●Kazさんのページ

#40. Religion

#40-1〜1011〜2021〜30・31〜40
41〜5051〜6061〜70

40-31 LOCKED CAR
 A
woman received a phone call that her daughter was very sick with a fever.
She left work and stopped by the pharmacy for some medication for her daughter.
When returning to her car she found she had locked her keys inside.
She had to get home to her sick daughter, and didn't know what to do.
She called home to the baby sitter, and was told her daughter was getting worse.
The sitter suggested, "You might find a coat hanger and use that to open the door."
The woman found an old rusty coat hanger on the ground, just as if someone else had locked their keys in their car.
Then she looked at the hanger and said, "I don't know how to use this."
She bowed her head and asked God for help.
An old rusty car pulled up, driven by a dirty, greasy, bearded man with a biker skull rag on his head.
The woman thought, "DEAR LORD, this is what you sent to help me????" But she was desperate, and thankful.
The man got out of his car and asked if he could help.
She said "Yes, my daughter is very sick. I must get home to her. Please, can you use this hanger to unlock my car?"
He said, "SURE." He walked over to the car and in seconds the car was opened.
She hugged the man and through her tears she said, "THANK YOU, SO MUCH. You are a very nice man."
The man replied, "Lady, I ain't a nice man. I just got out of prison for car theft."
The woman hugged the man, again, and cried out loud, "THANK YOU, LORD, FOR SENDING ME A PROFESSIONAL!"

 ロックされてしまった車のドア
 娘が熱を出して苦しんでいるという電話を受けた母親は、直ぐに職場を辞して途中娘の薬を買うため、薬局に立ち寄った。
彼女が買い物を済ませ駐めておいた車に戻ると、鍵をかけたままロックしてしまったことに気づいた。
苦しんでいる娘の所に直ぐに帰らなければならないのにこれではにっちもさっちも行かないので、彼女は娘を看ているベビーシッターに電話をかけて状況を説明した。
ベビーシッターから「お嬢さんの具合は、どんどん悪くなっています。ロックされた車ですが、針金のコートハンガーを探して、それを使ってドアを開けたらどうでしょうか?」と言われた。
母親はまるで誰かが同じような状況に陥ってこれを使って、そのまま捨て去ったような錆びた古いコートハンガーが、道路の上に落ちているのを見つけた。
しかしコートハンガーを見つめながら彼女はつぶやいた。「どうやって、これを使って車のロックを解除するの?私やり方がわからないわ…」彼女は頭を垂れて神に祈った。
「神様、どうぞお助け下さい」すると汚らしい髭だらけの脂ぎって、頭に暴走族風の髑髏の帽子をかぶった男が運転する車が彼女の車の横に寄ってきて、止まった。
「神様、ひょっとしてこの汚らしい男が、神様の使わされた方ですか?」と彼女は考えたが、他にどうしようもないので、取り敢えず神に感謝すると、この汚らしい男が車から出てきて、「困っているなら、お手伝いしましょうか?」と彼女に声をかけた。
「お願い!家で留守番している娘が病気なので、急いで帰らなければならないの。このハンガーを使って車を開けて下さる?」と彼女が頼むと、「お安いご用ですよ」と男は答えて、彼女の車のドアに近づき、数秒の間にロックされていたドアを開けてしまった。
彼女はこの男を抱き寄せて、涙を浮かべながら「なんてご親切に。あなたって、本当に素晴らしい人だわ!」
男が応えて言った。「とんでもない、奥さん、俺は素晴らしい人なんかじゃないんですよ。俺は車泥棒の罪で服役していて、たった今刑務所から出てきたばかりの男ですよ」
それでも彼女はこの男を再び抱きしめて、大声で泣きわめきながら言った。「神様、本当に感謝します。こんな プロフェッショナルな男を私のところに使わされたことを!」


40-32 Washington State
 G
od was missing for six days.
Eventually, Michael, the archangel, found him, resting on the seventh day. He inquired of God. "Where have you been?"
God sighed a deep sigh of satisfaction, and proudly pointed downwards through the clouds, "Look, Michael. Look what I've made."
Archangel Michael looked puzzled, and said, "What is it?"
"It's a planet," replied God, "and I've put Life on it. I'm going to call it Earth and it's going to be a great place of balance."
"Balance?" inquired Michael, still confused.
God explained, pointing to different parts of earth. "For example, northern Europe will be a place of great opportunity and wealth, while southern Europe is going to be poor. Over there I've placed a continent of white people, and over there is a continent of black people. Balance in all things,"
God continued pointing to different countries. "This one will be extremely hot, while this one will be very cold and covered in ice."

