●Kazさんのページ

#43. Russian

#43-1〜1011〜2021〜30・31〜40
41〜50

43-31 Loves vodka
 E
nglishman has a wife and a lover, but loves the wife.
Frenchman has a wife and a lover, but loves the lover.
Jew has a wife and a lover, but loves his mother.
Russian has a wife and a lover, but loves vodka.
 ウオッカを愛する
 妻と愛人を持った英国人は妻を愛し、妻と愛人を持ったフランス人は愛人を愛し、妻と愛人を持ったユダヤ人は自分の母親を愛し、妻と愛人を持ったロシア人はウオッカを愛する。

43-32 Pebbles
 M
any years ago in a small Russian village, a farmer had the misfortune of owing a large sum of money to a village moneylender.
The moneylender, who was an awful, mean man, fancied the farmer's beautiful daughter.
Since the farmer was unable to pay the debt, the moneylender proposed a deal.
He said he would forgo the farmer's debt if he could marry his daughter.
Both the farmer and his daughter were horrified by the proposal.
So the cunning money-lender suggested that they let providence decide the matter.
He told them that he would put a black pebble and a white pebble into an empty money bag.
Then the girl would have to pick one pebble from the bag.
If she picked the black pebble, she would become his wife and her father's debt would be forgiven.
If she picked the white pebble she need not marry him and her father's debt would still be forgiven.
But if she refused to pick a pebble, her father would be thrown into jail.

 They were standing on a pebble strewn path in the farmer's field.
As they talked, the moneylender bent over to pick up two pebbles.
As he picked them up, the sharp-eyed girl noticed that he had picked up two black pebbles and put them into the bag.
He then told the girl to pick a pebble from the bag. Now, imagine that you were standing in the field.
What would you have done if you were the Russian girl?
If you had to advise her, what would you have told her?

 Careful analysis would produce three possibilities:
1: The girl should refuse to take a pebble.
2: The girl should show that there were two black pebbles in the bag and expose the money-lender as a cheat.
3: The girl should pick a black pebble and sacrifice herself in order to save her father from his debt and imprisonment.

 Take a moment to ponder over the story.
The above story is used with the hope that it will help us appreciate the difference between lateral and logical thinking.
The girl's dilemma cannot be solved with traditional logical thinking.
Think of the consequences if she chooses the above logical answers.
What would you recommend to the Girl to do?

 Well, here is what she did . . . .

 The girl put her hand into the moneybag and drew out a pebble.
Withoutlooking at it, she fumbled and let it fall onto the pebble-strewn path where it immediately became lost among all the other pebbles. "Oh, how clumsy of me," she said.
"But never mind, if you look into the bag for the one that is left, you will be able to tell which pebble I picked."

 Since the remaining pebble is black, it is reasonable to assumed that she had picked the white one.
And since the money-lender dared not admit his dishonesty, the girl changed what seemed an impossible situation into an extremely favorable one for herself and her father.

 小石
 昔ロシアの小さな村で一人の農夫が、村の金貸しからかなりの額の金を借りて返せず、途方に暮れていた。
金貸しは嫌な性格でドケチな男で、この農夫の美しい娘に一目惚れしており、この農夫が借金を返すのが不可能だということを知っていたので、あることを申し出た。
農夫の美しい娘と結婚させてくれるなら、借金を棒引きにしてやろう、というものだった。
農夫もその娘もこの金貸しの申し出に身の毛がよだつ思いがした。
そこでこのずる賢い金貸しは「ではこのことは、神の意思にまかせることにしよう」と提案した。
「黒い小石を一個と、白い小石を一個、空っぽの金袋に入れるから、お嬢さんがその中から一つだけ小石を選びなさい。選んだ石が黒だったら彼女は私の妻となり、彼女の父親の借金は消滅する。選んだ石が白だったら彼女は私と結婚する必要はなく、なおかつ彼女の父親の借金もなくなる。しかし彼女が小石を選ぶこと自体を拒むのなら、債務不履行で彼女の父親は牢獄に行くことになる。これでどうかね?」

 三人がこの話をしているのは農夫の土地にある砂利道の上であった。
金貸しはひょいと身を屈めて小石を二個拾った。
その小石を金袋に入れる時、目敏い娘は金貸しが黒い小石を二個拾って袋の中に入れたのを目撃していた。
そうした状況で金貸しは少女に、袋の中から一個石を選べと強要しているのである。
さて、あなたが彼女の立場だったとしよう。あなたがこのロシアの可哀想な少女だったら、どうするだろうか?
もし彼女に助言できる立場だったら、どう彼女にアドバイスするだろうか?

