●Kazさんのページ

#45. Silly

#45-1〜1011〜20・21〜30
31〜4041〜5051〜6061〜7071〜80

45-21 Going out
 A
couple was going out for the evening.
The last thing they did was to put the cat out.
The taxi arrived, and as the couple walked out of the house, the cat shoots back in.
So the husband goes back inside to chase it out.
The wife, not wanting it known that the house would be empty, explained to the taxi driver "He's just going upstairs to say goodbye to my mother."
A few minutes later, the husband got into the taxi and said, "Sorry I took so long, the stupid thing was hiding under the bed and I had to poke her with a coat hanger to get her to come out!"

 お出かけ
 ある夜、夫婦が外出するので、飼っている猫に家の中でイタズラさせないよう、家の外に出した。
タクシーが到着したので、玄関のドアをしめて夫婦がそちらへ向かって歩こうとしたまさにその瞬間、外に出した猫が素早くドアの隙間から走り込んで家の中に入ってしまった。
そこで夫はもう一度猫を家の外に追い出すために、家の中に戻って行った。
妻は家が留守になることを知られたくなかったので、タクシーの運転手には「主人は私の母に行ってきますと言うために、二階に戻っただけなので、すぐに来ますから」と言った。
数分後夫は待っていたタクシーに乗り込んで、「遅くなって申し訳ない。あのバカ野郎がベッドの下に逃げやがって!仕方ないから僕は洋服のハンガーであいつのことを突っついて、ベッドの下から押し出していたもんだから…」


45-22 Math test
 G
et a Calculator or a paper and pen...
1) Pick your favorite number between 1-9
2) Multiply by 3 then,
3) Add 3, then again Multiply by 3
4) You'll get a 2 or 3 digit number...
5) Add the digits together...
 Now with the number, see who your ROLE MODEL is from the list below:
1) Jesus Christ
2) Nelson Mandela
3) Abraham Lincoln
4) Helen Keller
5) Alfred Nobel
6) Albert Einstein
7) Mother Theresa
8) Thomas Edison
9) George W. Bush
10) Queen Elizabeth

 数学のテスト
 電卓と紙と鉛筆を用意して、次の計算を行って下さい。
1)1から9までの数字の中で、ひとつだけ好きな数字を選んで下さい。
2)その数字を3倍します。
3)その結果に3を足して、その数値をさらに3倍します。
4)2桁か3桁の数値が得られたはずです。
5)各桁に表れた数値を足してみて下さい。
 その数値と同じ下記の表の番号の有名人が、あなたの人生のお手本となる人物を示しています。
1)イエスキリスト
2)ネルソン・マンデラ(南アフリカの黒人大統領)
3)アブラハム・リンカーン(16代アメリカ大統領)
4)ヘレン・ケラー(盲目・聾唖者で大学に入ったアメリカ人女性)
5)アルフレッド・ノーベル(ダイナマイトの発明者)
6)アルバート・アインシュタイン(相対性原理を発見した物理学者)
7)マザー・テレサ(世界中の貧しい人を救おうとしたシスター)
8)トーマス・エジソン(電灯・蓄音機の発明者)
9)ジョージ・W・ブッシュ(現アメリカ大統領)
10)エリザベス女王(現イギリス元首)

最初どういう数字を選ぼうと、計算結果は必ず9になります。
ブッシュの代わりにヒットラーでも、スターリンでも、金正日も誰でも、あなたの嫌いな人を入れて下さい。(笑)

45-23 Intelligence
 T
wo men were digging a ditch on a very hot day.
One said to the other, "Why are we down in this hole digging a ditch when our boss is standing up there in the shade of a tree?"
"I don't know," responded the other.
"I'll ask him." So he climbed out of the hole and went to his boss.
"Why are we digging in the hot sun and you're standing in the shade?"
"Intelligence," the boss said.
"What do you mean, 'intelligence'?"
The boss said, "Well, I'll show you. I'll put my hand on this tree and I want you to hit it with your fist as hard as you can."
The ditch digger took a mighty swing and tried to hit the boss' hand.
The boss removed his hand and the ditch digger hit the tree.
The boss said, "That's intelligence!"
The ditch digger went back to his hole.
His friend asked, "What did he say?"
"He said we are down here because of intelligence."
"What's intel ligence?" said the friend.
The ditch digger put his hand on his face and said, "Take your shovel and hit my hand."