 The Archangel, impressed by God's work, then pointed to a land area and said, "What's that one?"
"Ah," said God. "That's Washington State, the most glorious place on earth. There are beautiful mountains, rivers and streams, lakes, forests, hills, plains, and coulees. The people from Washington State are going to be handsome, modest, intelligent, and humorous, and they are going to be found traveling the world. They will be extremely sociable, hardworking, high achieving, and they will be known throughout the world as diplomats, and carriers of peace."
Michael gasped in wonder and admiration, but then proclaimed, "What about balance, God? You said there would be balance."
God smiled, "There is another Washington...wait until you see the idiots I put there."

 ワシントン州
 神が六日間行方がわからなくなった。
七日目にようやく天使ミカエルが休息している神の姿を見つけて声をかけた。「今までどこにいらしたんですか?」
神は満足そうに大きく息を吐いて、雲の下を誇らしげに指さして言った。「ミカエル、わしが創造したものを見よ」
天使ミカエルは下を見たが訳がわからず神に尋ねた。「これは何なんですか?」
「これは惑星じゃ。わしはここに生命を吹き込んだ。この惑星を『地球』と呼ぶことにする。この惑星はとてもバランスが取れた場所なんじゃよ」と神は答えた。
「バランスですって?」ミカエルは未だ理解が出来ずに困惑していた。
神は地球の異なる地域を指さしながら説明した。
「例えば北ヨーロッパは富とチャンスに満ちた国、南ヨーロッパは貧しい国とバランスが取れている。あそこには白人の大陸、こちらには黒人の大陸というように、あらゆる面でバランスが取れている」
神は異なる国々の名前を挙げながら「この国々は熱帯で、こちらの国々は氷で覆われた寒帯に属する」などと説明を続けた。

 天使ミカエルは神のなされた仕事に感動して、ある国を指差して質問した。「ここはどういう場所ですか?」
「あぁ、これはワシントン州だ。ここは地球上で最も祝福された場所だ。山並みは美しく、川と小川が流れ、湖と森と丘と平原が広がり渓谷も素晴らしい。ワシントン州に住む人々は顔立ちが美しく、性格は穏やかで知性とユーモアにあふれ、世界中どこを旅行しても直ぐにワシントン州の人だとわかるほど優れている。なぜなら彼等はきわめて人付き合いが良く、勤勉で高い目標を立てて成功するからだ。世界中に平和をもたらす外交官としても広く知られるようになるだろう。」と神が絶賛したものだから、ミカエルは感動の余り息を飲んでしまった。
しかし、ハッと我に戻った天使は神に尋ねた。「でも神様、バランスはどうなります?あなたは地球はどこでもバランスが取れていると仰いましたよね?」
神はニッコリ笑って答えた。「だからもう一つのワシントンを作ったのじゃよ。見てごらん、ここに住むどうしようもない阿呆共を私は作ったのじゃからな」

もうひとつのワシントンとは言うまでもなくワシントンDC(アメリカの首都)です。
ここに住むどうしようもない阿呆共とは政治家のことです。

40-33 Mormon
 A
Protestant, a Catholic, and a Mormon were having lunch together.
The Protestant happily announced that his wife was expecting. "That'll be my fifth. Enough for a basketball team."
"I have already 8 kids and my wife is pregnant, too, and we're going to have our own baseball team," countered the Catholic proudly.
"I suppose there's something to be said for kid's teams," the Mormon said snidely, "I have 17 wives. One more and I'll get a private golf course."

 モルモン教徒
 新教徒(プロテスタント)、旧教徒(カソリック)、そしてモルモン教徒が昼食を一緒に食べていた。
新教徒が自分の妻が出産間近であると、嬉しそうに語った。「今度の子で5人目なんだ。バスケットボールのチームが出来るね」と言うと、旧教徒が「僕は8人子供がいるんだが、妻が目下妊娠中なので、もうすぐ野球チームが夢でなくなる」と誇らしげに言った。
「自分の子供で結成するチームについては、ちょっと言いたいことがあるんだ」とモルモン教徒は少し皮肉っぽい口調で口をはさんだ。「僕は妻が17人いるんだが、もう1人妻を増やせば個人用のゴルフコースを持ったようなもんだね」

一夫多妻制を認めるモルモン教徒が、18のホール(穴)を持てば
個人用のゴルフコースを持ったようなものだ、と自慢しているのです。

40-34 I make her that way
"You know that woman, Eve, you created for me?" Adam says to God.
"What a great cook! Breakfast, lunch, and dinner I want to eat, she cooks it for me and cooks it very well."
"I make her that way," God says, "so you will like her."
Then Adam says, "And good-looking, too! She is absolutely gorgeous! I can't keep my eyes off her!"
"I make her that way,"
God says, "so you will like her."
"And sex!" Adam continues. "She is just fabulous in bed! Anything I want her to do, she does, and she does it very well!"
"I make her that way," God says, "so you will like her."
"But there is one problem," Adam says. "She is dumber than a rock! She is very stupid and not too bright, either."
"I make her that way," God says, "so she will like you."