 あらゆる可能性を考慮すると、次の三つの選択肢が考えられる。
1.彼女は自分で石を選ぶことを拒否すべきだ。
2.彼女は袋の中に入っているのは二つとも黒い小石だ、ということを告げてから金貸しの卑怯な策略を暴露すべきだ。
3.彼女は父親が牢獄に入れられないために自分が犠牲となって、黙って袋の中の黒い石を掴んで金貸しの言いなりになるべきだ。

 さぁ、じっくり考えてみよう。この例題は論理的に詰めて物事を考えるか、事象に応じて臨機応変に考えるか、という思考方法選択にもってこいの例題である。
このロシア少女の抜き差しならぬ状態は、通常の考え方では解決出来ない。
上の三つの論理的選択肢だけを考えているだけでは、彼女の窮地は救えない。
さぁ、彼女にどうしろと勧めたらよいのだろうか?

 では、ここで彼女が実際に行ったことをお教えしよう。

 この少女は金袋に手を入れて小石を一個抜き出したが、それを目で確認する前に砂利道に落としてしまったのである。
掴んだ小石は砂利道の中に転がり、それが何色だったかわからなくなってしまった。
「あら、何てみっともない!」と少女は言った後に、「でも大丈夫ですことよ。袋の中に残っている小石を見れば、私が掴んでこぼしてしまった石が何色だかわかりますよね」

 金袋に残っている小石は(当然のことながら)黒であるから、少女が最初に掴んだ小石は白だったということが、論理的に導かれる。
金貸しとしては自分が行った不正行為を認めることは出来ないから、これに対して反論出来ない。
こうして少女は「どうやっても逃れることが出来ない絶望的な状況」を「彼女と彼女の父親にとって最も望ましい状況」に変えることに成功したのである。


43-33 Party Members' Loyalty
 S
talin decided to test Party members' loyalty.
He summoned a Russian, a Ukrainian and a Jew and ordered them to jump from a tenth floor window.

 The Russian went to the window, looked down and begged: "Comrade Stalin, have mercy, I have a family, children."
Stalin flew into a rage: "Arrest him!" he ordered.
The Ukrainian walked up to the window, looked down and fell on his knees: "Have mercy, Comrade Stalin, I'm the only breadwinner in the family."
"Arrest him!" ordered Stalin.
The Jew took off his jacket, took off his trousers, took off his watch and handed them all to Stalin.
Then he said, "Please, give these to my wife," and jumped out of the window.

 But Stalin had only been joking and there were nets below so the Jew was not smashed to smithereens.
In fact, he was brought back to Stalin.
"Good fellow, Comrade Rabinovich," said Stalin.
"You have proved yourself a devoted Party member and for that you will receive a medal and I shall see that you get a better job. But, let me ask you, what gave you the courage?"
Rabinovich replied; "I'll tell you frankly, Comrade Stalin. Even death is better than this kind of life in Russia."

 党員の忠誠度
 スターリンが党員の忠誠度を試そうと思い、ロシア人、ウクライナ人、ユダヤ人の党員を呼んで、ビルの10階から飛び降りろと命じた。

 ロシア人は窓に近づき下を見て、懇願した。「同志スターリン、お許し下さい。私には家族があり子供もいます」
スターリンは怒りを覚え、「こいつを逮捕しろ!」と怒鳴った。
ウクライナ人は窓に歩み寄って視線を階下に降ろすなり、その場にヘナヘナと腰砕けになり、「同志スターリン、お情けを!唯一の稼ぎ手である私が死んだら、家族は路頭に迷ってしまいます」と訴えた。
「こいつを逮捕しろ!」とスターリンは命じた。
三人目のユダヤ人は上着とズボンを脱ぎ腕時計も外し、それをスターリンに渡し、「この遺品を妻に届けて下さい」と言って、窓の外へ身を投げた。

