●Kazさんのページ

#40. Religion

#40-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50
51〜6061〜70

40-41 Noah's Ark construction in the 21st century
 I
n 2012, the Lord spoke to a very pious American Noah, "In six months I am going to make it rain until the whole world is covered with water and all the evil things are destroyed. But, I want to save a few good people and two of every living thing on the planet. I am ordering you to build an ark."
And, in a flash of lightning, he delivered the specifications for the ark.
"OK," Noah said, trembling with fear and fumbling with the blueprints, "I'm your man."

 Six months passed, the sky began to cloud up, and the rain began to fall in torrents.
The Lord looked down and saw Noah sitting in his yard, weeping, and there was no ark.
"Noah!" shouted the Lord, "Where is my ark?"
A lightning bolt crashed into the ground right beside Noah.

 "Lord, please forgive me!" begged Noah.
"I did my best, but there were some big problems. First, I had to get a building permit for the ark's construction, but your plans did not meet their code. So, I had to hire an engineer to redo the plans, only to get into a long argument with him about whether to include a sprinkler system. And my neighbors objected, claiming that I was violating zoning ordinances by building the ark in my front yard, so I had to get a variance from the city planning board. Then, I had a big problem getting enough wood for the ark, because there was a ban on cutting trees to save the spotted owl. I tried to convince the environmentalists and the U.S. Fish and Wildlife Service that I needed the wood to save the owls, but they wouldn't let me catch them, so no owls."
"Next, I started gathering up the animals but got sued by an animal rights group that objected to me taking along only two of each kind. Just when the suit got dismissed, the EPA notified me that I couldn't complete the ark without filling out an environmental impact statement on your proposed flood. They didn't take kindly to the idea that they had no jurisdiction over the Supreme Being. Then, the Corps of Engineers wanted a map of the proposed flood plan. I sent them a globe! Right now, I'm still trying to resolve a complaint with the Equal Opportunities Commission over how many minorities I'm supposed to hire. The IRS has seized all my assets claiming that I am trying to leave the country, and I just got a notice from the IRS that I owe some kind of state tax. Really, I don't think I can finish the ark in less than five years."

 With that, the sky cleared, the sun began to shine, and a rainbow arched across the sky.
Noah looked up and smiled.
"Lord, you mean you are not going to destroy the world?" he asked hopefully.
  "No," said the Lord. "The government already has."

 21世紀におけるノアの箱船建造
 神は信心深いアメリカ人であるノアに告げた。「私は6ヶ月以内に地球の大地を覆い尽くす雨を降らし、悪いものを全て滅ぼすつもりだ。しかしほんの僅かな心の正しい人々と、全ての動植物を一対ずつだけ救うつもりだ。そこで、ノア、お前には箱船を建造するように命ずる」
その言葉が終わるやいなや一筋の稲妻がきらめき、箱船の設計仕様書がノアに届けられた。
ノアは恐れにおののき、ぶるぶる震える手で設計図を握りしめ、「承りました。私はあなたの僕(しもべ)です」と答えた。

 6ヶ月経って空が曇り始め、滝の様な雨が降り出した。
神が地上を見下ろすと、ノアが自宅の庭に座って泣いており、箱船の姿が見えなかったので、「ノアよ、私が命じた箱船はどこだ?」と大声で叫び、一筋の稲妻をノアの足下の地面に落とした。

 「神よ、私を許し給え。私は最善を尽くしました。しかし大きな問題があるのです」と、ノアは神に詫びた。
「最初に私は、箱船建造許可証をもらわねばなりませんでした。けれどあなたの仕様では当局の建造基準を満たさず、私は技術者を雇って建造プランを変更せねばなりませんでした。その技術者とは、この箱船で火災発生時に対応するスプリンクラーを設置すべきかどうか、長々と議論しました。また近隣の住民からは私の敷地内の庭で箱船を建造することは、土地の用途条例違反になると、反対されました。そこで私は町の建築課から、土地の用途変更許可を得ねばなりませんでした。次に起こった大きな問題は、箱船を建造するのに必要な木材の確保でした。ニシアメリカフクロウ(spotted owl)保護のため、山林の伐採が禁じられているのです。私は環境保護団体やアメリカ政府の野生保護局に、このフクロウを救うために木材が必要なのだということを納得させようとしたのですが、彼等はフクロウを捕らえることすら許可しませんでした。したがって動物のうちフクロウは、まだ確保していません。」
次に私が箱船に乗せる動物を集め始めると、動物の権利を守る団体が一種類につきわずか雌雄二匹だけを保護するのはおかしいと反対の声をあげ、私は訴えられました。この訴訟に関して裁判所が原告側の主張を退けたと思ったら、今度はアメリカ政府環境保護庁(EPA)が、予想される洪水で引き起こされる環境への影響を詳述しない限り箱船の建造はまかりならぬ、と通告してきました。彼等の縄張り意識(jurisdiction)は神(Supreme Being)の啓示に対しては、何ら反対権限はないということを、素直には認めないのです。さらに建造のために雇い入れた技術者が所属する会社からは、予想される洪水範囲の地図を要求されたので、私は彼等に地球儀を送りつけてやりました。現在私は「人権平等委員会」から、今回の作業に雇用される人々に関して、少数民族にも門戸を開いているかどうかという訴えに対処しているところです。また国税局(IRS)は、私が国外逃避を図っているとして私の財産を調べ上げ、収税納付の義務があると通告してきた。本当のところ、私は5年以内に箱船を建造出来るとはとても思えなくなっています」

