●Kazさんのページ

#40. Religion

このカテゴリーReligion(宗教)jokeでは
神父・修道女・ユダヤ教律法師など聖職者の偽善ぶりを嘲りの対象としたもの、
アダムとイブ、モーゼ、キリストなど聖書の登場人物に関するジョークなどを掲載します。

#40-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60

40-51 I believe in Jesus
 M
om says "Alcohol is your enemy," but Jesus says "Love your enemy."
I believe in Jesus.

 キリストを信じる
 ママは「酒は敵だ」と言うが、キリストは「汝の敵を愛せよ」と説いた。
私はキリストを信じる。

酒を飲むことを正当化しています。

40-52 Neighboring atheist
 T
here was a Christian lady who lived next door to an atheist.
Every day, when the lady prayed, the atheist guy could hear her.
He thought to himself, "She sure is crazy, praying all the time like that. Doesn't she know there isn't a God?"
Many times while she was praying, he would go to her house and harass her, saying "Lady, why do you pray all the time? Don't you know there is no God?"
But she kept on praying.
One day, she ran out of groceries.
As usual, she was praying to the Lord explaining her situation and thanking Him.

 As usual, the atheist heard her praying and thought to himself, "Humph! I'll fix her.
"He went to the grocery store, bought a whole bunch of groceries, took them to her house, dropped them off on the front porch, rang the door bell and then hid in the bushes to see what she would do.
When she opened the door and saw the groceries, she began to praise the Lord with all her heart, jumping, singing and shouting everywhere!
The atheist then jumped out of the bushes and told her, "You, old crazy lady, God didn't buy you those groceries, I bought those groceries!"
At hearing this, she broke out and started running down the street, shouting and praising the Lord.
When he finally caught her, he asked what her problem was.

 She said, "I knew the Lord would provide me with some groceries, but I didn't know he was gonna make the devil pay for them!"

 近所に住む無神論者
 キリスト教信者の女性の隣に無神論者が住んでいた。
毎日彼女が神に祈っている声が無神論者の耳に入るので、彼は「念柄しょっちゅう神に祈っているあの女はバカだよ。神なんて存在しないことを、彼女はしらないのかね」と思っていた。
だから彼女が祈っている隣の家を訪れて、「奥さん、なんで一日中お祈りばかりしているのかね?神なんて存在しないよ」と、祈りを妨げようとしたが彼女は祈りを止めなかった。
ある日彼女は家に食べ物が無くなってしまったので、いつもの様に神に伝えて助けてほしいと祈った。

 いつもの様に隣の無神論者がそれを聞いて、「馬鹿馬鹿しい、少しからかってやろう」と思った。
彼は食料品店に行くと食べ物を一揃え買って持ち帰り、彼女の家の玄関の前にどさっと置くと、信心深い隣の奥さんがどういう反応をするか見てやろうとドアベルを鳴らして、急いで垣根の後ろに隠れた。
奥さんがドアを開けて玄関の前にある食料品一揃えを見ると、心から神を讃え、大喜びで飛び跳ねて歌を口ずさみ、辺り構わぬ大きな声で喋り始めた。
無神論者は垣根の後ろから飛び出て来るなり、彼女に言った。「あんたはバカな婆さんだな、神が食料品を買うなんて有り得ないじゃないか。これを買ったのは俺自身なんだぜ」
これを聞いた信心深い女性は、大喜びで飛び上がって走り出し、道路に沿って大声で神を称えながら走りまくった。
無神論者が後を追いかけようやく彼女に追いつき、「一体全体、何をそんなに興奮しているんだ?」と尋ねた。

 信心深い女性はこう言った。
「私は神様が私に食料品を恵んで下さることはわかっていたの。でも悪魔に食料品で買い物をさせて、その代金をそいつに支払わせることまでなさるなんて思わなかったので、嬉しくて大喜びしているのよ!」


40-53 We wear rubbers
 T
here was a Minister whose wife was expecting a baby.
The Minister went to the congregation and asked for a raise.
After much consideration and discussion, they passed a rule that when the Minister's family expanded, so would his pay check.
After five or six children, this started to get expensive.
The congregation decided to hold a meeting again to discuss the Minister's pay situation.
You can imagine there was much yelling and bickering.
Finally, the Minister got up and spoke to the crowd, "Having children is an act of God!"
In the back of the room, a little old man with a full beard stood up, and in his frail voice said... "Snow and Rain are also 'acts of God', but when we get too much, we wear rubbers!"