 けれどこのスターリンの「ここから飛び降りろ!」という命令は本気ではなく、地上までの間にネットが張ってあり、飛び降りたユダヤ人は地面に叩きつけられて潰れてしまうという事態には至らなかった。
助け出されたユダヤ人はスターリンの前に連れていかれ、「同志ラビノビッチ、君は模範的党員だ!君は命を投げ出しても共産党のために尽くすということを、私の目の前で証明してくれた」とスターリンは絶賛した。
「君には勲章を授け、地位も昇進させることを約束しよう。だがひとつ教えてくれたまえ、同志ラビノビッチ。何がそれほど君を勇気ある人物にしたのかね?」
と聞かれて、ラビノビッチは答えた。「同志スターリン、本当のことを言うと、ロシアで暮らすより死んでしまった方が幸せだと思ったからですよ」


43-34 Marriage broker
 I
n a small village in Russia, a marriage broker was trying to arrange a match between a beautiful young girl and a rich businessman.
The avarice businessman insisted; "Before I buy goods from a spinning mill, I look at swatches. So before I get married, I could do with samples, too."
The broker went to the girland said, "I've gotten a nice guy for you. He has a lot of money, but a little eccentric. He says he is such a good businessman that he wants a sample."
The girl thought for a moment, "I can't give him samples, but I can give him references."

 結婚斡旋人
 結婚斡旋商売人がロシアの小さな村にやって来た。
彼は若くて美しい少女を花嫁に欲しいという金持ちの商人に頼まれて、ふさわしい女性を探しに来たのだった。
強欲な彼の依頼人は「私は紡績工場から繊維製品を買う前に、必ず見本の小切れを確かめる。だから結婚する場合でもその前にサンプルが欲しいんだ」、と主張した。
結婚斡旋人は花嫁候補の女性の家を訪れてこう言った。「あなたにふさわしい男性をご紹介します。彼は大金持ちですが、ちょっと変わっていまして、自分はやり手の商人なんだから、商売同様結婚の場合もまず見本が欲しい、と言っているんですよ」
少女は少し考えてから答えた。「見本は差し上げられないけれど、スリーサイズならお教えしますわ」

結婚前に見本をよこせ、ということは「お試しさせてほしい」ということです。

43-35 Two votes
 I
n Warsaw, a dejected Communist Party candidate trudges home after the polls closed.
"So, Marek, how many votes did you get?" asks his wife.
"Two," he responds.
She slaps him hard across the face.
"What was that for?" "For having a mistress!"

 二票
 ワルシャワで共産党から立候補した候補者が、投票結果が出た後にガッカリした表情で、とぼとぼと家まで歩いて帰った。
「で、マーレック、あなたは何票獲得出来たの?」と候補者の妻が尋ねた。
「二票だけだよ」と答えると、いきなり妻がマーレックの顔を強く平手で叩いた。
「何をするんだ?」とマーレックが聞くと、「愛人が一人いたなんて!」と妻が答えた。

妻は夫へ投票しなかったのに二票獲得したということは、夫以外にもう一人夫の言うことを聞く人がいた、
それは愛人に違いない、と妻は思ったのでいきなり夫の顔を平手打ちしたのです。

43-36 Petty officer
 P
lace and time: Somewhere in the Soviet Union in the 1930s.
A man was standingin a very long line toward the counter of the city hall.
He talked to a city officer who was passing by the line.
"May I smoke here?"
"No, smoking is prohibited here," the officer said.
"Then why are there so many cigarette stubs on the floor?" the man asked.
"They didn't ask me if they could smoke," the officer replied annoyingly.

 小役人
 1930年代ソビエト連邦のある地域での出来事。
市役所受付窓口の長い列に並んだ男が、通りかかった市役所の職員に「ここで煙草を吸ってもいいかね?」と聞いた。
職員は「ここは禁煙です」と答えた。
「え?じゃ、なぜ床の上にこんなに煙草の吸い殻が捨てられているんだね」と男が言った。
「私に尋ねずに勝手に吸った人の分ですよ」と面倒臭そうに職員は答えた。

社会主義時代のやる気のない小役人は、聞かれれば禁煙と答えるけれど、
自分には関わり合いがないので、黙って煙草を吸っている人には注意しないということです。

43-37 Declaration of war
 T
he headman of a small Russian village adjacent to the Russo-Sino border proclaimed war against China.
The Chinese government dispatched an envoy to the village.
The envoy said to the Russian headman, "Do you know the population of China is 1 billion? There are only 800 people in your village. It's absurd for such a tiny village to fight against the big, powerful country, China."
The headman replied, "You're right. We don't have enough space for 1 billion tombs."