 その嘆きを聞くや否や空が晴れ渡り、太陽が顔を出し、虹が空に架かった。
ノアはそれを見上げてニッコリ微笑んだ。
「神よ、あなたは地球を滅ぼすことを止めたのですね」と、希望を抱きながら尋ねると、「いや、勘違いするな」と神は答えた。
「政府が既に地球を滅ぼしているではないか」


40-42 Ordain
 T
he abbot of a monastery was about to ordain three new priests, Pepe, Pepo, and Pipo, but he had some doubts about their virtue.
So he bought a Playboy and had them each tie on a little bell beneath their robes.
He called in Pepe, and showed him the Playboy.
Immediately he heard "ring, ring."
"Good Lord," said the abbot, "This is terrible. I am ashamed of you. I can still ordain you, but first we'll give you a cold enema to see if we can fix this."

 Next he called in Pepo, and showed him the Playboy.
Nothing happened, so then he unfolded the centerfold, and heard "ring ring."
"A little better," said the abbot,"but it's still a cold enema for you."

 Last he called in Pipo.
He showed his the cover, then the centerfold, and the entire magazine, and didn't hear a thing.
"Excellent," said the abbot, "I'm genuinely proud of you. You will be ordained immediately. Your first job will be to give Pepe and Pepo over there a couple of cold enemas."
Ring, ring, ring, ring..

 聖職に任命する
 男子僧院の修道院長がペペ、ペポ、ピポという三人を新しい神父として任命しようとしていた。
しかし修道院長はこの三人の貞節を疑っていたので、雑誌のプレーボーイを購入し、この三人の僧衣の中に小さなベルを隠して縫いつけた。
彼は始めにぺぺを呼ぶといきなりプレーボーイ紙の表紙を見せた。すぐさま「リン、リン」と鈴の音が聞こえた。
「なんてこった」と、修道院長は言った。「こんなもので心を乱されるなんて、恥を知れ!お前を神父に任命できるかどうかは、罰として冷たい浣腸をさせて興奮が収まるかどうか、見てからにしよう」

 次に院長はペポを呼び入れた。
プレイボーイ紙の表紙を彼に見せたが何の変化も見られなかった。
そこで中央見開きぺージの女性ヌードを見せたところ「リン、リン」と鈴の音が聞こえた。
「前の男よりは少しましかな。だが、やはり罰として冷たい浣腸が必要だ」と、修道院長は言った。

 最後にピポが呼ばれた。
院長は彼にプレイボーイ紙の表紙、そして中央見開きページ、そして雑誌すべてのページを見せたが、鈴の音は全く聞こえなかった。
「素晴らしい!心からお前を誇りに思うぞ。直ちにお前を神父に任命しよう」と院長は言った。
「お前の最初の仕事はあそこにいるぺぺとペポに、浣腸をすることだ」院長がつづけると、とたんに「リン、リン、リン、リン」という鈴の音がピポの僧衣の下から聞こえた。

ピポはホモセクシャルだったので、女性の裸写真には興奮しなかったのですが、
男のお尻に浣腸をしろと言われて、性的に興奮してしまったのです。

40-43 I can run much faster
M
other Superior: "Sister Maria, if you walk through town at night, and you are accosted by a man with bad intentions, what would you do?"
Sister Maria: "I would lift my habit."
MS : (shocked)"And what would you do next?"
Maria: "I would tell him to drop his pants."
MS : (even more shocked) "And what then?"
Maria: "I would run away. I can run much faster with my habit up than he with his pants down."