 レインコートを着る
 牧師の妻に子供が産まれる予定なので、牧師は教会の集まりで信者達に自分の給与を上げてほしいと頼んだ。
信者達は話し合いを重ね、牧師一家の家族が増えた時は給与を上げるという決まりを作った。
牧師の子供が、5人、6人となると牧師の給与はうなぎ登りとなり、このままで良いのかどうかを話合うため信者達は集まった。
そこでは喧々諤々議論が交わされ、最後に牧師自身が立ち上がって信者達に「子供が授かることは神の行為によるものです」と、訴えた。
すると部屋の後ろに座ったいたヒゲを生やした老人が立ち上がり、弱々しい声で答えた。
「雪や雨も神の行為によるものじゃ。だが雪や雨がひどくなると、わしたちはゴムのレインコートを着るじゃろうが。。。」

この老人は牧師に、これからは奥さんとことに及ぶ時は、コンドームを着けて、
子供をこれ以上増やさないようにしろ、と言っているのです。

40-54 Baptize
 J
arul went to church and he decided to get baptized.
The pastor dipped him thrice in the baptismal pool and said, "You are baptized in the name of the father, and of the son and of the holy spirit. From now on you are no longer to be called Jarul. But Joseph, you should never drink beer again."
Jarul went home and took a cold pint of beer, recalling what the pastor said.
He headed for the kitchen and dipped the pint of beer in a bowl of water thrice, saying "From now on you are no longer to be called Budweiser but orange juice!"

 洗礼
 ジョールは洗礼を受けようと教会に出かけた。
牧師が聖水桶から汲み取った水を彼に三度ふりかけ、「汝は父と子と聖霊の御名によって浄められた。今から汝はジョールではなく、(聖人の名である)ジョゼフと呼ばれる。しかしジョゼフよ、汝は今後ビールを飲んではならぬ」と言った。
ジョールは家に戻り冷たいビールを1パイント飲もうとして、先程牧師が言った言葉を思い出した。
ジョールはビールを持って台所に行き、水を入れる容器にビールを3回に分けて垂らしてこう言った。「今から汝はバドワイザーではなく、オレンジジュースと呼ばれる!」


40-55 Deaf nun
 T
hree nuns were walking across the street, talking about their vacations.
One held up her hands to show the tremendous size pineapples she had seen in Hawaii.
The second nun stretched her hands out to show how big the bananas were in Haiti.
The third nun, slightly deaf, asked, "Father who?"

 耳が遠い尼僧
 三人の尼僧が道を歩きながら、それぞれの休暇について話していた。
一番目の尼僧は両手を広げて、休暇先のハワイで見た巨大なパイナップルの大きさを説明した。
二番目の尼僧は両手を伸ばして、休暇先のハイチで見た大きなバナナの長さを説明した。
耳が少し遠い三番目の尼僧が二人に尋ねた。「それって、どの神父様の話?」

耳が不自由な三番目の尼僧は二人が両手を広げて説明しているものを、
神父様の逸物のことだと勘違いしたのです。

40-56 Hot Dog
 T
wo Irish nuns were on their way to a new convent in the US and on the plane ride over, one nun told that other that she had heard that Americans eat dogs.
The other nun was rather aghast, but she said, "When in Rome, do as the Romans do..."
After getting settled, the more adventurous nun said to the other that they should go try one of those dogs.
So they set off and found a local hot DOG stand.
Each nun ordered one and they took their "dogs" to the park to eat under the trees.
Finally one nun became brave and opened up the wrapping on hers.
She looked at it and her face turned bright red.
After what seemed like an hour, she finally looked at the other nun and said, "So what part of the dog did you get?"

