●Kazさんのページ

#43. Russian

#43-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50

43-11 Disaster and Catastrophe
 A
little Russian boy asked his father what was the difference between a disaster and a catastrophe.
"My son," the father told him, "If Borris Yeltsin fell into a river, that would be a disaster. But if someone else pulled him out again, that would be a catastrophe."
 災難と破局
 ロシアの少年が父親に災難(disaster)と破局(catastrophe)の違いを教えてほしいと尋 ねた。
「息子よ、」と父親が説明を始める。「もしボリス・エルツィンが川に落ちたとしよう。それは災難と言える。しかし誰かが彼を川の中から引き上げて助けたとしたら、それは破局だ。」
つまり国家指導者として失格なエリツィンは、
生きて助けられるより溺れ死んだ方が、国民のためには良いことだと言っています。

43-12 He's never been to school
 T
he telephone rang in the luxurious living room of Brezhnev's apartment.
His wife picked up the receiver and heard unknown woman's voice.
"Hello. Put me through to Leonid, will you?" the woman said.
"Who is speaking?" asked Mrs. Brezhnev.
"Ah..ah ..I'm his friend from school," the woman hesitated.
"Don't tell a lie! Leonid has never been to school in his entire life!" she hanged up.
 彼は学校なんか出ていませんよ!
 ブレジネフ書記長の豪華なアパートの居間の電話が鳴った。
夫人が受話器を取ると見知らぬ女性の声がした。「もしもし、レオニードを出してくれない?」
「どちら様ですか?」と夫人が聞くと、「え、えーと、学校時代の友人です」と受話器の向こう側で慌てた声が聞こえる。
「嘘つくんじゃないよ!レオニードは生まれてこの方学校なんか行ったことはないんだからね!」(ガチャ!)

43-13 Adam & Eve are Russian
 I
n an international conference, a dispute broke out over the nationality of Adam and Eve.
"They were English," stated the British delegate, "because only an Englishman would have been such a gentleman as to give his own rib to make a woman."
The Israeli delegate demurred, pointing out that the Bible clearly stated that the Creation occurred in the Holy Land. "So Adam and Eve were of the Chosen People; they were Jewish."
The Russian delegate shook his head. "Adam and Eve could only have been Russian," he maintained, "because only a Russian could eat so poorly, dress so badly, and still call it Paradise."
 アダムとイブはロシア人だった
 国際会議の席上で(人類の祖先とされている)アダムとイブの国籍はどうだったのか、ということで論争になった。
イギリス代表は「彼等はイギリス人だ。なぜなら自分の肋骨を犠牲にして女性を創りだすなんて、そういう行為が出来るのはイギリス紳士しかいないからだ。」
イスラエル代表が控え目ながら異議を唱える。「聖書によれば天地創造は聖なる土地において行われたとなっています。そうなればアダムとイブは選ばれた民、即ちユダヤ人だということになります。」
ロシア代表が首を振って反論する。「アダムとイブはロシア人以外には考えられない。なぜならこんな貧しい食事とひどい身なりで、それでも自分達が住んでいる場所を天国と呼んでいるのだから。」

43-14 Bombed
 W
hy did the U.N. dispatch a Russian battalion to Beirut?
They are used to being bombed all day.
 酔っぱらって
 なぜ国連は(空襲が絶えない)ベイルートにロシア軍団を派遣したのですか?
ロシア人達は一日中爆撃されること(酔っぱらっていること)に慣れているからです。
Bombedは(1)爆撃されて、(2)酔っぱらって、という二つの意味が有ります。

43-15 No known cure for Communism
 S
yadov walks into the Moscow health clinic run by the Soviet bureaucracy one month after his application. He is shown to the doc's office.
Doctor: So, tell me, Comrade Syadov. What seems to be the trouble?
Syadov: Doc, Doc, you gotta help me! I'm going crazy!
Doctor: Just calm down and tell me your symptoms.
Syadov: Well, OK. I... I'll try. It's like my ears and my eyeballs aren't connected to the same man. I can't see what I hear, and I can't hear what I see!
At this, the doctor sighs, shakes his head, closes his notebook, and prepares for his next patient.
When Syadov asks what he's doing, the doctor explains: "Really, I'm very sorry, Comrade. But there's no known cure for Communism."
 共産主義を直す薬
 ソ連のお役所主義のせいで、申し込んでからようやく一ヶ月目にモスクワの病院にやって来れたシャドヴが診療室に案内された。
医者  :で、同志シャドヴ、どこが具合悪いんですか?
シャドヴ:ドクター、頼むから助けてくれよ。もう気が狂いそうなんだから。
医者  :いいから落ち着いて、症状を私に説明して下さいよ。
シャドヴ:わ、わかった。うーん、こういうことなんだ。つまり僕の耳と目が一人の人間にうまく繋がっていないような気がするだ。つまり人から聞いたことは実際に見ることは出来ないし、実際に見たことは人々の間では聞かれない、と、こういう現実をだね…。
医者はため息をついて、首を振るなり診察ノートを閉じて、次の患者を待つ準備を始めた。
シャドヴが「ドクター、一体どういうつもりなんだ?」と尋ねると医者が説明した。
「同志、大変申し訳ないんだが、共産主義を直す薬は今のところ見つかっていないんだ。」
ソ連が崩壊する前の共産主義批判のアネクドーテです。隔世の感があります。

