●Kazさんのページ

#40. Religion

#40-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜70


40-21 New priest in town
 T
here was an old priest who got sick of all the people in his parish confessing to adultery.
One Sunday, in the pulpit, he said, "If I hear one more person confess to adultery, I'll quit!"
Well, everyone liked him, so they came up with a code word.
Someone who had committed adultery would say instead that they had 'fallen.'
This seemed to satisfy the old priest and things went well until the priest passed away at a ripe old age.
 A few days after the new priest ar rived, he visited the mayor of the town and seemed very concerned.
"Mayor, you have to do something about the sidewalks in town. When people come into the confessional, they keep telling me they've fallen."
The mayor started to laugh, realizing that no one had told the new priest about the code word.
But, before he could explain, the priest shook an accusing finger at him and shouted, "I don't know what you're laughing about, because your wife has fallen three times this week!"
  町の新しい神父
 年老いた神父は、彼の教区の人々が次から次へと不倫の懺悔告白を行うので、いい加減うんざりしていた。
ある日曜日、神父は教会の説教壇から「これから先、私に不倫の告白を行う人が一人でもいたら、私はこの教区の神父を辞める」と宣言した。
町の人々はこの神父が好きで去って欲しくなかったので「これからは不倫関係に成ったら、『道で転んだ』という符帳を使って神父様にお話することにしよう」と、秘かに決めた。
「不倫」という言葉を聞かなくなってので老神父は満足し、平和な余生を過ごし天命を全うした。
 亡くなった老神父の後を継ぐ神父がこの町にやって来て数日後、新しい神父は町長を訪れたが、非常に心配そうなそぶりだった。
「町長さん、町の歩道をなんとかしなければいかんと思います。町の人が私の教会で懺悔の告白をする度に、『道で転んだ』と言うんですよ。」
これを聞いた町長は、誰もこの符帳の意味を新しい神父に教えていなかったのだと悟って、大笑いした。
そして彼自身の口からその意味を説明しようとする前に、この神父は町長を指差して抗議した。
「何がおかしいんですか、笑い事じゃないでしょ!あなたの奥さんなどは今週に入ってから三回も道で転んでいるんですよ!」
町長の奥さんは今週三回も不義密通をしているということです。
本当に笑い事じゃ済 まないですね。

40-22 Catholic or Protestant
 O
n a small street in Belfast, a man was suddenly held up by a masked man.
The man stuck a gun to his head and asked, "Are you a Catholic or Protestant?"
The man quickly thought how to avoid the religious confrontation. "As a matter of fact," he said, "I'm a Jewish," he replied.
The gunman chuckled, "Boy, I'm the luckiest Arab tonight in Belfast."
 カトリックかプロテスタントか?
 (宗教対立で爆弾テロがしょちゅう起こる)北アイルランドのベルファスト市の路上で、一人の男が、突然覆面 をした男に拳銃を突きつけられた。
覆面をした男が「お前はカトリック教徒か、それともプロテスタント教徒か?」拳銃を突きつけられた男は宗教的トラブルに巻き込まれるのをおそれて咄嗟に答えた。「実は僕はユダヤ教徒なんだ」
覆面男はクックッと含み笑いをしながら言った。「そりゃぁ、良かった。俺は今晩ベルファスト市内で一番ついているアラブ人だな」
アラブ諸国とイスラエル(=ユダヤ教徒)はキリスト教内の宗教対立よりも、もっと長い対立の歴史があります。
このホールドアップをされた男が、咄嗟にユダヤ教徒だと嘘をついたことが裏目に出てしまいました。