 ホットドッグ
 二人のアイルランド人尼僧が、新しい勤務先であるアメリカ合衆国の修道女院へ、向かっていた。
飛行機から下りると一人の尼僧が「アメリカ人は犬を食べるそうよ」と言ったので、もう一人の尼僧はビックリして口をポカンと開けたが、「郷に入っては郷に従えって言うからねぇ・・・」とつぶやいた。
気持ちが落ち着いたところで冒険心の強い尼僧が、もう一人の尼僧に、「その犬とやらを食べてやろうじゃないの」と言った。
そこで二人は町を歩いて、看板に「ホットドッグ(犬)」と書かれている屋台を見つけた。
二人の尼僧はそれぞれ一個ずつ「熱い犬(ホットドッグ)」を注文すると、「犬」とやらを食べるために公園の木陰に入った。
二人はしばらく包みを眺めていたが、一人が勇気を出して包み紙をはがして中味を見た途端、彼女は真っ赤になってしまった。
自分では一時間と思える程長い沈黙を破って、もう一人の尼僧にそっと聞いた。「で、あなたの包みには犬のどの部分が入っている?」

ホットドックという食べ物を知らない尼僧は、パンの中に挟まれていたホットドック用のソーセージを
犬の逸物と思い込んでいるのです。

40-57 Size for a came
 O
ne day two nuns were in back of the convent smoking cigarettes, when one said, "It's bad enough that we have to sneak out here to smoke,but it really is a problem getting rid of the cigarette butts so the Mother Superior doesn't findthem."
The other nun said, "I've found a marvelous invention called the condom, which really solves this problem. You just open the packet up, take out the condom, and put the cigarette butt in, roll it up, and dispose of it all later!"
The first was quite impressed and asked her where she could find them.
"You get them at the drug store, sister, just go and ask the pharmacist for them," replied the second nun.

 The next day the first nun went to the drug store and walked up to the counter.
"Good morning, sister," said the pharmacist.
"Whatcan I do for you today?"
"I'd like some condoms, please," said the first nun.
The pharmacist was a little taken aback, but recovered soon enough and asked, "How many boxes would you like? There are twelve to a box."
"I'll take six boxes - that should last about a week," she replied.
The pharmacist was truly flabbergasted by this time, and was almost afraid to ask any more questions, but his professionalism prevailed and he asked in a clear voice, "Sister, what size condoms would you like - we have large, extra large, and big liar size."
The nun thought for a minute, and finally said, "I'm not certain, perhaps you could recommend a good size for a Camel."

 ラクダのサイズ
 二人の尼僧が修道女院の建物の陰で、煙草をこっそり吸っていた。
一人が「こっそり人目につかないように煙草を吸うのは一苦労だわ。でももっと困るのは煙草の吸い殻を、修道女院長に見つからずに始末することなのよね」と言った。
もう一人の尼僧が「コンドームという素晴らしい発明品があるのよ。これを使えば問題は解決よ。コンドームを取り出してその中に煙草の吸い殻を入れ、くるくるっと丸め、あとでゴミと一緒に捨てればバレないわよ」と言ったので、最初の尼僧はどこでそのコンドームとやらが買えるのかと二番目の尼僧に尋ねた。
「薬局で売っているわよ、シスター。そこで薬剤師に尋ねればすぐ買えるわ」と二番目の尼僧は答えた。

 翌日最初の尼僧は薬局に出かけ、薬剤師が「シスター、お早うございます。何をお求めですか」と聞かれたので、「コンドームが欲しいんです」と答えた。
薬剤師は正直驚いたがおくびにも出さず、「一箱にコンドームは12個入っていますが、何箱必要ですか?」と尋ねた。
「6箱下さい。それで一週間は持つと思いますので」と尼僧が答えたので、薬剤師は飛び上がらんばかりに驚き、それ以上の質問をすることを恐れたが、職業柄必要なことは最後まで確かめる必要があると考えて尋ねた。
「シスター、どのサイズのコンドームが必要ですか?大、特大、超特大の三種類を用意していますが」と聞くと、尼僧は暫し首を捻ってから言った。「よくわかりませんが、ラクダに合うサイズを選んでくれませんこと?」

薬剤師は尼僧の口から「ラクダ(camel)の男性器に合うサイズのコンドーム」と言われてたまげたのですが、
無邪気な尼僧はキャメル(camel)煙草ブランドの巻き煙草が入る長さの、コンドームが欲しいという意味だったのです。

40-58 Mating card
 I
n Noah's ark, the animals aboard could no longer hold their sexual desire, sothey started having sex with one another.
But Noah got really angry cause the Ark started shaking dangerously and he decided that it was time to put things in order.
So he ordered that every male should get a card stating the name ofhis wife and the days they were allowed to mate.

