●Kazさんのページ

#44. Scottish

#44-1〜1011〜20・21〜30
31〜40

44-21 Broken glass vase
 A
Scottish guy was looking for a gift to give a friend.
Everything was too expensive except for a glass vase that had been broken and he could purchase it for almost nothing.
He asked the store to send it hoping his friend would think it had been broken in transit.
In due time he received a note: "thanks for the vase," it read. " It was so thoughtful of you to wrap each piece separately."

 割れたガラスの花瓶
 スコットランド人が友人用のプレゼントを探していた。
どれもこれも値段が高くて、唯一割れたガラスの花瓶が、殆どタダ同然の値段で売られていたので、これなら何とか彼 にも買えそうだと思った。
彼はこの花瓶を買って彼は友人宅に送るよう、店員に依頼した。そうすれば彼の友人はこの花瓶は配達中に割れてしまったと、思うだろうと彼は期待していたのである。
早速友人からお礼の手紙が届いた。『花瓶を贈ってくれて有難う。破片を別々に包装して送ってくれる心遣いに感謝している』と書かれていた。


44-22 Sign of summer
 I
t's sure sign of summer when a Scotchman throws his Christmas tree away.

 夏の兆候
 スコットランド人がクリスマス・ツリーを捨てる頃は、間違いなく夏が来る。

前年12月のクリスマスツリーを夏まで飾っておくなんて、究極のドケチです。

44-23 Worn-out condom
 A
sergeant walked into a pharmacy in Glasgow and showed the pharmacist a worn- out condom.
"How much does it cost to repair this condom?" asked the sergeant.
"Well, I must sterilize it and put a new elastic around the base. Maybe I mus t patch the spot near the tip. But I think it would cost you less if you just buy a new one," the pharmacist replied.
The sergeant winced and said that he would have to think it over.
The next day he came back to the same store and an nounced with a smile. "The regiment has voted to replace it."

 使い古したコンドーム
 グラスゴーにある薬局にスコットランド軍の軍曹が歩いてやって来た。
軍曹は薬剤師に使い古したコンドームを見せて、「このコンドームを修理するとしたら、いくらかかるか?」と尋ねた。
「そうですね、まず消毒して底に新しいゴムを貼ります。そして先端にあいた穴をつなぎ合わせないとなりませんね。それよりも新しいコンドームをお買い 求められた方が安上がりだと思いますが」、と薬剤師が答えた。
軍曹は嫌な顔をすると「考えさせてくれ」と言ってその場を去った。
翌日この軍曹は再び薬局に現れると、笑顔を見せながらこう言った。
「あれから連隊の全員に計って投票した結果、新しいコンドームを買うことに決定したよ」

ひとつのコンドームを連隊全員で使って、ぼろぼろになったので修理に出そうとしたが、
それより新品を買う方が安くつくと聞いて、全員で協議して投票の結果、
新しいコンドームを一個買うことに決めた。
そしてそれをまた全員で使うというわけですから、
いやはやスコットランド人の吝嗇ぶりは半端じゃありませんね。

44-24 Honeymoon
 A
Scot from Aberdeen was on holiday in London and every night he returned to his hotel happily.
So the female hotel receptionist asked him, "Is this your first visit to London?"
The Scot replied, "Aye, it is."
The receptionist said, "You seem to be having a great time."
"Aye, I am. And what's more, it's not just a holiday. It's my honeymoon as well," said the Scot.
"Oh, Great! Where's your wife?"
"Aye, she's been here before. So she stays at home in Aberdeen."

