●Kazさんのページ

#43. Russian
Russian (ロシア人)jokeで何といっても味があるのは
アネクドート(anecdote)と呼ばれる 旧ソ連体制下での政治風刺ジョークです。
言論の自由が抑圧されていた共産主義国家で、人々は体制への不満を、
こうやってコッソリ批判する形で憂さ晴らしをしていたわけです。

#43-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50

43-41 Comrade Imperialists
 B
rezhnev was thought not to be too bright.
He comes to address a big Communist party meeting, and starts: "Dear Comrade Imperialists,"
The whole hall perked up - "what did he say?"
Brezhnev tried again. "Dear Comrade Imperialists!" Well, by now the hall was in pandemonium - was he trying to call them Imperialists?
Then, an advisor walked over to the podium and pointed to the speech for Brezhnev.
"Oh..." he muttered, and started again: "Dear Comrades,Uhm…. Imperialists are everywhere."

 帝国主義者同志よ
 ブレジネフは愚鈍な男として知られていた。
共産党の大きな大会で演説を始めたが、その出だしが親愛なる帝国主義者同志よ(Dear Comrade Imperialists!)だったので会場の聴衆は「え?何て言ったの?」と耳をそばだてた。
ブレジネフはもう一度同じことを喋った。「親愛なる帝国主義者同志よ」この時点で、「え、我々のことを帝国主義者と言おうとしているのか?」と会場は大混乱になった。
ブレジネフのアドバイザーが慌てて歩いて演壇にやってきて、演説原稿を指差した。ブレジネフはその部分に目をおと
し、「あ、そうか」と呟いて、もう一度初めからやり直した。「親愛なる同志よ、・・・アー、帝国主義者達はどこにでも居る・・・」

原稿が "Dear Comrade, Imperialists are everywhere."だったのに、
"Dear Comrade Imperialists "と一気に読んでしまったのです。

43-42 Do not open trunk
 T
his week the Russian government announced to give all 44 of its Olympic medalists a new Mercedes.
When asked what happened to the athletes who didn't medal, the President Vladimir Putin said, "Do not open trunk."

 トランクを開けるな
 今週ロシア政府は44人のオリンピックメダリストに、新しいベンツを贈呈すると発表した。
メダルを取れなかった選手達はどうなったのか、との質問にウラジミール・プーチン大統領は「トランクは開けるな」と言ったという。

メダルを取れなかった選手達は殺されて、ベンツ車のトランクに入れられた
というブラックジョークです。

43-43 Seance
 A
t a seance Vladimir Putin summoned the spirit of the Russian Tsar Peter the Great.
The Tsar tells him outright: "You are a power-hungry mediocrity! The economy is stagnating, the Russian culture is degrading! You have not one normal ally in Europe!"
And he punches Putin in the face.
Putin interrupts the abuse: "Well, Peter the Great, don't I have some merits?! For example, I do not drink alcohol and do not smoke, I lead a healthy lifestyle."
"And that's also bad!" Peter yells.
Putin is confused. "Why is it? I take care of my health, isn't that good?"
Peter shouts at him, "It's good for you, but bad for Russia. Which dickhead shut the window into Europe I built?"

 降霊術会
 霊媒を通じて死者と交信する降霊術の会で、ウラジミール・プーチンはロシアのピヨトル大帝の霊を呼び出した。
大帝はいきなり「お前は凡人のくせに権力に取り憑かれている。経済は停滞しているし、ロシア文化は沈滞してしまった。ヨーロッパにはロシアのまともな同盟国が一国もない状態だ!」と言って、プーチンの顔を殴りつけた。
プーチンは大帝の叱責を中断させて、「でもピヨトル大帝、私にも取り柄があるはずです。例えば私は酒も飲まず、煙草も吸わず、健康な生活をしています」と弁明した。
「それも、良くない!」とピヨトルは怒鳴ったのでプーチンは戸惑ってしまった。「なぜですか?健康に注意することは良いことじゃないですか?」と言うと、ピヨトルが叫んだ。「それは、お前にとっては良いことだろうが、ロシアにとっては悪いことだ。私がヨーロッパに向けて開いた窓を閉じた、阿呆は、いったいどこの誰なのだ!」


43-44 Run out of bullets
 S
talin is dead and things in the U.S.S.R. have begun to lighten up a bit.
An old couple live in an apartment in Moscow and she sends him down to buy some meat for supper.
After queuing for three hours he gets to the counter and the woman says, "No more meat, meat finished."
He cracks and starts raving "I fought in the Revolution, I fought for Lenin in the First World War, and for Stalin in the Second World War and we are still in this shit?"

 A leather-jacketed military officer takes him on one side and says "Look old man, you know you can't talk like this. Just think, a few years ago you would have been shot for saying these things."
The old man trudges home.
His wife seeing him empty-handed says "Run out of meat again have they?"
He says: "It's worse than that. They've run out of bullets."

 弾丸も不足している
 スターリンが死んで、ソ連の雰囲気は少し明るくなった。
老夫婦がモスクワのアパートに住んでおり、妻が夫に夕食用の肉を買いに行くよう頼んだ。
夫は店の前の行列に3時間並んでようやく店の中に入ったが、「肉は売り切れましたよ」と店員の女性に言われた。
彼はプツンと切れて大声で騒ぎ出した。「私は革命のために戦った。レーニンのために第一次世界大戦で戦った。スターリンのために第二次世界大戦も戦った。それなのに、こんな俺達はまだこんなクソったれ状態の中で我慢するのか?」

 革の上着を着た将校が彼を、店の外に連れ出して、こう諭した。「いいか、爺さん。そういうことを喋っちゃいかんよ。考えてもみろよ、数年前だったら、そういうことを口に出しただけで射殺されたんだぞ」
老人はトボトボと歩いて家に戻ると、夫が何も手に持たずに帰ってきたのを見た妻から「また肉が品切れだったのね?」と聞かれた。
老夫は「それだけじゃないんだ。弾丸も不足しているみたいだ」


43-45 I'm in the West now!
 O
ne morning at dawn, Leonid Il'ich Brezhnev awoke to see the sun rising.
He called out, "Good morning, our red sun!"
"Good morning, Leonid Il'ich," replied the sun, "I wish you new successes for the good of the Motherland."

 At noon Brezhnev stepped outside and saw the sun high in the heavens.
He called out, "Good afternoon, bright sun!"
"Good afternoon, Leonid Il'ich! I congratulate you on becoming the newest Marshal of the Soviet Union!"

 As evening approached, Brezhnev stepped outside and saw the sun going down.
He called out, "Good evening, golden sun!"
The sun replied, "Go to hell, you old jackass! I'm in the West now! "

 今から西側に入るよ
 ある日の明け方、レオニード・イリイッチ・ブレジネフは昇る太陽を見るために早起きし、「お早う、わが赤い太陽よ!」と声を出した。
「お早う、レオニード・イリイッチ。母国のために新しい成功が得られますように」と太陽は応えた。

 昼になってブレジネフは表へ出ると、空高く上がった太陽に向かって叫んだ。「今日は、耀く太陽よ!」
「今日は、レオニード・イリイッチ。ソビエト連邦の新しい大元帥に就任されておめでとう!」と太陽が応えた。

 夕方が近づき陽が西に沈みかけたのでブレジネフは表へ出て、「お休み、黄金の太陽よ!」と叫んだ。
太陽は「クソッタレの大馬鹿野郎!俺はもう今から西側に入るよ!」

西側は言うまでもなく西欧諸国を意味し、
太陽は今やソビエトから離れて西に沈むことで、ブレジネフのことを嘲け笑ったのです。

#43-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜50


*  
*