなさい」と言った。
回りにいた人は全員口をつぐんでしまったが、突然群衆の端から一個の石が飛んできてこの哀れな女の頬に、ビシっと命中した。
キリストは石を投げた人物の方向を見つめると、大声で叫んだ。「ちょっと、ママ、頼むから止めてよ!」
このジョークは新約聖書ヨハネ伝8-7に基づいています。
姦淫した女性をイエスキリストの前に突き出して、
「モーゼは姦淫した女は石で打たれて死なねばならない(申命 記22-21)と言っているが、あなたはどうするつもりか?」と
律法学者が問い詰めた時 、キリストは"Let the one among you who is guiltless be the first to the throw a stone at her."
「(=あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい) 」と答えます。
心にやましいことのない人間はいませんから、誰も彼女に石を投げることが出来なかったというのがそのオチですが、
このジョークではそこに突然キリストの母であるマリアが登場し、この女に石を投げつけるので、「ちょっと、ママ、止めてよ」とキリストが困っています。
というのはマリアの処女懐胎、すなわちキリストを孕んだことは姦淫ではなく、神の御心なのだから、
彼女こそは「罪のない者」で、この姦淫した女性に石を投げる権利があると言われれば、キリストは反論出来ないからです。
聖書の知識がないとおかしさがわからないジョークです。

#40-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*