 宣戦布告
 中国と国境を接するロシアの小さな村の村長が、ロシアに対して宣戦布告した。
中国政府は訝しんで外交官をこの村に派遣した。
「村長、わが国の人口は10億人というのを知っているのか?お前の村はたった800人じゃないか。宣戦布告するのは馬鹿げているぞ」と中国外交官が言うと、村長は「なるほど、確かにそうだ。この村では10億基も墓を作るほどの空き地はないからな


43-38 Arrest warrant
 A
Russian factory worker Syadov was arrested by the KGB, because he was always 10 minutes late for work.
His colleague Rabinovitz always came to the factory10 minutes earlier than the starting time.
Rabinovitz was also arrested on espionage charges by the KGB.
Another colleague Yankel always came to the factory on time, but he, too, was arrested by the KGB.
The arrest warrant of Yankel was issued for the illegal possession of a Japanese watch.

 逮捕令状
 ロシアの工場で働くシャドブがいつも始業時刻10分遅れで来るのでKGBに逮捕された。
同僚のラビノビッツはいつも始業時刻10分前に来るのだが、スパイ容疑でKGBに逮捕された。
もう一人の同僚であるヤンケルはいつも始業時刻ピッタリに来るのだが、やはりKGBに逮捕された。
ヤンケルの逮捕令状には日本製腕時計不法所持の疑いと書かれていた。


43-39 Anecdote
 A
judge went out of the court bursting his sides with laughter.
One of his colleagues asked him, "What's happened?"
"I could not but laugh, because I've just heard a very good anecdote," the judge replied.
"Oh, come on, tell me that good one."
"No, I can't. I gave a 5-year-sentence in prison to the guy who told that anecdote."

 政治小話
 裁判官が腹をかかえてゲラゲラ笑いながら法廷から出てきたので、彼の同僚が「一体何があったのかい?」と尋ねた。
「笑わずにはいられないねぇ、ホント。たった今、法廷でとっても可笑しい政治小話を聞いたばかりなんだ」と、裁判官は答えた。
「そんなに可笑しい話なら、ぜひ教えてくれよ」と同僚が急かせると、裁判官は「そういうわけにはいかんよ。何しろこの政治小話を喋った奴に5年の懲役刑を言い渡したばかりだからね」と、答えた。

政治批判の小話があまりに良く出来ているので、この(旧ソ連邦)裁判官は本当は可笑しくて仕方ないのですが、
立場上政治批判した男に罰を与えなければならなかったのです。

43-40 Friendly countries
 C
orvinus at school in Budapest, Hungary, was asked by his teacher to name friendly countries in Europe.
He replied, "Poland, Czechoslovakia, Romania and Bulgaria."
"Not bad, but you've missed the most important on - the Soviet Union," pointed the hard-core Communist teacher.
"With all due respect, Soviet Union is not a friendly country. It's a sister country," said Corvinus.
"Why would that be?" asked the bewildered teacher.
"Because one can choose his friends, but cannot his sisters," Corvinus said.

 友好国
 ハンガリーのブタペストの学校に通うコルビヌスは、教師からヨーロッパの友好国の名を挙げるように言われた。
「ポーランド、チェコスロバキア、ルーマニア、そしてブルガリア」と彼が答えると、「その通りだけれど、君は一番重要な国を忘れているね。ソビエト連邦のことを」と、ガチガチの共産主義者である教師が指摘した。
コルビヌスが「正しく評価すればソビエト連邦は単なる友好国を越えて、姉妹国といえる国です」と答えると、「なぜ姉妹国であるソビエトを加えないのだ?」と当惑気味の教師が質問した。
「だって友人は自分で選べるけど、姉妹は選べないでしょ」とコルビヌスは言った。

#43-1〜1011〜2021〜30・31〜40 ・41〜50


*  
*