 私はそのように彼女を作った
 アダムが神に言った。「あなたが私のために作ってくれたあの女、イブですがね、料理が凄く上手なんですよ。朝食、昼食、夕食と私が食べたい物を作ってくれて、しかもそれがどれも美味いんですよ」
「私はそのように彼女を作った。そうすればお前が気に入るだろうから」と神が答えた。
アダムはさらに「しかも美人ときている!あんなに器量良しはいませんね。彼女から目が離せないくらいですから」と言うと、神は「私はそのように彼女を作った。そうすればお前が気に入るだろうから」と言った。
「それに、セックス!」とアダムは続ける。「ベッドの中での彼女ときたら…もう最高!私がして欲しい行為は何でもしてくれるし、しかもそれが抜群のテクニックと来ているんだから…」
神は「私はそのように彼女を作った。そうすればお前が気に入るだろうから」と言った。
「でも、ひとつだけ問題が有るんですよ。イブはどうしようもない阿呆なんです。間抜けで馬鹿丸出しの女なんです」とアダムが言うと、「私はそのように彼女を作った。そうすれば彼女がお前を気に入るだろうから」と神は答えた。

神が言いたかったことは、「女がどうしようもない阿呆だからこそ、お前を気に入るのだ。
女が賢かったらお前なんか見向きもしないぞ」ってことです。

40-35 The Veterinarian
 O
ne Sunday, in counting the money in the weekly offering, the pastor of a small church found a pink envelope containing $1,000. It happened again the next week!
The following Sunday, he watched as the offering was collected and saw an elderly woman put the distinctive pink envelope on the plate.
This went on for weeks until the pastor, overcome by curiosity, approached her.
"Ma'am, I couldn't help but notice that you put $1,000 a week in the collection plate," he stated.
"Why, yes," she replied, "every week my son sends me money, and I give some of it to the church."
The pastor replied, "That's wonderful. But $1,000 is a lot; are you sure you can afford this? How much does he send you?"
The elderly woman answered, "$10,000 a week."
The pastor was amazed. "Your son is very successful; what does he do for a living?"
"He is a veterinarian," she answered.
"That's an honorable profession, but I had no idea they made that much money," the pastor said.
"Where does he practice?"
The woman answered proudly, "In Nevada. He has two cat houses, one in Las Vegas and one in Reno."

 獣医
 ある日曜日、小さな教会で本日やって来た信者の寄付金を集計していた牧師が、ピンク色の封筒に1,000ドルが入っているのに気付いた。翌週も同じ封筒に同じ金額の寄付が有った。
その次の週の日曜日、集金皿に集められる寄付を注意深く見守っていた牧師は、年配の婦人が、見間違うことがないあのピンクの封筒を皿の上に置いたのを見つけた。
同じ事が毎週続いたので、牧師は彼の好奇心を抑えることが出来なくなり、この婦人に近づくと「あなたが毎週1,000ドルずつ集金皿に置いて下さっていることに、気付いていました」と述べた。
「えぇ、そうよ。毎週私の息子が私にお金を送ってくれるので、その一部を教会に寄付しているのよ」と、老婦人は答えた。
「それは素晴らしいことです。でも1,000ドルというのは半端な額ではありません。こんなに寄付していただいて、あなたの家計は大丈夫なんですか?息子さんは毎週あなたにいくら送ってくれるんですか?」と、牧師は尋ねた。
「10,000ドルよ」と老婦人は返事をした。
「あなたの息子さんは大したやり手ですね。一体全体、何のお仕事をなさっているのですか?」と牧師に聞かれた老婦人は、「息子は獣医ですよ」と答えた。
「それは立派な職業です。しかし獣医でそんなに儲かるとは考えられないのですがね、息子さんはどこでお仕事をなさっているのですか?」と訝(いぶか)しがる牧師に、老婦人は誇らしげに答えた。
「ネバダ州よ。息子はラスベガスとレノにそれぞれ一軒ずつ『猫の家』を持っているんですよ」

