●Kazさんのページ

#45. Silly

#45-1〜10・11〜20
21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80

45-11 Empty handed
 P
ete and Larry had not seen each other in many years.
Now they had a long talk trying to fill in the gap of those years by telling about their lives.
Finally Pete invited Larry to visit him in his new apartment.
"I got a wife and three kids and I'd love to have you visit us."
"Great. Where do you live?"
"Here's the address. And there's plenty of parking behind the apartment. Park and come around to the front door, kick it open with your foot, go to the elevator and press the button with your left elbow, then enter! When you reach the sixth floor, go down the hall until you see my name on the door. Then press the door bell with your right elbow and I'll let you in."
"Good. But tell me...what is all this business of kicking the front door open, then pressing elevator buttons with my right, then my left elbow?"
"Surely, you're not coming empty-handed ."
 手ぶらでは来ないよね?
 ピートとラリーは、長い間ずっと会っていなかったので、再会した時はこれまでの長い年月分のギャップを埋めようと、お互いの生活について長時間話し合った。
最後にピートが彼の新しいアパートにラリーを招待するという話でまとまり、「僕は女房と子供三人と一緒に住んで居るんだ」とピートが言うと、「羨ましいねぇ、で、そのアパートの場所は?」とラリーが尋ねた。
「これが住所だけれど、アパートの後ろに大きな駐車スペースがあるから、そこに車を止めて、アパートの正面玄関から、ドアを足で蹴って開けて入ってくれたまえ。そこからエレベーター乗り場まで歩いて、エレベーターのボタンを左の肘で押してエレベータに乗ってくれたまえ。エレベーターが6階に到着したら、そこで降りて僕の表札がかかっている部屋の入口まで歩いて進んでほしい。入口のチャイムを右肘で押してくれれば、僕がドアを開けるよ。」とピートが説明した。
「了解した。でもひとつ聞きたいんだけど、なんで正面玄関の扉を足で蹴って開けたり、エレベーターやチャイムを肘で押したりしなきゃ、ならないんだね?」とラリーが聞くと、ピートは答えた。
「そりゃ当然でしょ。まさか君は手ぶらでは来るなんてことはしないよね?(両手一杯のお土産を持ってくることだろうから、両手はふさがったままなので足や肘を使わなければ、扉を開けたりボタンを押したりは出来ないだろ?)」

45-12 Talking clock
 P
roudly showing off his new apartment to a couple of his friends very, very late one night, the drunk led the way to his bedroom here there was a big brass gong.
"What's that big brass gong?" one of the guests asked.
"It's not a gong. It's a talking clock," the drunk replied.
"A talking clock? Seriously?" asked his astonished friend.
"Yep," replied the drunk.
"How's it work?" the 2nd guest asked, squinting at it.
"Watch," the drunk replied.
He picked up a hammer, gave it an ear-shattering pound and stepped back.
The three stood looking at one another for a moment.
Suddenly, someone on the other side of the wall screa med: "You idiot! What the hell time do you think it is? It's fifteen past two in the morning!"
 喋る時計
 新しいアパートに越した男が、友人達を招いて得意そうに新居披露パーティを行った。
酒が進み酔っ払ったこの男は自分の寝室に友人達を連れて来た。
そこには大きな真鍮のゴング(銅鑼)があったので、「この真鍮のゴングは何に使うんだ?」と友人の一人が尋ねた。
「これはゴングじゃない、喋る時計なんだ」と酔っ払った男は答えた。
「喋る時計だって?マジかよぉ?」とビックリしたもう一人の友人が尋ねる。
「そうだとも」と答える酔っ払い。
「どうやって動くのかね?」と二番目の友人は目を細めてゴングを探るように見つめた。
「見ててごらん」と酔っ払いはハンマーを持ち出して、ガーンと耳が潰れそうになる位 思い切りゴングを叩いて、サッと後ろに退いた。
3人はお互いの顔を見合わせていると突然壁の向こう側から、誰かが大声で叫んだ。
「バカ野郎!何時だと思っているんだ!今、朝の2時15分過ぎだぞ!」
ホラね、ただ今の時刻がわかったでしょ?