43-16 I just hate the neighbors
  A
man comes to a Soviet doctor because of sore throat.
The doctor tells him to pull down his pants and to swing his genitals in the window.
"What does this have to do with my throat?"
"Nothing, I just hate the neighbors."
 隣人が嫌いだから、ただそれだけの理由だよ
 喉が痛くなった男がソビエトの医者のところに診察にやってきた。
医者は患者にズボンを下げて、窓の前で剥き出しのオチンチンをブラブラ振るようにと命じた。
「な、なんでそんなことが喉の痛みの治療になるんですか?」と患者が尋ねると、「別 に何の効果もないよ。僕は隣人が嫌いだから、ただそれだけの理由だよ」
こういう発想って、日本人には考えつかないですね。

43-17 Vodka
 T
wo men were drinking at a bar in Moscow.
One guy said, "I'm getting old and feeble. When I die, will you pour vodka over my tombstone?"
"Sure, but may I use the vodka after it passes through my kidneys?"
 ウオッカ
 モスクワの酒場で二人のロシア人が話していた。
「俺もそろそろいい年だ。もしものことがあったらウオッカを俺の墓石にかけてくれないか?」
「もちろんいいとも。でも一度腎臓を通してからでいいかな?」

43-18 Anti-communist
Q:What is the definition of a "communist?"
A:Those who have read books written by Karl Marx or Vladimir Lenin.
Q:Then what is the definition of an "anti-communist?"
A:Those who understand their books. "
 反共産主義者
Q:共産主義者とは何か?
A:マルクスとレーニンの著作を読んだ人のこと。
Q:では反共産主義者とは?
A:それらの著作を理解した人のこと。

43-19 Long line
 T
wo Russians are standing in a very long line waiting to buy some vodka.
The line is so long that one Russian says to the other, "I' can't stand that any more. Always waiting in line to buy anything! I'm going to shoot Brezhnev!"
He leaves the line and storms out.
Hours later, the other Russian finally buys his vodka and starts to walk out.
As he is walking past the very long line, he notices his friend standing at the end of the line.
"Hey, Ivan, I thought you were going to shoot Brezhnev."
"I was," says his friend, "but that line is far longer than this!"
 長い行列
 二人のロシア人がウオッカを買うために長い行列に並んでいた。
あまりに行列が長いので、一人のロシア人が「もうこんな状態はウンザリだ。物を買うためにいつも行列に並んで待たねばならないなんて!ブレジネフの野郎を撃ち殺してやる!」と言って、カッカしながら行列を離れていった。
数時間後行列に残ったロシア人はようやくウオッカを手に入れ、行列から離れて家に向かおうとすると、行列の最後尾に先程の友人が並んでいるのに気付いた。
「おい、イアン、お前はブレジネフを撃ちに行ったんじゃなかったのか?」と声をかけると、友人は「そのつもりだったんだけど、ブレジネフを殺そうっていう人間の行列の方が、この行列よりはるかに長いんでね…(諦めて戻ってきたのさ)」
ブレジネフを殺そうと思っていたロシア人が、それほど多かったというオチです。

43-20 Two years from now
 A
Russian man saves his rubles for twenty years to buy a new car.
After choosing the model and options he wants, he's not the least bit surprised or even concerned to learn that it would take two years for the new car to be delivered.
He thanks the salesman and starts to leave, but as he reaches the door he pauses and turns back to the salesman.
"Do you know which week two years from now the new car will arrive?" he asks.
The salesman checks his notes and tells the man that it will be two years to the exact week.
The man thanks the salesman and starts out again, but upon reaching the door, he turns back again.
"Could you possibly tell me what day of the week two years from now the car will arrive?"
The salesman, mildly annoyed, checks his notes again and says that it will be exactly two years from this week, on Thursday."
The man thanks the salesman and once again starts to leave.
Halfway though the door, he hesitates, turns back, and walks up to the salesman.
"I'm sorry to be so much trouble, but do you know if that will be two years from now on Thursday in the morning, or in the afternoon?"
Visibly irritated, the salesman flips through his papers yet another time and says sharply that it will be in the afternoon, two years from now on Thursday.
"That's a relief!" says the man. "The plumber is coming in the morning!"
 今から二年後
 自動車を買うために20年間こつこつとルーブル紙幣を貯め続けたロシアの男がいた。
彼は念願が叶って自分が欲しい車と付属アクセサリーを決めたが、その車が手元に届くのに二年かかると言われても(この国ではそんなものだから)、格段驚くことはなかった。
自動車会社のセールスマンに礼を言って、その場を去ろうとドアに手をかけた途端この男は振り向いてセールスマンに尋ねた。
「二年後の何週目に車が届くか、分りますか?」
セールスマンは帳簿を調べて、今日からきっかり二年後の週にお届けしますと言った。
客は礼を言うと出口に向かったが、ドアの前でまた立ち止まりセールスマンの席に戻って来た。
「きっかり二年後の週と言われましたが、何曜日か分りますか?」
セールスマンはいささか面倒くさそうにもう一度帳簿をチェックして、二年後第一週の木曜日であることを客に告げ男はセールスマンに感謝してそこを去るためにドアへ向かったが、途中でためらいがちになりながら歩みを止めた。
再びセールスマンに聞く。「度々で申し訳ないけれど、自動車が届くのは二年後第一週木曜日の、午前か午後か分りますか?」
ハッキリと不愉快そうな表情で、セールスマンは書類をパラパラとめくり指を止めて、ぴしゃりと言った。
「今日からきっかり二年後の木曜日、午後に届きます! 」
「助かった!」と客は言う。「実はその日の午前中に水道を修理に来ることになっているのでね…」
契約して二年後でないと車が届かないというのも社会主義国らしいのですが、
その日の午前中に水道修理の予定があるからということで、
ソ連では水道修理も二年先でないとままならない、という皮肉になっているのです。

#43-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50


*  
*