 After a couple of days, during breakfast in the Ark's cafeteria the monkey said to his wife: "You'd better get ready 'cause next Tuesday you'll suffer cruelly!"
The female monkey felt really ashamed because all of the animals heard her husband.
The day after, the male monkey said to his wife again: "You'd better get ready' cause next Tuesday you'll suffer cruelly!"
The female monkey feeling really confused and told Noah what had happened.
So Noah called the male monkey in his office and asked for an explanation.
"You kinky monkey! Why do you insist on disgracing your wife in front of all the other animals?" said Noah.
"I am not kinky sir", said the monkey.
"I'm just warning her because I lost my card at a poker game and now the elephant has it."

 セックス許可カード
 ノアの箱船に乗った動物達は性欲を押さえきれず、それぞれのつがいで勝手にセックスを始めた。
ノアは箱船が波に翻弄され危険な状態で、動物たちがそんなことをしていることに大いに腹を立て、きちんと秩序を打ち立てなければならないと考えた。
そこでノアは動物の雄達に互いの雌の名を書いたカードを持たせ、そのカードにはセックスをして良い日も記入した。

 数日後箱船の食堂で動物たちが朝食を食べている時、猿が自分の妻に対して、「来週の火曜日のナニの時は、とてつもなく乱暴にやられるから覚悟しておけよ」と言った。
雌猿はその話を他の動物たちに聞かれて、とても恥ずかしく思った。
翌日も雄猿が同じことを雌猿に言うので、彼女は困ってしまってノアにそのことを相談した。
ノアは雄猿を呼びつけて「お前は変態か!どうして皆の前で自分の妻を辱めるような言動を止めないんだ?」と叱った。
「私は変態ではありませんよ」と雄猿は説明した。
「妻に警告しているだけです。何故なら僕はポーカーをやって負けてしまい、例のセックス許可カードを象に取られてしまったからですよ」


40-59 Dying preacher
 A
n old preacher was dying.
He sent a message for his IRS agent and his Lawyer, to come to his home.
When they arrived, they were ushered up to his bedroom.
As they entered the room, the preacher held out his hands and motioned for them to sit on each side of the bed.
The preacher grasped their hands, sighed contentedly, smiled and stared at the ceiling.
For a time, no one said anything.
Both the IRS agent and Lawyer were touched and flattered that the old preacher would ask them to be with him during his final moment.
They were also puzzled because the preacher had never given any indication that he particularly liked either one of them.

 Finally, the Lawyer asked, "Reverend, why did you ask the two of us to come?"
The old preacher mustered up some strength, then said weakly, "Jesus died between two thieves, and that's how I want to go, too!"

 死が目前に迫った牧師
 年老いた牧師が息を引き取ろうとしていた。
彼は自分の税務調査にあたった国税局員と顧問弁護士に末期の時に立ち会うよう彼の家へ呼び寄せた。
呼ばれた二人が牧師の家へ到着すると牧師の寝室へ案内された。
二人が部屋の中に入ると、死を目前に控えた牧師は自分の両側にそれぞれ座るようにと手で合図した。
二人が脇に座ると牧師はそれぞれの手を握って満足そうなため息をついて、微笑みながら自分の真上の天井を見つめた。
三人ともしばらく言葉を発しなかった。
国税局員も弁護士も厳粛な気持ちになり、年老いた牧師が臨終の席にわざわざ自分達を呼びよせたことに気を良くしていた。
しかしこの二人は、牧師が自分達二人のどちらに対しても決して誉め言葉を言わなかったことを考えると合点がいかないことも事実だった。

 耐えきれずに弁護士が口を開いた。
「牧師様、なぜ私達二人をこの席にお呼びになったのですか?」
年老いた牧師は最後の力を振りしぼり、弱々しい声で答えた。
「キリストは二人の盗人の間で死んだ。私もキリストの様に天国に行きたいのじゃよ!」

キリストはゴルゴダの丘で磔(はりつけ)にされた二人の盗人の間で、十字架にかけられました。
この聖書の話に基づいて老牧師は二人の盗人即ち、国税局員と弁護士の間で息を引き取りたいと願ったのです。

#40-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60


*  
*