 新婚旅行
(スコットランドの)アバディーンから、ロンドンに観光旅行にやって来たスコットランド人は毎晩楽しそうにホテルに戻って来るので、ホテルの受付女性が「ロンドンを訪れたのは初めてですか?」と、彼に尋ねた。
「そうなんだ」と、スコットランド人は答えた。
「すっかりお楽しみのようですね」と受付女性が言葉を続けると、「そうなんだ。しかも、今回は単なる観光旅行じゃなくて、新婚旅行なんだよ」と、スコットランド人が言った。
「それは結構ですね。で、奥様は?」と受付に聞かれた男が答えた。
「あぁ、彼女はロンドンに来たことがあるので、彼女はアバディーンの家で留守番しているんだよ」

奥さんは以前ロンドンに来たことがあるからといって、
奥さんを家に残して新婚旅行に一人で行きますかね?

44-25 Scottish Bus Driver
 T
he Scottish bus driver was giving a tour of Scotland to a group of tourists.
The tour went through the countryside and the driver would point out sightseeing spots.
He drove by this one area and said, "Over there is where the Scottish PULVERIZED the English."
They drove on a little further and the driver pointed to another area along the roadway and said, "This is the place where the Scottish MASSACRED the English."
Not much further down the road, the driver told his passengers, "On the right was the great battlefield where the Scottish WHIPPED the English.
A man on the bus, with a stiff English accent, said, "My good man, didn't the English win any battles around here? "
"Not when I'm driving the bus" was the response.

 スコットランド人のバス運転手
スコットランド人バス運転手が、スコットランド旅行ツアー一行を乗せたバスを運転しながら、田園風景を説明していた。
ある所で「ここはスコットランド軍がイギリス軍を粉々に打ち砕いた場所です」と言い、その少し先の別の場所では「ここはスコットランド兵がイギリス兵を虐殺した場所です」と言った。
さらにその先の場所で、「右手は有名な古戦場です。ここでスコットランド軍はイギリス軍を、徹底的に叩きのめしました。」と言うと、バス乗客の一人の男が明らかにイギリス訛りの英語で、「ねぇ、君、この辺りでイギリス軍が勝利した場所はないのかね?」と問い質した。
「私がバスを運転している限り、そんな場所はありませんね」と運転手は答えた。


44-26 His lost ball
 D
id you hear about the Scotsman who quit golf, then took it up again 12 years later?
He found his lost ball.

 なくしたゴルフボール
 ゴルフを止めて12年後に、再びゴルフを始めたスコットランド人の話を聞きましたか?
彼はなくしたゴルフボールを見つけたので、再開したそうです。

いかにスコットランド人がケチか、ということです。

44-27 British food
 I
n 2012 when the Olympics take place in London, some Muslim athletes said that even though during Ramadan they will not fast to win the game.
Then, after sampling the British food, they said, on second thoughts, fasting sounded good.

 英国の食事
 2012年
ロンドンでオリンピックが開かれた時、何人かのイスラム教徒選手はラマダン(断食期間)でも、競技に勝つために断食をしないと言った。
しかし英国の食事を食べてみてから「断食する方が良いみたい」だと、考えを改めた。

それほど英国の食事はまずいということです。

44-28 Englishman laughs three times
 T
hey say an Englishman laughs three times at a joke.
The first time when everybody gets it.
The second time when a week later he thinks and he gets it.
The third time when a month later somebody explains it to him.

 イギリス人は三度笑う
 イギリス人はひとつのジョークで三度笑うと云われる。
一度目は、最初にジョークを聞いて皆がわかった時。
二度目は、ジョークについて考えて一週間後にオチがわかった時。
三度目は、一ヵ月後にそのジョークについて誰かが彼に説明してくれた時。


44-29 American Embassy
 A
las! Many attractive Victorian buildings and Georgian houses in London have been knocked down to build terrible new buildings we see today. Particularly, a bland, mediocre, and ugly modern building stands out in Grosvenor Square. It is the American Embassy. The sitting of the embassy led to a bizarre and protracted negotiation story ever seen in London.

 The Americans have embassies all over the world and in every single case they buy the land first and build their embassy. They assumed that this would be possible in England and asked the owner of Grosvenor Square how much they would have to pay to buy the freehold of the land. They never imagined that the owner, the Duke of Westminster, said "NO." His family owns 300 acres of central London including Grosvenor Square and all the houses and offices on their land are leased; their freeholds are never sold.

