●Kazさんのページ

#45. Silly

#45-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80

45-1 Our last kid was a nigger
 A
farmer walked into an attorney's office wanting to file for a divorce.
The attorney asked, "May I help you?"
The farmer said, "Yea, I want to get a divorce."
The attorney said, "Do you have any grounds?"
The farmer said, "Yea, I got about 140 acres."
The attorney said, "No, you don't understand. Do you have a suit?"
The farmer said, "Yes Sir, I got a suit, I wear it to church every Sunday."
The attorney said, "No, I mean…Okay, does your wife beat you up?"
The farmer said, "No Sir, we both get up at 4:30 a.m. together."
The attorney then said, "Well, I said…All right, is she nagging?"
The farmer said, "No, she's a white woman, but our last kid was a nigger and that's why I want this divorce !"
 うちの一番下の子供は黒ん坊なんだズラ
 離婚訴訟を求めて一人の農夫が弁護士事務所にやって来た。
弁護士:「何かご用でしょうか?」
農夫 :「うんだ、オラ離婚したいんだ」
弁護士:「離婚したいという理由(grounds)は何ですか?」
農夫 :(groundを土地と勘違いして)「うんだ、おらッチの畑は140エーカーあるぞ 」
弁護士:「いや、あなたはわかっていらっしゃらない。訴訟(suit)するんでしょ?」
農夫 :(suitを背広と勘違いして)「うんだ、勿論持ってるズラ。
     おら日曜日教会に行く時はいつもそれを着て行くズラ」
弁護士:「いや、そういう意味じゃなくって…ま、言っても仕方ないか。
     じゃこうしましょう。私が質問します。あなたの奥さんはあなたに暴力を振るう(beat up)んですか?」
農夫 :(beat upをget upと勘違いして)「いや違うズラ、オラ達二人とも朝4時半に は起きるだよ」
弁護士:「あのねぇ、違うんだってば。私が言ったのはね…ま、良いでしょう。
     奥さんはあなたにガミガミ文句ばかり言う(nagging)んですか?」
農夫 :(naggingをniggerと勘違いして)「いや、女房は白人だ。
     けどな、うちで一番最後に生まれた子供は黒ン坊なんだって。それでオラ、離婚したいんだけど・・・。」
この噛み合わない会話のおかしさは単語の意味の取り違え、あるいは聞き違いです。
落語のご隠居と熊さん、八っつぁんの世界に通じます。

45-2 The Rope
 T
here were 11 people hanging onto a rope that came down from a helicopter.
Ten were men and one woman.
They all decided that one person should get off because if they didn't the rope would break and everyone would die.
No one could decide who should go so finally the woman gave really touching speech saying how she would give up her life to save the others, because women were used to giving up things for their husbands and children and giving in to men.
All of the men started clapping.
 ロープ
 11人の人間が、ヘリコプターから吊されたロープにしがみついていた。
10人は男で、残り1人が女だった。
誰か一人が手を離さなければロープが重みに耐えきれずに切れてしまい全員が死んでしまうので、一人が自発的に飛び降りることにした。
誰も自分から進んで手を離さないので、女性が「私は皆さんの命を救うために私の命を諦めます。かつて女性は夫と子供のために自らを犠牲にして尽くすことが美徳だったからです」と感動的なスピーチをした。
10人の男性は拍手をして称えた。
拍手をしたということは、
10人の男性はロープから手を離したわけで助かったのは女性一人だけということになります。
男はなんて単純でおバカさんなんでしょうね。