 そうすれば私はもっと速く走れます
修道院長:シスターマリア、もし夜に貴女が町を歩いている時に不埒な考えを持っている男があなたに言い寄って来たとしたら、あなたはどうしますか?
マリア :私は尼僧の服の裾をつまんで持ち上げます。
修道院長:(ショックを受けて)それから、どうしますか?
マリア :その男にズボンを下げるように言います。
修道院長:(さらにショックを受けて)で、それから?
マリア :サーッと走って逃げます。私は裾をつまんでいるのでいつもより速く走れますし、その男はズボンが足にひっかかって走れませんから。


40-44 The Debate
 S
everal centuries ago, the Pope decreed that all the Jews had to convert or leave Italy.
There was a huge outcry from the Jewish community, so the Pope offered a deal.
He would have a religious debate with the leader of the Jewish community.
If the Jews won, they could stay in Italy, if the Pope won, they wouldhave to leave.
The Jewish people met and picked an aged but wise Rabbi Moshe, to represent them in the debate.
However, as Moshe spoke no Italian and the Pope spoke no Yiddish, they all agreed that it would be a "silent" debate.

 On the chosen day, the Pope and Rabbi Moshe sat opposite each other for a full minute before the Pope raised his hand and showed three fingers.
Rabbi Moshe looked back and raised one finger.
Next the Pope waved his finger around his head.
Rabbi Moshe pointed to the ground where he sat.
The Pope then brought out a communion wafer and a chalice of wine. br> Rabbi Moshe pulled out an apple.
With that, the Pope stood up and declared that he was beaten, that Rabbi Moshe was too clever and that the Jews could stay.

 Later, the Cardinals met with the Pope, asking what had happened.
The Pope said, "First I held up three fingers to represent the Trinity. He responded by holding up one finger to remind me that there is still only one God common to both our beliefs. Then, I waved my finger to show him that God was all around us. He responded by pointing to the ground to show that God was also right here with us. I pulled out the wine and wafer to show that God absolves us of all our sins. He pulled out an apple to remind me of the original sin. He had me beaten and I could not continue."

 Meanwhile the Jewish community was gathered around Rabbi Moshe. "How did you win the debate?" they asked.
"I haven't a clue," said Moshe.
"First he said to me that we had three days to get out of Italy, so I said to him, 'up yours!' Then he tells me that the whole country would be cleared of Jews and I said to him, we're staying right here."
"And then what," asked a woman.
"Who knows?" said Moshe, "He took out his lunch so I took out mine."

 議論
 数世紀前ローマ法皇が全てのユダヤ人に対して、キリスト教に改宗するか、それが出来ないならイタリアから出て行くようにと布告を出した。
ユダヤ人が住む地域からは大きな嘆きと不満の声が聞こえてきたので、ローマ法皇は「ユダヤ人社会の指導者と宗教的議論をして、ユダヤ人指導者が勝ったら全てのユダヤ人はイタリアに残ってもよいが、ローマ法皇が勝ったらユダヤ人はイタリアから去らねばならない」、という取引を提案した。
ユダヤ人は集まり、年老いて賢いラビ(ユダヤ教指導者)であるモーシュを自分達の代表に選んで、ローマ法皇との議論にのぞんだ。
しかしモーシュはイタリア語を喋れず、ローマ法皇はイーディッシュ(ユダヤ語)を喋れなかったので、両者は言葉を使わない沈黙の議論で行うことで同意した。

 運命の議論が行われた日、ローマ法皇とラビ・モーシュは向かい合って座り、一分間じっと見つめ合った。やがてローマ法皇が手を上げ、指を三本前に差し出した。
それに対してラビ・モーシュは後ろを向いて顔をそらして、指を一本突き上げた。
次にローマ法皇は自分の頭の周りに、指一本をぐるっと回してみせた。
ラビ・モーシュは自分の座っている地面に向けて、指を下げて対応した。
続いてローマ法皇はキリスト教の儀式で使われる、薄いパンと聖杯に入ったワインを取り出した。
するとラビ・モーシュはリンゴを一個取り出した。
この段階でローマ法皇はスっと立ち上がり、「ラビ・モーシュは非常に賢い。自分が負けたのでユダヤ人はイタリアで暮らして構わない」と宣言した。