40-23 Nobody around here
 A
guy decided to visit a church and confess all of his sins.
When he arrived at a church, he walked to the confessional and spoke to the pastor. "Father, I am sinful."
"Yes, son, just tell me what have you done, the Lord will forgive you."
"Father, I have a steady relationship with my girlfriend, it's been 3 years and nothing serious ever happened between us. Yesterday, I visited her house; nobody was at home except for her sister. We were alone and I slept with her."
"That's bad my boy, fortunately you realize your mistake."
"Father, last week I went to my girlfriend's office to look for her, but nobody was around except for one of her colleagues, so I slept with her too."
"That's not very good of you."
"Father, last month, I went to my girlfriend's uncle's house to look for her, nobody was around except for her auntie, and I slept with her too."
"Father? ......... Father?" Suddenly this guy realized that there was no response from the Father, he walked over and discovered that the Pastor was not there.
So he began searching for him.
"Father? Where are you?" He searched high and low, and finally he found him hiding under the table behind the piano.
"Father, why are you hiding here?"
"Sorry son, suddenly I realized there is nobody around here except me."
 周りに誰もいなかったので
 教会で自分が犯した罪を全て告白しようと決意した男が、教会の懺悔室で牧師に話を聞 いてもらうことにした。
「私は罪深い男です」と男が話を始めると、牧師は「悩むことはない。私にあなたがしてきたことをすべて話なさい。神はきっとあなたを許してくれるでしょう」と言った。
「私は三年間恋人とずっと肉体関係を続けてきましたが、特に大きな問題はありませんでした。昨日私が彼女の家を訪れると、家には彼女の妹以外はだれも家にいませんでした。二人だけだったので私は恋人の妹と関係を持ってしまいました」と男が告白すると、牧師は「貴方はあってはならないことをしてしまったが、幸いその過ちに気付いている」と答えた。「でも、私は恋人に会うため先週恋人の勤務先に訪れた時、その職場には彼女の同僚女子社員以外にいなかったので、その女の子とも出来てしまったのです」
「あまり感心出来んねぇ」、と牧師が答える。
「それにですね、先月僕の恋人の叔父さんの家に行った時のことですが、その家には恋人の叔母さんしかいなかったので、ここでも僕はその叔母さんと関係してしまったのです。
あれ、牧師さん、牧師さん、どこに居るんですか?」と男は牧師の声がしなくなったので、教会の中を歩いて彼を探し回った。
「牧師さん、どこに居るんですか?」と、あらゆる所を探し回り、ようやく牧師がピアノの後ろにあるテーブルの下に隠れている姿を見つけた。
「牧師さん、なんだってそんなところに隠れたんですか?」「それはな、私は突然この教会の中にいるのは、君と私しかいないことに気付いたからじゃよ」
彼のいつものパターンに従えば、このままでは彼に関係を迫られてしまうと、牧師は慌てて逃げたのです。

40-24 An opening joke
 N
ot too long ago a large seminar was held for ministers in training.
Among the speakers were many well known motivational speakers.
One such boldly approached the pulpit and, gathering the entire crowd's attention, said, "The best years of my life were spent in the arms of a woman that wasn't my wife!"
The crowd was shocked!
He followed up by saying, "And that woman was my mother!"
The crowd burst into laughter and he gave his speech that went over well.
About a week later one of the ministers who had attended the seminar decided to use that joke in his sermon.
As he shyly approached the pulpit one sunny Sunday, he tried to rehearse the joke in his head.
It seemed a bit foggy to him this morning.
Getting to the microphone he said loudly, "The greatest years of my life were spent in the arms of another woman that was not my wife!"
His congregation sat shocked.
After standing there for almost 10 seconds trying to recall the second half of the joke, the minister finally blurted out "...and I can't remember who she was!"
 出だしのジョーク
 最近の話です。見習い訓練中の牧師が集まる大きなセミナーが開かれました。
講師の中には感動的なスピーチをする人がたくさんいました。
そんな中の一人が教壇に進み出たので、聴衆は皆注目します。
彼は「私の人生最良の時代は、妻以外の女性の腕の中で過ごした日々だった」と、語り始めたので、聴衆はショックを受けました。
ところが彼はこう続けました。「そしてその女性とは私の母のことだ!」
これを聞いて聴衆は大爆笑し、彼のスピーチはバカ受けしました。
一週間後、セミナーに参加した牧師は、このジョークを自分の境界の説教の中で使おうと考えました。
ある晴れた日曜日、彼はおずおずと教壇に進みながら、ジョークをどう言えば良いか頭の中で復唱しました。
ところがその日は緊張のあまり、ジョークの落ちがよく掴み切れていませんでした。
彼はマイクに向かって大声でこう言いました。「私の人生で最高の時は、妻以外の女性の腕の中にいた時だ!」
教会に来ていた信者達は座ったまま、ショックのあまり身動きひとつしませんでした。
牧師はそこで立ちすくんだまま10秒程このジョークのオチを思い出そうと考えましたが思い出せず、思わずこう口走ってしまいました。
「…そして…その女が誰だったか思い出せないんだ」