45-3 Farmhand
 "How did it happen?" the doctor asked the middle-aged farmhand as he set the man's broken leg.
"Well, doc, 25 years ago..."
"Never mind the past. Tell me how you broke your leg this morning."
"Like I was saying...25 years ago, when I first started working on the farm, that night, right after I'd gone to bed, the farmer's beautiful daughter came into my room. She asked me if there was anything I wanted. I said no, everything is fine. 'Are you sure?' she asked. 'I'm sure,' I said. 'Isn't there anything I can do for you?' she wanted to know. 'I reckon not' I replied."
"Excuse me," said the doctor, "What does this story have to do with your leg?"
"Well, this morning," the farmhand explained, "when it dawned on me what she meant, I fell off the roof!"
 作男
 医者が足を骨折した中年の作男(=農家に雇われて働く男)の治療をしていた。
医者:「どうしてケガしたの?」
作男:「先生、それは25年前の話に遡るんだけんど・・・。」
医者:「いや、過去のことはどうでもいいんだ。どうして今朝足を折ったかを私に話してくれないかな。」
作男:「オラが言おうとしているのは、25年前の話だわ。初めて農家で働くようになったその晩のことだけど、仕事を終えてベッドで休もうとしていた時、その農家のきれいな娘がオラの部屋にやって来たってわけだ。そんでその娘っ子がオラに何か欲しいものはあるか、って尋ねたんだわ。オラ、『大丈夫、別になんもいらんよ』って答えたんだわ。で、その娘っ子が『本当にいらないの? 』ってまた尋ねるもんだから『うんにゃ、本当になんもいらんよ』ってオラ 言ったんだ。」
医者:「ちょ、ちょっと待って。その昔話とこの骨折とがどういう関係にあるの?」
作男:「あのな、今朝この話を思い出して、あーそうか、あの娘っ子が『本当にいらないの』って聞いていた意味が、ようやくわかったもんで、『しまった!』と思った途端屋根から落っこってしまった、と、まぁこういう訳なんだわ。」
25年経ってようやく気付くなんて、この作男、相当血の回りが遅いんですね。

45-4 Perfect couple
 T
here was a perfect man who met a perfect woman.
After a perfect courtship, they had a perfect wedding.
Their live together was, of course, perfect.
One snowy, stormy Christmas Eve, this perfect couple was driving their perfect car along a winding road, when they noticed someone at the side of the roadsid e in distress.
Being the perfect couple, they stopped to help.
There stood Sant a Claus with a huge bundle of toys.
Not wanting to disappoint any children on the eve of Christmas, the perfect couple loaded Santa and his toys into their vehicle.
Soon they were driving along delivering the toys.
Unfortunately, the driving conditions deteriorated and the perfect couple and Santa Claus had an accident.
Only one of them survived the accident.
 Who was the survivor?
The perfect woman.
She's the only one that really existed in the first place.
Everyone knows there is no Santa Claus and there is no such thing as a perfect man...(Women, stop reading here. Men, keep scrolling.)
 So, if there is no perfect man and no Santa Claus, the perfect woman must have been driving.
This explains why there was a car accident. (By the way, if you're a woman and you're still reading, this brings up anothe r point: Women never follow instructions either.......)

 完璧な夫婦
 完璧な男が完璧な女と出会って、完璧な求婚をした後に完璧な結婚式を挙げた。
この夫婦の生活は言うまでもなく完璧だった。
ある吹雪のクリスマスの夜、この完璧な夫婦は彼等の完璧な車で曲がりくねった道を走っていると、道路の脇で途方に暮れている男が目に入った。
完璧な夫婦であるこの二人はもちろんこの男を助けるために車を停めた。
この男は抱えきれない位沢山の玩具を持ったサンタクロースだった。
クリスマスを楽しみにしている子供達をがっかりさせないために、この完璧な夫婦はサンタと彼の玩具を自分達の車に乗せて、あちこち玩具を届け始めた。
不幸なことに吹雪がひどくなり運転することが難しくなり、この完璧な夫婦とサンタクロースの乗った車は事故を起こしてしまい、たった一人だけが生き残ることが出来た。
 この生き残った一人は誰でしょう?
そうです、完璧な女です。
なぜなら、
そもそも最初から完璧な女のみが実存する人物だったからです。
誰でもサンタクロースなんて人は実際には存在しないし、完璧な男なんていうものもあり得ないことを知っています。(女性の方、ここで読むのをやめて下さい。男性のみ続きを読んで下さい)
 さて、もし完璧な男とサンタクロースがこの余に存在しないなら、完璧な女が車を運転していたということになります。
運転していたのは女だから事故を起こしたんだということに帰結します。(ところでもしあなたが女性で、しかもまだ読み続けているのだとしたら、もう一つの結論に達します。女性というものは決して指示には従わないものだ、ということです。)