 The Americans petitioned Parliament to force the Duke to sell the land and he was heavily leaned on, but all to no avail. Then Duke proposed a good compromise. He told the furious Americans that he would sell the west side of Grosvenor Square for them if they would return all the Duke's family estates in the United States to the family. The Duke insisted that these lands were stolen after the American War of Independence!

 The Americans were beaten when they understood that they would have had to give the Duke most of Maine and New York!
They were also appalled by the nightmare that they would have to hand over the land stolen from the American Indians some day in the future. Thus they backed down and the Duke of Westminster allowed them a 999-year lease. That explains why the embassy in Britain is the only American embassy built on land and not owned by the United States. This is a true story and fact is often funnier than fiction.

 アメリカ大使館
 
ロンドンにある魅力的なビクトリア様式の建物やジョージア様式の家屋が取り壊されて、面白みもない近代的なビルディングに建て替えられるというのは、残念なことです。とりわけ個性がなく、醜く見てくれの悪い建物がグロヴナー広場に建っているのが目につきます。この建物はアメリカ大使館です。アメリカ大使館が長い交渉の結果、ロンドンのこの地に建てられることに至った世にも奇妙なお話をいたしましょう。

 アメリカが諸外国に自国の大使館を設置する時は、どこの国でも例外なくその土地の所有者から土地を買い取って、そこに大使館を建設します。ですから彼等はイギリスにおいても当然同じやり方が通用すると思い、グロヴナー広場の土地所有者にいくらでその土地を売ってもらえるかと尋ねたのです。まさか地主であるウエストミンスター公爵が「ノ−」と言うなどとは夢にも思っていませんでした。ウエストミンスター公爵一家はグロヴナー広場を含むロンドンの中心地域300エーカーを所有していますが、ここに建てられた総ての家屋、事務所は賃貸物件で、公爵一家の土地所有権は一切売買されたことがなかったのです。

 アメリカ政府はイギリスの議会に請願して、公爵に問題の土地を売って貰えるようかなり圧力をかけたのですが、公爵は一切聞き入れませんでした。その代わりに公爵は一つの妥協案を提案しました。かつて公爵一家がアメリカ独立戦争以前にアメリカ大陸に所有しており戦争の結果盗まれてしまった土地を、カッカ怒っているアメリカ政府が公爵家へ返してくれると言うなら、グロヴナー広場の西端の部分の土地をアメリカに売ってもよい、というものでした。

 アメリカ政府はこの公爵の条件を受け入れるとすれば、メーン州とニューヨーク州の殆ど大部分を公爵に渡さなければならないという事実に気付き、愕然としました。そしてこの論法で行けば、彼等がアメリカインディアンから奪った土地もいずれ将来は彼等に返さねばならなくなるという悪夢に怯え、ウエストミンスター公爵への要求を引っ込めることにしました。その結果、公爵は999年の賃貸借契約でアメリカ政府に大使館用地を貸すことを承諾しました。世界中で唯一、アメリカ政府が建物は建てたけれど土地を所有していない大使館が、実はロンドンにあるアメリカ大使館なのだという理由は、ここにあるのです。これは本当の話です。多くの場合事実は小説より奇なり、なのです。


44-30 Romantic taxi ride
 A
Scotsman took a girl for a romantic ride in a taxi.
She was so beautiful he could hardly keep his eye on the meter.

 ロマンティックなタクシーの旅
 スコットランドの男が、女の子と一緒にタクシーに乗ってロマンティックな旅をした。
彼女があまりに美しいので、彼はタクシーメーターの料金表示に集中出来なかった。

スコットランド人はケチなので、普通はタクシーメーターの料金表示が気になって仕方ないのに、
連れの女性が余りに美しかったのでそちらに気を取られてしまったということです。

#44-1〜1011〜20・21〜30 31〜40


*  
*