45-13 Birthday
Q: What is your date of birth?
A: July 15.
Q: What year?
A: Every year.
 誕生日
Q:「誕生日はいつですか?」
A:「7月15日です」
Q:「生まれたのは何年ですか?」
A:「毎年です」
What year?(生まれ年は?)と聞かれているのに、
「誕生日は毎年あります」と外しているのがおかしいですね。

45-14 Magician
 O
ne day in a quiet night in an ocean, a magician started his show to entertain passengers on a long ship voyage in the lounge in front of the audience.
He produced a pack of cards from nowhere.
One spectator shouted, "I know what you did! You pulled them from up your sleeve!" There was laughter and derision fro m the audience.
Then the magician hid a coin and made it reappeared.
The spect ator shouted again, "I know that! You hid that in your pants!" There was laugh ter and derision again.
The magician calmed himself down and started next trick, the ship hit a reef and sunk.
The magician lost his senses. When he came to his senses, he clung to a life boat. He got on board and found another man clinging to the boat.
He pulled him up and found him the spectator.
After a while, the spectator came to his senses, looked around in a puzzled face. "All rig ht," said the spectator, "I give up. Where did you hide the ship?"
 手品師
 ある静かな夜、長旅の船客を楽しませるために、ラウンジで手品師が手品を始めた。
始めにどこからともなくトランプのカードを出してきた。
観客の一人が大声で叫んだ。「手品のタネはわかってるぜ!そのトランプは袖の中から出して来たんだ!」観客はドッと沸いて嘲りの笑い声を上げた。
次に手品師はコインを目の前から消して、再び出して見せ、また消してみせた。
先ほどの観客がまた大声で叫んだ。「それも知ってるぜ!ズボンに隠したんだろう!」またしても観客の嘲笑。
手品師が必死で冷静を装い次の手品を披露しようとした瞬間、客船が暗礁に乗り上げあっという間に沈んでしまった。
一旦は意識を失った手品師だが、海中で意識を取り戻して必死で救命ボートにしがみついた。
ボートに乗り移ると、もう一人の男がこのボートにしがみついていることがわかった。
手を差し伸べてこの男を引き上げてやると、それは彼の手品を邪魔した観客まさにその人だった。
この男がようやく正気に戻って手品師に不思議そうな顔をして尋ねた。「わかった、降参だ。どこに船を隠したんだ?」

45-15 Baldheaded
 W
hich is better to a baldheaded or a moron?
A moron. It is less conspicuous than a baldheaded.
 禿頭
 禿頭と阿呆とどちらがマシか?
阿呆。禿頭ほど目立たないから。

45-16 Shibahama
 A
lthough he was a very skillful fishmonger, Kuma was a habitual drinker and of ten neglected his business.
One morning when Kuma had a terrible hangover and tried to goof off the job, his wife pestered him to go to the Shiba fish market to buy some fish for his retailing.
Reluctantly Kuma walked to Shiba and was hed his face on the seashore to wake him up.
He found a nice fat leather wallet there and immediately rushed home with it.
He counted out 50 ryo of gold coins out of the wallet and he got so overjoyed that he called over his friends to whoop it up.
Kuma fell asleep while the friends went on a spree.

 The next morning his wife woke him up. "Kuma-san, time to go to work!"
Kuma rubbed his eyes and said, "Hey, I got a thick wallet stuffed with 50 ryo on Shibahama (=Shiba beach) yesterday, right? We can live without working due to the bonanza!"
"What are you talking about? I don't know anything about a wallet. You must have been daydreaming."
It seemed that his eating and drinking with friends was true, but picking up the wallet was a dream.
Kuma was so shocked that he turned over a new leaf and gave up drinking completely.
He worked hard and paid back a debt three years later.