45-5 Foxhole
 T
wo privates stationed at Fort Campbell were handed shovels and told to bury a large dead animal.
While digging they got into an argument about for which they were burying.
"This must be a big mule!"
"This ain't no mule, this must be a horse."
"Mule!"
"Horse!"
Well, this went on for a while until the camp chaplain came by.
"What are you boys doing?"
"We're digging a grave for this mule."
"Horse, damn it!"
The chaplain cut in, "Boys, this isn't either one, it's an ass."
 An hour later, the camp commander came up and said, "What are you men doing, digging a foxhole?"
"No sir, we're digging an asshole."
 たこつぼ壕
 キャンベル砦に配属された二人の新兵がシャベルを渡されて、大きな動物の死骸を埋めるために穴を掘るように命じられた。
穴を掘りながら二人の新兵はこの動物はいったい何なのだろうかという議論になった。
「これは大きなラバに違いない」
「ラバじゃない。馬に決まっている」
さてこの二人が「ラバだ!」「馬だ!」と言い合っているところに従軍牧師が通りかかった。
「お若いの、ここで何をしているんじゃね?」
「自分達はラバの墓を掘っているところであります!」
「違うって!馬の墓だってば!」従軍牧師が二人の間に割って入った。
「お若いの、どちらも外れておるよ。これはロバ(ASS)じゃよ」
 さて1時間後に砦の司令官がやって来て尋ねた。
「お前達は何をしているんだ?たこつぼ壕でも掘っているのか?」
「いいえ違います、司令官閣下。自分達はオカマを掘っているのであります!」
Foxholeは兵隊が敵の銃弾から身を隠す穴で、俗に「たこつぼ壕」と呼ばれますが、
そのままの意味だと「狐の穴」とも聞こえます。
ラバでもなく、馬でもなく狐でもなく、
自分達はロバ(ass)のために穴を掘っているであります!と答えたのは間違いではないのですが、
dig an assholeは「ケツの穴を掘る、オカマを掘る」という意味にもなるので、
あらぬことを想像させてしまうのです。

45-6 The Perfect Son
A: I have the perfect son.
B: Does he smoke?
A: No, he doesn't.
B: Does he drink whiskey?
A: No, he doesn't.
B: Does he ever come home late?
A: No, he doesn't.
B: I guess you really do have the perfect son. How old is he?
A: He will be six months old next Wednesday.
 完璧な息子
A:私の息子は完璧よ。
B:息子さん、煙草は吸うの?
A:いいえ。
B:ウイスキーは飲む?
A:いいえ。
B:夜遅く家に帰って来たことはあるでしょ?
A:いいえ。
B:凄い!、確かに完璧な息子さんだわ。で、おいくつなの?
A:来週水曜日に満6か月になるの。

45-7 Collectors' item
 W
hen the U.S. Mint reissued two-dollar bills, I thought they might someday become collectors' items.
I went to the bank and picked up a hundred, serially numbered and still in their original band.
On my next trip to my parents' house, I gave the $200 to my mother and said, "Take good care of these. They might be worth something someday."
Several months later I asked Mom if she was keeping the two-dollar bills safe.
"Oh, yes!" she replied. "I deposited them in the bank the day after you left."
 収集家垂涎の品
 アメリカ合衆国造幣局が2ドル札を再び発行した時、私はこのお札は将来収集家垂涎の品になるに違いないと考えた。
そこで銀行に行って、通し番号で造幣局の帯封がついたままの百枚の2ドル紙幣に交換した。
次に私は両親の家を訪ね母親にこの200ドルを渡してこう言った。
「大切に保存しておくんだよ、ママ。きっと将来価値が出るからね。」
数ヶ月後、ママにあの200ドルはちゃんと保管してあるかと尋ねたら彼女はこう答えた。
「もちろんだとも。お前が帰った後すぐに銀行に貯金しておいたからね。」
せっかくの記念紙幣も、ただの額面価値になってしまったのですね。