 この公開議論後、ローマ教会の枢機卿達は一体どういうことだったのだ、と法皇に尋ねると、ローマ法皇はこう答えた。
「最初に私が三本の指を示したのは、キリスト教の三位一体説【注1】を意味したのだ。それに対してラビは一本指を示した。これはキリスト教もユダヤ教もどちらもその信ずる神は唯一絶対のものである【注2】、ということを私に思い出させた。次に私が自分の頭の周りにぐるっと指を回らせたのは、『神は我等全ての周りにいる』という意味だったのだ。それに対してラビは地面を指差すことで、『神は我等と共にこの地にいる』と主張した。最後に私はキリスト教正餐儀式で使われるパンとワインを取り出し、神が我等の罪を許したことを示した【注3】が、ラビはリンゴを取り出すことで私に原罪を思い出させた【注4】。彼はことごとく私の議論を打ち破ったので、私はそれ以上続けることが出来なかった」

 その頃ユダヤ人居住区ではラビ・モーシュの周りに同胞が集まり、「どうやって議論に勝ったのか?」という質問をしていた。
「私にもよくわからんのだ」とラビは言った。
「最初に『君たちは三日以内にイタリアを出なければならない』とローマ法皇は指を三本出したので、私は『そんなこと知ったことか、くそ食らえ!』と指を立ててやったんだ。そうしたら彼が『この国からユダヤ人は一掃される』と指を回すので、私は『俺達はこの地に住み続ける』という意味で、指を地面に向けたんだ」
一人の女性が言葉を継いで質問した。
「で、それからどうなったんですか?」
「知るものか」と、ラビが答えた。
「彼は自分の昼飯を取り出しので、私も自分の昼飯を取り出した。ただそれだけのことだよ」

キリスト教とユダヤ教の宗教論争をジェスチャーで行い、全く違う解釈でユダヤ人が勝つというユダヤジョークです。
ジョークの背景となる宗教知識を【注】で解説します。
【注1】キリスト教において「父」と「子」と「聖霊」はそれぞれの神の形態を表し、本質はひとつであるという考え方。
【注2】唯一神ヤハウエを敬うユダヤ教は後のキリスト教、イスラム教の起源となっている。
【注3】新約聖書の「最後の晩餐」場面で、イエスキリストはパンとワインを口に運びながら弟子達に向かって、「私の肉を食べ、私の血を飲む者は永遠の命を持つ」(ヨハネ伝6-54)と書かれている。
【注4】「エデンの園」で、アダムとイブが「禁断の果実」(リンゴ)を食べたことが、人類の原罪となったと、旧約聖書創世記には書かれている。

40-45 Cheetah
Q: What animal did Noah count out from his Ark?
A: The cheetah.

 チーター
ノアが箱船から排除した動物は何か?
チーター。

Cheetahは、Cheater(詐欺師)と発音が同じです。

40-46 Bedpan
 S
ister Mary, who worked for a home health agency, was out making her rounds visiting homebound patients when she ran out of gas.
As luck would have it, a gas station was just a block away.
She walked to the station to borrow a gas canand buy some gas.
The attendant told her that the only gas can he owned had been loaned out, but she could wait until it was returned.
Since the nun was on the way to see a patient, she decided not to wait and walked back to her car.
She looked for something in her car that she could fill with gas and spotted the bedpan she was taking to the patient.
Always resourceful, she carried the bedpan to the station, filled it with gas, and carried the full bedpan back to her car.
As she was pouring the gas out of the bedpan into her tank, two men watched from across the street.
One of them turned to the other and said, "If it starts, I'm turning Catholic."

 溲瓶(しびん)
 自宅訪問介護の仕事をしている尼僧のメアリは、彼女を待っている患者の家に行く途中で車のガソリンが切れてしまった。
幸いなことにガソリンスタンドはほんの一ブロック先にあるので、彼女はガソリン容器を借りてガソリンを買おうと思って歩き出した。
ガソリンスタンドについて訳を話すと、店員が「あいにくガソリンを入れる容器を貸し出してしまったんですけど、すぐに戻してくれると思いますから、暫くお待ちになってもらえませんか?」と言った。
メアリは彼女を待っている患者のことが気になったので、自分の車まで歩いて戻り、車の中に何かガソリンを入れることが出来るものがないか探してみた。
すると患者のために用意した溲瓶が、その目的のためにピッタリであることに気づいた。
いつも機知に富んでいるメアリは、ガソリンスタンドまで溲瓶を運び、その中に買ったガソリンを入れて、再び停めてある車まで溲瓶を持ち帰った。
彼女が溲瓶を車の注油口にくっつけて、ガソリンタンクにガソリンを注入している光景を、道路の反対側から眺めていた二人の男がいた。
そのうちの一人がもう一人にこう言った。「あれで車が動いたら、俺はカトリックに改宗するぜ」

