●Kazさんのページ

#43. Russian
Russian (ロシア人)jokeで何といっても味があるのは
アネクドート(anecdote)と呼ばれる 旧ソ連体制下での政治風刺ジョークです。
言論の自由が抑圧されていた共産主義国家で、人々は体制への不満を、
こうやってコッソリ批判する形で憂さ晴らしをしていたわけです。

#43-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60

43-51 Newspaper or Television?
Q: In Russia, which is more useful, a newspaper or a television? 
A: A newspapers, of course. You cannot wrap herring with a TV.

 新聞とテレビ
Q:ロシアでは新聞とテレビとどちらが役に立つか?
A:もちろん新聞だ。テレビでは鰊を包むことが出来ないからだ。


43-52 Ballpoint pen and pencil
 W
hen NASA first started sending up astronauts, they quickly discovered that ballpoint pens would not work in zero gravity.
To combat the problem, NASA scientists spent a decade and $12 billion to develop a pen that writes in zero gravity, upside down, underwater, on almost any surface, and at temperatures ranging from below freezing to 300 degrees Celsius.
Russian astronauts used pencils and they had no problem.

 ボールペンと鉛筆
 アメリカ航空宇宙局(NASA)は、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。
NASAの科学者達はこの問題に立ち向かうべく、莫大な時間と予算をかけて研究を重ね、氷点下から摂氏300度までのあらゆる温度帯で、無重力でも上下逆にしても水の中でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した。
一方ロシア宇宙飛行士達は鉛筆を使ったが、特に問題はなかった。


43-53 Hammer thrower
 I
n the Olympics, a Soviet hammer thrower set a new world record.
"How did you manage to hurl that hammer so far?" reporters asked him.
"If it were together with a sickle, I could throw it twice as far."

 ハンマー投げ選手
 オリンピック大会でソビエトのハンマー投げ選手が、世界記録を更新した。
「どうしてハンマーを、そんなに遠くまで飛ばせるのですか?」と新聞記者が彼に質問すると、「ハンマーと鎌を同時に投げれば、この二倍位の距離を飛ばすことが出来るんだがなぁ」とソビエトの選手は答えた。

ソビエトの国旗は「鎌とハンマー」です。
鎌とハンマーだったらもっと遠くに飛ばせるというのは、こんな国家は捨ててしまいたい、ということです。


#43-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60
*  
*