45-8 How to Avoid the Flu
1. Eat right! Make sure you get your daily dose of fruits and veggies.
2. Take your vitamins and bump up your vitamin C.
3. Get plenty of exercise because exercise helps build your immune system. Walk for at least hour a day, go for a swim, take the stairs instead of the elevator, etc.
4. Wash your hands often. If you can't wash them, keep a bottle of antibac terial stuff around.
5. Get lots of fresh air. Open windows whenever possible.
6. Try to eliminate as much stress from your life as you can.
7. Get plenty of rest.
OR ... You can take the doctors office approach. Think about it.

When you go for a shot, what do they do first? Clean your arm with alcohol.
Why? Because alcohol kills germs.

SO HERE'S MY NEW APPROACH TO AVOIDING THE FLU...
1. I walk to the liquor store (exercise).
2. I put lime in my Corona (fruit),
3. I put celery in my Bloody Mary (veggies).
4. I drink on the bar patio (fresh air).
5. I get drunk, tell jokes, and laugh (eliminate stress).
6. Then I pass out (rest).
The way I see it, if you keep your alcohol levels up flu germs can't get you!! !!

 風邪を予防するには?
1.正しい食生活が大切です。毎日果物と野菜を食べるようにしましょう。
2.ビタミンを摂取しましょう。特にビタミンCが大切です。
3.いつも運動をしましょう。運動をすることであなたの免疫力が高まります。
  一日に最低一時間は歩くようにしましょう。また泳いだり、エレベーターではなく階段を利用するようにしましょう。
4.手を頻繁に洗いましょう。もし手を洗えない情況なら除菌剤の瓶をいつも手元に置くようにしましょう
5.出来るだけ窓を開けて、新鮮な空気を吸うようにしましょう。
6.毎日のストレスを出来る限り減らすようにしましょう。
7.睡眠を充分取る様に心掛けましょう。

或いは医者に行って予防接種を行うことも良いかも知れません。しかしちょっと待って下さい。
注射を打つ前に医者は何をしますか?あなたの腕をアルコールで消毒しますよね。何故でしょう?
それはアルコールが細菌を殺す作用があるからです。

さて、以上の考察の結果、私が提案する新しい風邪の予防法です。
1.私は歩いて酒屋まで酒を買いに行きます。(運動します)
2.私はコロナビールにライムを入れて飲みます。(果物を食べます)
3.私はカクテルのブラディマリーにセロリーを入れます。(野菜を食べます)
4.私はバーのオープンテラスで飲みます。(新鮮な空気を吸収します)
5.私は酔っぱらって、冗談を言って大声で笑います。(ストレスをなくします)
6.それから私はバタンキューとぶっ倒れてしまいます(睡眠を充分取ります)
私が提案するこの予防法を実践し、風邪の菌に負けないレベルまでアルコールを飲めば 、あなたは風邪をひくことはありませんよ!


45-9 Sleepyhead
 T
om had this problem of getting up late in the morning and was always late for work.
His boss was mad at him and threatened to fire him if he didn't do some thing about it.
So Tom went to his doctor who gave him a pill and told him to take it before he went to bed.
Tom slept well and in fact beat the alarm in the morning.
He had a leisurely breakfast and drove cheerfully to work.
"Boss," he said, "The pill actually worked!"
"That's all fine," said the boss.
"But where were you yesterday?"
 寝坊助(ねぼすけ)
 トムは朝起きられずいつも会社に遅刻していた。
上司が堪忍袋の緒を切って、何か対策を取らないで遅刻を続けるようなら首にすると言い渡した。
トムは医者に行って相談し、医者は寝る前に飲みなさいと丸薬を渡してくれた。
トムはグッスリ眠って朝目覚まし時計を自分で止めて、ゆっくりと朝食を食べて、元気よく出社した。
「ボス、薬が良く効きました。」とトムが言うと、ボスが答えた。
「そいつは良かったな。でも昨日はどこに居たんだ?」
グッスリ眠って、パッチリ目を覚ましたのは二日後だったんですね。