 On New Year's Eve of that year, his wife held out an old wallet and said, "Kuma-san, do you remember his wallet? It has 50 ryo in it. You found it on Shibahaba three years ago. I was at a loss what to do with the wallet, because you would never go to work with that much money. So I brought the wallet to the magistrate after you fell asleep and I made up the story that you had a dream. You gave up drinking and worked really hard. Now the money was returned from the magistrate because no one claimed it. I'm terribly sorry for having done so. If you're angry with me, please beat me - if you want."

 Kuma was deeply impressed by his wife's consideration and bowed.
"Far from beating you, all I can do now is just to thank you. If you had given me the wallet, I would have used up all the money and became a penniless good-for not hing!"
"Then, you'll forgive me? I know you are not what you were. Why don't you drink a cup of sake now? It's New Year's Eve!"
She served sake and dishes. Kuma felt very happy and look at his sake with nostalgia.
"Hey, sake, you look so good! Long time, no see. I'm going to drink you…. wait, on second thought s, I would rather not."
"Why not, Kuma-san?" his wife said with a quizzical look.
"Because I don't want to wake up to find out I've been dreaming again."

 芝浜
 熊さんは腕の良い魚屋でしたが、酒好きで商売を怠けることがしばしばありました。
ある朝、熊さんはひどい二日酔いで仕事に行きたくなかったのですが、女房にせかされて芝にある魚河岸へ魚の買い出しに出かけました。
いやいや芝まで歩いてきた熊さんは海辺で顔を洗って眠気を覚まそうとしました。
すると波打ち際にずっしり重たい財布が落ちていたので、急いでそれを拾うと家に走り戻りました。
その財布の中には五十両の小判が入っていたので、大喜びした熊さんは友達を呼んで大盤振る舞いをしました。友達がどんちゃん騒ぎをしている間に、熊さんは酔っぱらって眠ってしまいました。

 翌朝女房が「熊さん、仕事に行く時間だよ!」と起こすので、熊さんは眼をこすりながら、「おい、俺は昨日芝浜で五十両入った分厚い財布を拾っただろ?棚からぼた餅のお金で遊んで暮らせるじゃないか」と言いました。
「お前さん、何のこと言ってるんだい?あたしゃ財布のことなんか何も知らないよ。夢でも見たんじゃないかい?」
どうも友達を呼んで飲み食いしたのは本当で、財布を拾ったのは夢だったようです。
ショックを受けた熊さんは心を入れ替え、酒をピタリと止めました。それから一生懸命仕事をして三年後には借金をすっかり返してしまいました。

 その年の大晦日、女房が古い財布を差し出してこう言いました。
「熊さん、この財布に見覚えないかい?中に五十両入っているんだよ。三年前にお前さんが芝浜で拾ってきたものよ。あの時、あたしは困ったなぁと思いましたよ。だって、こんな大金を持ったら、お前さんは働かなくなるに決まっているからね。だからあたしは、お前さんが酔っぱらって寝ている間にこのお財布を奉行所に届けたんだよ。それでお前さんには、『あれは夢だったんだよ』とごまかしたのさ。そうしたらお前さんは酒をピタリと止めて、一生懸命働くようになってくれたよ。実はさ、この金は落とし主が出てこないので奉行所から戻って来たんだけど、お前さんをずっと騙していてごめんよ。腹が立つなら気の済むまであたしを殴っておくれよ」

 熊さんは女房の話にしみじみと感じ入って頭を下げた。
「殴るどころじゃねぇよ。お前に礼を言わねば罰があたるぜ。もしお前がこの財布をそのまま俺に渡していたら、この金をみんな使い果 たして、俺はまた一文無しのろくでなし野郎に戻ったままだったろうよ」
「じゃ、お前さん、あたしを許してくれるんだね。もうお前さんは以前のお前さんじゃないから、お酒を一杯飲んでおくれよ。今日は大晦日じゃないか」と、女房は酒と肴を熊さんの前に運んできました。
熊さんは大喜びで酒をしみじみと見つめながら、酒に話しかけた。「おい、酒よ、達者でいたかよ?ずいぶんご無沙汰してたよなぁ…じゃ、これから飲むからな。いや、ちょっと待てよ、止めておこう」
「え、どうしてだい、熊さん?」と女房が驚いて聞き返すと、熊さんが言った。
「また夢になるといけねぇからなぁ…」