40-25 What kind of engineer God was
 T
hree engineers are talking, when the conversation begins to focus on what kind of engineer God was.
The first man says, "I think it's pretty obvious that God was a mechanical engineer. All you have to prove that is to look at the hum an body. Think of how the muscles are attached to the bones with ligaments, and how the muscles work as a system of levers and pulleys. This is an unparalleled masterpiece of mechanical engineering."
The second man replies, "Ah, but I think that God was an electrical engineer. After all, what controls the muscles? The brain! With the electrical impulses that the brain sends out, and how it all works with the flashing of the neurons, why, this is a masterpiece of e lectrical engineering!"
The third man replies, "I'm afraid that you're both wrong. I think it's quite obvious that God was a civil engineer. Who else would have put a raw sewage disposal pipeline through a pristine recreational area?"
 神はどんな種類の技師だったか?
 三人の技術者が話し合っている時、神はどんな種類の技術者だったかという会話になった。
一番目の技術者は「神が機械技師だったことは明白だね。それを確かめたかったら人間の身体を考えてみたまえ。筋肉が靱帯で骨にくっついていること、筋肉が梃子の原理や、滑車の原理で動くことなどを見れば、人体は機械技術の精緻を尽くしたものだということがわかるだろう」と言った。
二番目の男が言った。「まぁ、それはそうだけど、神は電気技師だったと僕は思うんだ。だって、つまるところ筋肉をコントロールするのは脳だろ?脳が送る電気信号で身体の各部分は動くんだから。脳からの指令が神経を通 じて一瞬のうちに各部分に伝えられる。これこそ電気技術の精緻を尽くしたものじゃないか!」
三番目の男が異論を唱える。「悪いけれど、二人とも間違っているよ。神は土木技師だったということは疑う余地はない。だって人間に取って欠かすことの出来ない快楽地帯に、下水管を通 してしまうんだから…」
三番目の技術者が言っていることは、女性の膣のことです。

40-26 Ten Commandments
"Someone stole my bike," complained a young priest to his elder priest.
He confidently advised, "Bring up the Ten Commandments in your sermon tomorrow. If you mention 'Thou shalt not steal,' the guilty party will come forward."
The next evening the young priest rode to the elder priest's house on his own bike. "I took your advice," he reported cheerfully, "and when I came to 'Thou shalt not commit adultery', I remembered where I had left it."
 十戒
「誰かが私の自転車を盗んだんです」と、若い神父が年長の神父に訴えた。
年長の神父は自信たっぷりにこうアドバイスした。「明日の説教の時、十戒の話をしなさい。あなたが『汝盗むなかれ』と言えば、自転車を盗んだ人間が出てくるでしょう」
翌日の夜、若い神父は年長の神父の家まで自分の自転車に乗ってやって来た。「あなたのアドバイス通 りしました」、若い神父は嬉しそうに報告した。そして十戒の次の戒めである『汝姦淫するなかれ』という言葉を紹介した時、私は自転車をどこに置いてきたか思い出したんです」
この若い神父はどこかの女性と『姦淫』して、そこに自分の自転車を置き忘れていたのです。