45-10 Vaseline
 T
his guy saved and saved to buy a motorcycle and finally came up with enough to buy a handsome, red second-hand Honda.
"Just one thing, though," cautioned the dealer after pocketing the cash.
"You gotta be sure to coat the bike with Vaseline if it starts to rain or it'll rust up on you just about overnight."
And he handed him a complimentary jumbo jar of Vaseline.
 Happy as a king, the fellow was cruising home when a beautiful girl on a street corner called out, "Nice bike!"
Naturally he stopped to talk to her and a few minutes later she invited him home.
"But there's one rule in my house," she warned him.
"Whoever says the first word does the dishes."
"Fine by me," he agreed.
So the beautiful girl jumped up behind him and directed him to the little house where she lived with her parents.
 The family rule took on new dimensions when he saw that virtually every surface in the house - tables, chairs, bookcases, counters - was stacked with dirty dishes.
Resolved to shock the others into speaking first, he made love to his new friend right in the middle of the living room floor with both of her parents looking on.
Since neither uttered a word, he turned to her mother, brutally forcing her to submit to his advances right on the kitchen floor.
Both father and daughter stood by without saying a word.
 At this point a thunderclap shook the house and the first drop of rain began to fall.
Remem bering his new bike, the guy jumped to his feet and pulled the huge jar of Vaseline out of his pocket.
Eyeing the jar and turning visibly pale, the father blurted, "You win, you win. I'll do the dishes."
 ワセリン
 男はコツコツとお金を貯めて、中古だがスタイルの良い真っ赤なホンダのオートバイを一台買った。
男から受け取った代金をポケットにしまいながら、オートバイのディーラーが「ひとこと注意しておくけれど、雨が降りそうな時はオートバイにワセリンを塗っておくことを忘れないように。そうしないと一晩で錆びてしまうからな」、と言った。
そしてこれはサービスだよと大きなワセリンの容器を無料で渡してくれた。
王様のように幸せな気分になって、この男はオートバイに乗って家へ向かった。
 角を曲がったところで一人の美人女性から「なんて素敵なバイクなの」と声をかけられた。
当然のことだが男はバイクを停めると、この美女と数分間立ち話をした。
そして彼女は彼を自分の家に来ないかと誘った。
「ただし我が家にはひとつルールがあるのよ」、と彼女は言った。
「食卓に座って最初に口を聞いた人が全員分の皿洗いをする、ということなんだけど…」
「結構ですよ」、とこの男は同意した。
そこで美女はこの男のバイクの後部座席にまたがると、彼女と両親が住む小さな家の方向を指示した。
 彼女に家に入ると、彼は彼女の家のルールが思いもかけない悪い方向へ進む結果となったことが目に見えた。
即ち家にあるすべての家具−テーブル、椅子、本棚、台所のカウンターなどの上に汚れ たままのお皿が積み重なっていたのだ(!)
自分が最初に口を聞いて山の様な汚れた皿を洗わせられてはかなわないと思った男は、家族にショックを与えて口を開かせてやろうと決心して、いきなり友達になったばかりの美しい娘をリビング中央の床に押し倒して、両親の見ている前でセックス行為を始めた。
ところが娘も両親もひと言も声をあげないので、男は娘から離れて彼女の母親を台所の床に乱暴に押し倒すと、母親と無理矢理セックスをした。
しかし父親も娘もひと言も喋らずに立ったままだった。
 突然ここで雷が鳴り響いた。
雨がポツリと降り出したので、買ったばかりのバイクのことを思い出した男は、慌てて母親を突き放すとポケットから大きなワセリンの容器を取り出した。
それを見た父親は真っ青になり、声を漏らした。
「わかった、わかった、お前の勝ちだ。私が皿を洗うから、それだけは勘弁してくれぇ…」
父親はワセリンの容器を見て、
次はこの男がこのワセリンを自分の肛門に塗って、襲いかかると勘違いして、
お皿を洗うことになることはわかっていても絶えきれずに
「勘弁してくれぇ」と声を出してしまったのです。

#45-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80


*  
*