古典落語「芝浜」の英訳です。
財布を拾ったのが夢だと思っていたように、大晦日に酒を飲んだと思ったら夢だった
ということになるのではたまらんから、飲むのはやめておこう、というオチです。

45-17 Ugliest baby
 A
young woman was sitting on the bus cooing to her baby when a drunk staggered aboard and down the aisle.
Stopping in front of her, he looked down and said, "Lady, that is the ugliest baby I have ever seen."
The woman burst into tears, and there was such an outcry of sympathy among the other passengers that they kicked the drunk off.
But the woman kept on sobbing and wailing so loudly that the bus driver finally pulled the bus over to the side of the road.
"Look, I don't know what that bum said to you, but to help calm your down, I'm going to get you a cup of tea," the driver said to his inconsolable passenger.
And off he went, coming back shortly with a cup of tea from a corner deli.
"Now calm down, lady," soothed the driver.
"Everything is going to be okay. See, I brought you a cup of nice tea and I even got a banana for you pet monkey."

 醜い赤ん坊
 
若い女性がバスの中で座って赤ちゃんをあやしていたら、一人の酔っ払いがよろめきながら乗り込んできて、バスの通 路を通って彼女の前で立ち止まり、見下ろしながら言った。「このガキは、俺が今まで見た中で一番不細工な赤ん坊だな」
女性がワーッと泣き出したので、他の乗客達も同情して、その酔っ払いをバスの外に放り出した。
けれど女性はシクシク泣き続けて、泣き声があまりに大きいのでバスの運転手は、たまらずバスを道路脇に停めた。
運転手は「あの馬鹿野郎が、あんたに何を言ったかは知らないけれど、僕が紅茶を買ってくるから、それを飲んで気を落ち着けなさい」と、泣きじゃくっている女性に言って車を降りた。
彼は街角の食料品店で紅茶を買って、直ぐに戻って来て「さあ、奥さん、落ち着きなさい」と、問題の女性を慰めた。
「直ぐに気分がよくなるから。ほら、美味しい紅茶を持ってきたからね。それから、あなたのペットの猿にもバナナを買ってきたからね」

よほど醜い赤ん坊だったんですね。

45-18 The same place where we landed last year
 T
wo hunters got a pilot to fly them into the far north for elk hunting.
They were quite successful in their venture and bagged six big bucks.
The pilot came back, as arranged, to pick them up.
They started loading their gear into the plane, including the six elk.
But the pilot objected and he said, "The plane can only take four of your elk; you will have to leave two behind."
They argued with him; the year before they had shot six and the pilot had allowed them to put all aboard.
The plane was the same model and capacity.
Reluctantly, the pilot finally permitted them to put all six aboard.
But when the attempted to take off and leave the valley, the little plane could not make it and they cras hed into the wilderness.
Climbing out of the wreckage, one hunter said to the other, "Do you know where we are?"
"I think so," replied the other hunter.
"I think this is about the same place where we landed last year!"

 昨年着陸した同じ場所
 二人のハンターが北に住んでいる大鹿狩りのために、小型飛行機を一台チャーターした。
現地で二人は6匹の大鹿を射止めるという上々の首尾だった。
チャーターした飛行機が二人をピックアップするため戻って来た。
ハンターは大鹿や狩猟道具を飛行機に積み込み始めたので、飛行機の操縦士が「この飛行機では大鹿4匹までしか乗せられませんので、2匹は諦めてここに残して下さい」と、拒んだ。
ハンターは「去年も大鹿6匹射止めたが、去年の操縦士は全部乗せてくれたぞ。この飛行機と全く同タイプで収納出来る広さも同じなのに、なぜ今年は駄 目なんだ?」と文句をつけた。
飛行機の操縦士は根負けして不承不承、客の言い分を呑んで6匹の大鹿を機内に積み込んだ。
飛行機が離陸して渓谷から離れようとしたその矢先、小型機は摘んだ荷物の重さで操縦が出来なくなり、荒野に墜落してしまった。
滅茶滅茶に壊れた機体の中から這い出てきたハンターが、もう一人のハンターに話しかけた。
「ここがどこだかわかるか?」もう一人のハンターが「多分な」、と答えた。
「ここは昨年、僕達が着陸したのと同じ場所だと思うな」