『猫の家(Cat house)』とは売春宿のことですが、
この老婦人は「息子は獣医で、ネバダ州で二軒の猫病院を営んでいるので金回りが良い」と、
単純に信じ込んでいるのです。

40-36 Flight into Egypt
 J
ane Smith asks her Sunday school class, "I want you all to draw pictures of your favorite Bible stories."
As she goes round looking at how her class are getting on, she's puzzled by little Johnnie's picture which shows four people on an airplane, so she asks him which story it is meant to represent.
"The Flight into Egypt, Miss Smith," says Johnnie.
Pointing at each figure in turn, Jane says, "That must be Mary, that must be Joseph and that must be Baby Jesus, but who's the fourth person, Johnnie?"
"Oh, that's the pilot."

 エジプトへの逃避行
 ジェーン・スミスが日曜学校の生徒達に、「聖書の有名な話を絵に描いてごらんなさい」と課題を出して、作画中の生徒の周りを歩いて見て回った。
するとチビのジョニーが飛行機に乗っている4
人の人間を描いているので、彼女はこの絵は何の話を題材にしているのかとジョニーに聞いた。
「スミス先生、これはエジプトへの逃避行を描いているんです」とジョニーが答えたので、ジェーンは描かれた人物を順番に指で指しながら「この人は聖母マリア、これは夫のジョセフ、そしてこれが幼子のキリストよね。でも、ジョニー、この四人目の人物は誰なの?」と尋ねた。
「あぁ、この人は飛行機の操縦士です」とジョニーは答えた。

「エジプトへの逃避行」は新訳聖書マタイ伝2章に出てくる話で、
ベツレヘムでの「神の子」誕生を告げられたユダヤ王ヘロデは、
自分の地位が侵されることを恐れすべての幼子を殺すように命じるのですが、
両親のマリア、ジョセフはその前に神のお告げによりキリストを連れてエジプトへ難を逃れます。
これが Flight into Egypt の話ですが、
日曜学校生徒のジョニーは「Flight」は「逃避」でなく「飛行機による旅」と思っているため、
当然飛行機の操縦士が必要だろうと絵に描いた、ということです

40-37 I peed in the holy water
 I
t was Friday, and four nuns went to the priest at the local Catholic church to ask for the weekend off.
They argued back and forth for a few minutes.
Finally the priest agreed to let them leave the convent for the weekend.
"However",he said, "as soon as you get back Monday morning I want you to confess to me what you did over the weekend."
The four nuns agree, and run off.

 Monday comes, and the four nuns return.
The first nun goes to the priest and says, "Forgive me, Father, for I have sinned."
The priest asks, "What did you do, Sister?"
She replies, "I watched an R-rated movie."
The priest looks up at heaven for a few seconds, then replies, "You are forgiven. Go and drink the holy water."
The first nun leaves, and the fourth nun begins to chuckle quietly under her breath.

 The second nun then goes up to the priest and says, "Forgive me, Father, for I have sinned."
The priest replies, "OK, what happened?"
She says, "I was driving my brother's car down the street in front of his house, and I hit a neighbors dog and killed it."
The priest looks up to heaven for half a minute, then says, "You are forgiven. Go and drink the holy water."
The second nun goes out.
By this time, the fourth nun is laughing quite audibly.

 Then the third nun walks to the priest and says, "Forgive me, Father, for I have sinned."
The priest asks, "Out with it. What did you do?"
She says, "Last night, I ran naked up and down Main Street."
The priest looks up at heaven for a full five minutes before responding, "God forgives you. Go and drink the holy water."
She leaves.

 The fourth nun falls on the floor, laughing so hard tears run down her cheeks.
The priest asks her, "OK. What did you do that was so bloody funny?"
The fourth nun replies, "I peed in the holy water..."

 聖水の中にオシッコをしてしまいました
 
 四人の尼僧が金曜日にキリスト教会神父の所へやって来て、週末休暇を願い出た。
数分間押し問答が続いたが、最後に神父は四人が修道院を離れて週末を過ごすことを許可した。
「けれど月曜日の朝修道院へ戻って来たら、それぞれ週末をどうやって過ごしたかを私に報告すること。わかったね?」と、神父は付け加えた。
四人の尼僧は同意して週末休暇へいそいそと出かけた。

月曜日になって四人が戻って来ると、最初の尼僧が神父に報告した。「神父様、お許し下さい。私は罪を犯しました」
「シスター、あなたは何をしたのかね?」
「私は成人映画を見てしまいました」
神父は天を仰いで数秒後に、「あなたの罪は許されるでしょう。聖水を飲んで心を清めなさい」と答えた。
最初の尼僧が神父の前を去る時、四番目の尼僧が息を殺して「ククク・・」と含み笑いをした。