40-27 Pork
 A
priest and a rabbi are out fishing one day when the priest says to the rabbi, "Abe, you and I have been good friends for quite long time, right?"
"Yes," says the rabbi.
"Well, do you mind if I ask you a rather personal question?" in quires the priest.
"Why, no. Go ahead!" says his friend.
"Tell me," says the priest leaning in a little closer and lowering his voice, "have you ever eaten pork?"
"Well, yes, I admit that once I had some pork," replies the rabbi.
"It tasted pretty good, didn't it?" says the priest.
"Yeah, I must say it did," the rabbi says and then he asks his friend, "Do you mind if I ask you a persona question?"
"Why, no, of course not," answers the priest.
"Tell me," says the rabbi, looking around. "Have you ever slept with a woman?"
"Well…yeee…yeah, I must admit that I have."
The rabbi leans closer to his friend and says, "Sure it beasts the taste of pork, doesn't it?"
 豚肉
 (キリスト教の)神父と(ユダヤ教律法学者の)ラビが一緒に魚釣りに出かけた。
神父がラビに、「エイブ、僕と君とは友人としてずいぶん長く付き合ってきたよな」と、話しかけた。
「うん、そうだな」とラビが答える。
「ちょっと個人的な質問が有るんだけど、いいかな?」と神父に聞かれたラビは、「もちろんだとも、続けて!」と答えた。
「あのね」と、神父は身体を屈めてラビに近付き、声を潜めて尋ねた。「君は今まで(ユダヤ教では食べることを禁じている)豚肉を食べたことがあるかい?」
「うーん、正直言うと、一度食べたことがあるよ」とラビが答えた。
「豚肉は美味しかっただろう?」と神父に言われ、ラビは「確かに、美味しかったね」と答え、今度は逆に彼の友人に質問した。
「個人的な質問があるんだけどな」「どうぞ、どうぞ、遠慮無く」と神父に言われたラビは、辺りを見回して人が居ないことを確かめ「君は(キリスト教神父に禁じられている行為である)女性とセックスをしたことがあるかい?」と聞いた。
「えーっと、うーん、…まぁ、その、確かに経験はあるよ」と神父が答えたので、ラビは更に神父に近付いて尋ねた。
「豚肉の味より、ずっと良かったんじゃないかい?」
ラビは戒律で豚を食べてはいけませんが、妻帯は許されています。
逆に神父は豚を食べることは構いませんが、戒律で女性と交わってはいけません。
お互いそれぞれ違反ながらどちろも経験しているわけで、
このジョークのオチはラビが、「豚肉より、セックスの方がずっといいだろう?」と、
不自由なキリスト教よりユダヤ教の良さを宣伝している部分です。

40-28 Horny nun
 H
ow can you tell a really horny nun?
She is the one whose crucifix is a vibrator.
 淫乱な尼僧
 尼僧が淫乱だというのはどうしてわかりますか?
彼女の首に掛けた十字架が電動バイブレーターになっているからです。

40-29 How do you know Jesus was ...
(Jewish)
1. He lived at home until he was 33 years old.
2. He went into his father's business.
3. His mother thought he was God.
4. He thought his mother was a virgin.

(Black)
1. He called everybody brother.
2. He had no permanent address.
3. Nobody would hire him.

(IRISH)
1. He never got married.
2. He never held a steady job.
3. His last request was a drink.

(PUERTO RICAN)
1. His first name was Jesus.
2. He was always in trouble with the law.
3. His mother didn't know who his father was.

(ITALIAN)
1. He talked with his hands.
2. He has wine with every meal.
3. He worked in the building trades.

(Californian hippie)
1. He never cut his hair.
2. He walked around barefoot.
3. He invented a new religion.

(Native American)
1. He was at peace with nature.
2. He ate a lot of fish.
3. He often talked about the Great Spirit.

(Japanese)
1. He respected his father as the Almighty of the patriarchal society.
2. He recruited able samurai and nominated them as daimyo, a kind of Apostles.
3. Like Ninja, he was able to walk on the water.