昨年大鹿6匹を積んで墜落したのに、
このハンター達は懲りもせず今年も全く同じこ とを繰り返したのですね。

45-19 Accurate dating
 A
tourist is traveling with a guide through one of the thickest jungles in South America, when he comes across an ancient Mayan temple.
The tourist is entranced by the temple, and asks the guide for details.
To this, the guide states that archaeologists are carrying out excavations, and still finding great trea sures.
The tourist then queries how old the temple is.
"This temple is 1503 years old", replies the guide.
Impressed at this accurate dating, he inquires as to how he gave this precise figure.
"Easy", replies the guide, "the archaeologists said the temple was 1500 years old, and that was three years ago"

 正確な日付
 南米の奥深いジャングルの中を、ガイド一名を伴って旅行している男がいた。
ジャングルの中にそびえ立っているマヤ文明の遺跡である寺院に感動した旅行者が、ガイドにこの建物の詳細について尋ねた。
ガイドは「この建物は考古学者が現在発掘調査中で、続々と秘宝が出ているところです」と説明を始めたので、旅行者は「で、この寺院が建てられたのはどの位 昔のことなんだ?」とガイドに聞いた。
「この寺院は今から1503年前に建立されました」とガイドが答えたので、その正確な日付に感心した旅行者は「一体どうやってそんなに正確な数字がわかるんだね?」と尋ねた。
「簡単です。考古学者達 はこの寺は築1500年だと言いました。それが3年前の話ですからね」とガイドは答えた。


45-20 Your mother said
 A
young man was walking through a supermarket to pick a few things when he noticed an old lady following him around.
Thinking nothing of it, he ignored her and continued on.
Finally, he went to the checkout line, but she got in front of him.
"Pardon me," she said, "I'm sorry if my staring at you has made you feel uncomfortable. It's just that you look just like my son who just died recently."
"I'm very sorry," replied the young man, "Is there anything I can do for you?"
"Yes," she said, "As I'm leaving, can you say 'Goodbye mother!'? It would make me feel much better."
"Sure," answered the young man.
As the old woman was leaving, he called out, "Goodbye mother!"
As he stepped up to the checkout counter, he saw that his total was $127.50.
"How can that be?" he asked, "I only purchased a few things!"
"Your mother said that you would pay for her," said the clerk.

 お母さんが仰っていたので
 若い男がスーパーマーケット内で、自分が必要な品物を見つけては買い物籠に入れていた。
彼は年取った女性が自分の後ろでウロウロしているのに気づいたが、別に気にもせず自分の買い物に専念していた。
支払いレジの順番待ち行列に並ぶと、先程の老女が自分の前に割り込んできて、「ごめんなさい、私があなたのことをさっきからジロジロ見つめていたので、さぞかし不愉快だったでしょう。でも、あなたが最近亡くしたばかりの私の息子にそっくりだったものだから…」と言った。
「それはお気の毒に。何か私で出来ることだったら何なりとお手伝いしましょうか?」と若い男が同情して応えた。
「えぇ、ぜひお願いしたいことがあるの。私がここから出て行く時に『さよなら、お母さん!』と呼びかけて下さるかしら?そうしていただけたら、どんなに心が休まることか…」
「結構ですよ」と若い男は快諾した。
老女が先にレジを通過してスーパーマーケットから出る時に、若い男は「さよなら、お母さん!」と大声で呼びかけた。
そして次の順番で彼がレジで精算を済ませると、トータル金額が127.50ドルになっているので、ビックリして「どうして、こんな金額になるんだ?僕は数点の品物しか買っていないぞ!」と声を荒げると、レジ係は「あなたのお母様が、息子さんが二人分払うからと言われたものですから…」と答えた。


#45-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80


*  
*