この男はまさか溲瓶の中味がガソリンだとは思いませんから、
もしオシッコで車を動かすような奇跡を起こせるなら、カトリックに改宗するぜ、と言っているのです。

40-47 Psalm 129
 A
priest offered a nun a lift.
As she sat in the car, she revealed her leg.
The priest nearly had an accident.
After controlling the car, he stealthily slid his hand up her leg.
The nun said, "Father, remember Psalm 129?"
He removed his hand.
But, changing gears, he let his hand slide up her leg again.
The nun once again said, "Father, remember Psalm 129?"
The priest apologized "Sorry sister but the flesh is weak".
Arriving at the convent, the nun went on her way.
On his arrival at the church, the priest rushed to look up Psalm 129.
It said, "Go forth and seek, further up, you will find glory."

 Moral of the story: If you are not well informed in your job, you might miss a great opportunity.

 賛美歌129番
 神父が尼僧を修道院まで車で送り届けることを申し出た。
彼女が助手席座ると素足が剥き出しになった。
それに目を取られた神父はあやうく事故を起こしそうになった。
慌てて車の向きを直すと、神父はハンドルから片手を外し、その手をそっと尼僧の剥き出しの足に触れた。
尼僧が「神父様、賛美歌129番をご存じでしょ?」と言ったので、彼は慌てて彼女の足から手をどけた。
しかしギアのチェンジをしながら、また神父は片手で尼僧の足を触った。
尼僧が再び「神父様、賛美歌129番をご存じでしょ?」と叫び、神父は「シスター、許しておくれ。人間は誘惑に弱いのだ」と謝った。
修道院に着くと尼僧はさっさと中に入っていった。
そこから教会に戻った神父は大急ぎで賛美歌集を開き129番の曲を確かめた。
その歌詞は「進め、求めよ、さらに深く。さすれば栄光を見つけるであろう」であった。

 この話の教訓:自分の仕事に関する知識が不足していると、大きなチャンスを逃すことになる。

「賛美歌129番」と言った尼僧は、本当は神父に誘惑されたかったのです。
それなのに賛美歌129番の歌詞を覚えていない神父は、てっきり戒められたと勘違いして手を引っ込めてしまい、
みすみすチャンスを逃してしまいました。

40-48 Holy shit
 W
hat do you call it when the Pope treads on feces?
Holy shit.

 糞ったれ!
 ローマ法皇が道でウンコを踏んづけることを何と呼びますか?
「糞ったれ!」

Holy Shitは「糞ったれ!」という罵りの言葉ですが、
聖なるローマ法皇がウンコを踏みつけたのですから、「聖なる糞」(Holy Shit)という意味にもなります。

40-49 Dress like an altar boy
 H
ow do you get a nun pregnant?
Dress her up like an altar boy and stand her in front of a priest.

 聖歌隊の少年の服を着せる
 尼僧を妊娠させるにはどうすればよいか?
彼女に聖歌隊の少年の服を着させて、神父の前に立たせなさい。


40-50 Good Friday
 I
was standing in line at the bank when there was a commotion at the counter.
A woman was distressed, exclaiming, "Where will I put my money? I have all my money and my mortgage here! What will happen to my mortgage!"
It turned out that she had misunderstood a small sign on the counter.
The sign read, WE WILL BE CLOSED FOR GOOD FRIDAY.

 受難日
 銀行の窓口で順番待ちしている時、窓口で一人の女性が大騒ぎしだした。
愕然とした表情で彼女は「私のお金はどうなるの?私は自分の預金すべてをここに預けてあるし、家のローンもここでやっているのよ。家のローンはどうなるのよ!」と叫んでいた。
彼女が窓口に置かれた小さな注意書きを誤解したことが原因だった。
そこにはWE WILL BE CLOSED FOR GOOD FRIDAY(聖金曜日【受難日】のため金曜日はお休みします)と書かれていただけなのに。。。

Good Fridayはキリスト教用語で、「聖金曜日」・「受難日」と呼ばれる。
イエス・キリストの受難と死を記念する日のことで、復活祭(Easter)前の金曜日がその日にあたります。
この女性はFor Good Friday(受難日の休日のために)を、for good Friday(金曜日以降ずっと)、
つまり銀行が倒産して金曜日から営業しないと勘違いしたのです。

#40-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜5051〜6061〜70


*  
*