 イエスキリストの国籍は?
(ユダヤ人だったら)
1.33歳になるまで親元で暮らしていた。
2.父親の職業を継承した。
3.彼の母親は彼のことを神だと信じていた。
4.彼は自分の母親を処女だと信じていた。

(黒人だったら)
1.他の人を「わが兄弟」と呼んだ。
2.住所不定のままだった。
3.誰も彼のことを雇ってくれなかった。

(アイルランド人だったら)
1.一生独身だった。
2.定職に就いたことがなかった。
3.死ぬ前の最後の望みは「飲むこと」だった。

(プエルトリコ人だったら)
1.姓名の「名」が"Jesus"(なんてこった!)だった。
2.いつも法を犯して問題になっていた。
3.彼の母親はだれが息子の父親か知らなかった。

(イタリア人だったら)
1.両腕を使ってジェスチャーたっぷりに喋った。
2.食事の時は必ずワインを飲んだ。
3.建築業で働いていた。

(カリフォルニアのヒッピー出身者だったら)
1.髪の毛を切ったことがなかった。
2.素足で歩いていた。
3.新しい宗教を始めた。

(アメリカインディアンだったら)
1.自然の中にいると心が平穏になった。
2.魚をよく食べた。
3.偉大な精についてよく語った。

(日本人だったら)
1.自分の父親を、家父長制度の絶対的存在として尊敬した。
2.有能な侍を採用して、一種の使徒(Apostle)とも言える大名に任命した。
3.忍者のように水の上を歩くことが出来た。

最後の(日本人)部分は、管理人(Kaz)の創作です。(笑)

40-30 Holy Soap
 O
ne morning two priests head to the showers and it isn't until they are already in the shower they both realize they did not bring any soap.
Father Bob decides he'll run back for the soap, he checks out the hallway, no one around so rather than get dressed he decides to make a run for it.
He checks the hall before heading back to the showers, all clear, so he makes a break for it, just as he turns the corner to the showers he spots three nuns walking towards him.
With no where to go he stands perfectly still, holding the 2 bars of soap hoping the nuns will think he's a statue.
The nuns approach, "Oh my look at that, isn't that the most life like statue you've ever seen?" the first asks.
She steps up for a closer look, reaches out and gives a couple of tugs on the priest's weenie.
Startled he drops the 1st bar of soap. "Oh heaven's" she exclaims, "I got a bar of soap."
The 2nd nun amazed at how realistic the statue looks steps closer and again, a couple of yanks of the priest's weenie and he drops the other bar of soap "my goodness. I got a bar of soap too".
The nun's can't be lieve it.
The 3rd nun, overcome by the miracle statue, walks up to it and gives a couple of tugs to the priest's weenie.
"My God this is amazing" she says " I got hand soap!"

 聖なる石鹸
 ある朝二人の神父がシャワーを浴びに浴室に出かけたが、裸になってシャワーを浴びる寸前に二人とも石鹸を持ってこなかったことに気付いた。
ボブ神父が石鹸を取り戻ることにした。廊下を見回すと誰もいなかったので、洋服を着てから石鹸を取りに行くより、裸のままで走って取りに行く方が早いと考えた。
石鹸を取って浴室に戻るためもう一度廊下を見ると人の姿は見えなかったので、一息入れて浴室への角を曲がろうとした時、向こうから三人の尼僧がこちらに向かって歩いて来るのが目に入った。どこにも隠れる場所がなかったので、神父は素っ裸のまま石鹸を一個ずつ両手に持って、廊下で彫像のように無表情で立ちすくんでいた。
三人の尼僧は裸でたたずむ神父に近づき、最初の尼僧が「ねぇ、こんなに本物そっくりの彫像見たことある?」と声に出した。
彼女はもう一歩前に進み出て、神父のペニスを二度、三度引っ張った。驚いた神父は手にした石鹸の一つをポロリと落とした。
「まぁ!何てこと!石鹸をもらっちゃった!」と尼僧は大声を出した。
二番目の尼僧も、あまりに人間の質感に似ている彫像に驚いて、もう一歩近づき同じようにペニスを何度か擦った。
驚いた神父はもう一つの石鹸も落としてしまった。
「おや、まぁ、私も石鹸をもらっちゃったわ」と、信じられないような顔をした。
三番目の尼僧はこの彫像の奇跡に驚き、同じように近付いてペニスを擦った。
「これは凄い!」と三番目の尼僧が叫んだ。「私はハンドソープをもらったわ」

神父は尼僧にペニスを擦られ、三番目の尼僧に手に射精してしまったのです。

#40-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*