 二番目の尼僧が神父の前にやって来て「神父様、お許し下さい。私は罪を犯しました」と言った。
神父が「何が起こったのかね?」と聞くと、尼僧は「私は弟の車を運転して彼の家の前の道で、隣家の犬をはねて轢き殺してしまたのです」と答えた。
神父は天を仰いで30秒後に、「あなたの罪は許されるでしょう。聖水を飲んで心を清めなさい」と答えた。
二番目の尼僧が神父の前を去る時、四番目の尼僧は声を出して笑い始めた。

 三番目の尼僧が神父の前に歩み寄り「神父様、お許し下さい。私は罪を犯しました」と言った。
神父が「言ってごらん、何が起こったのかね?」と尋ねると、「昨晩私は大通りを素っ裸で走りまわったのです」
神父は天を仰いだまま、5分間何も言わなかったたが、「神はお許しになるでしょう。聖水を飲んで心を清めなさい」と答えると彼女はその場を立ち去った。

 四番目の尼僧は床を転げ回って笑い転げ、笑い過ぎて涙が頬を伝うほどだった。
神父が「一体全体、なぜそんなに可笑しいのかね?」と聞くと、四番目の尼僧が答えた。
「私、聖水の中にオシッコをしたんです」


40-38 Anyone else?
 A
man who has fallen from a cliff barely clutches at the protruding root.
Hanging in midair, he casts his eyes to heaven and cries, "Is there anyone out there?"
A voice from the clouds booms out, "Yes, my son. Let go and I will bear you up."
After a while, the man calls out, "Anyone else?"

 誰か他の人にしてくれませんか?
 崖から落ちた男が、飛び出ていた木の根をかろうじて掴まえ、空中にぶる下がっていた。
必死で天を見つめて叫ぶ。「誰かそこにいませんか?」
すると雲の中から「よしよしわが子よ、もう手を放してよいぞ。そうすれば天国へ導いてやろう」という声が鳴り響いた。
男は少し考えてから叫んだ。「誰か他の人にしてくれませんか?」

男はまだ死にたくないと言っているのです。

40-39 Ultimate Innocence
 W
hat is the definition of innocence?
A nun working in a condom factory thinking she's making sleeping bags for mice.

 究極の無垢
 「究極の無垢」の定義とは?
コンドーム製造工場で働いて、自分が作っているものはネズミの寝袋だと思っている尼僧のこと。


40-40 Even Moses had long hair
 A
young boy had just gotten his driving permit.
He asked his father, who was a Rabbi, if they could discuss the use of the car.
His father took him to his study and said to him, "I'll make a deal with you. You bring your grades up, study your bible a little and get your hair cut and we'll talk about it."

 After about a month the boy came back and again asked his father if they could discuss use of the car.
They again went to the father's study where his father said, "Son, I've been real proud of you. You have brought your grades up, you've studied your bible diligently, but you didn't get your hair cut!"
The young man waited a moment and replied, "You know Dad, I've been thinking about that. You know, Samson had long hair, Abraham had long hair, Noah had long hair, and even Moses had long hair...."
To which the Rabbi replied...."Yes, and they WALKED every where they went!

 モーゼも長髪だったじゃないか
 若い男の子が運転免許を取得した。
彼はユダヤ教指導者(ラビ)である父親に、父親の車を使わせてくれないかと頼んだ。
父親は息子を自分の書斎に連れて行って「ひとつ取引をしよう。お前の成績が上がり、聖書を読むようになって、お前の長い髪を切ったなら、私の車を使う話に応じよう」と言った。

 一ヶ月後家に戻った息子は父親に車の使用問題について、再度話したいと切り出した。
二人は再び父親の書斎で話し合った。
「息子よ、お前の成績は上がったし聖書も熱心に読んでいるようで、私は誇らしく思う。しかし、まだ髪の毛を短くしていなのが残念だ」と父親が言うと、一呼吸置いてから息子が答えた。
「そのことは僕もわかってます。でもね、パパ、旧約聖書に出てくるサムソンは長髪だったし、アブラハム、ノアも長髪だったでしょ。あのモーゼだって髪は長かったじゃありませんか」と言うと、父親であるラビは「その通りだ。しかし彼等は皆自分の行きたい所に行くために自分の足で歩いただろう?」

自動車をどうしても使いたいなら長髪を短くしなさい、と父親は譲らないのです。

#40-1〜1011〜2021〜30・31〜40 41〜5051〜6061〜70


*  
*