 知能
 ある暑い日、二人の男が溝掘り作業に汗を流していた。
一人の労働者がもう一人の仲間に向かって、「俺達はかんかん照りの中で溝を作るために地面に穴を掘っているっていうのに、どうして親方は涼しい木の影の下に立っているだけで済むんだ?」と言った。
「わかんねぇなぁ。親方に聞いてみようっか?」と相棒は答えると、穴から這い出して親方が立っている木陰へ歩いていった。
「ねぇ、俺達はかんかん照りの中で溝を掘っているのに、なんで親方はこの涼しい場所で立っていられるんですかねぇ?」と労働者が聞くと、「知能の差だな」と親方が答える。
「知能って、それどういう意味?」と労働者が尋ねると、親方は「そうだな、わかりやすく教えてやろうか。俺が片手をこの木の上に置くぞ。いいか、お前は握り拳で思いっきり、俺の手をなぐっていいぞ。さ、やってみろ」と言って、片手を木の幹の上に広げた。
穴掘り労働者は思い切り力をこめて、自分の拳骨を親方の手めがけて突き出した。
その瞬間親方がヒョイと手をどけたものだから、労働者は思いきり自分の手を木の幹にぶつけてしまった。
「これが、知能の差さ!」と親方が勝ち誇って言った。
穴掘り労働者が自分の仕事場に戻ると、相棒が聞いてきた。「ね、親方は何て言っていたんだ?」
「俺達が地下で働いているのは知能の差があるからだって、さ」と、答えると相棒は「知能って、何のこと?」と尋ねた。
先程手を痛めた労働者が自分の顔に自分の手を当てて、「いいから、お前のシャベルで、俺の手を思い切り叩いてみな!」と言った。

親方と同じ様に咄嗟に手をどけるつもりでしょうが、
この穴掘り労働者が自分の手を置いたのは木の幹じゃなくて自分の顔の上です。
手はよけらても、自分の顔をシャベルで思い切り叩かれる運命にあるのです。
うーん、やっぱり知能に差がありますね。

45-24 Facts are funnier than jokes
1. A patient broke wind while having surgery and set fire to his genitals.
The 30-year-old man was having a mole removed from his bottom with an electric knife when his attack of flatulence was ignited by a spark. His genitals, which were soaked in surgical spirits, caught fire. The man, who is suing the hospital, said: "When I woke up, my penis and scrotum were burning like hell. Besides the pain, I can't have sex with my wife." Surgeons at the hospital in Kjelle rups, Denmark, said: "It was an unfortunate accident."

2. A man got a nasty surprise when he tried to get out of his deckchair and found his testicles had become stuck between two slats of wood.
Mario Visnjic had been swimming naked off Valalta beach in Croatia and his testicles had shrunk in the cool sea. When he sat down they slipped through the slats and then, as he lay in the sun, expanded back to normal size. He was freed after he called beach maintenance services on his mobile phone and they sent a member of staff to cut the deckchair in half.

3. A woman collapsed in a supermarket when her vibrating panties made her faint with pleasure.
The kinky 33-year-old housewife was wearing a pair of battery-operated "Passion Pants" bought from a sex shop, while she did her shopping. But she got so stimulated by the 6cm vibrating bullet in the panties that she lost consciousness. She fell and hit her head in the crowded supermarket in Swansea, Wales. When paramedics arrived, they found her black imitation leather knickers still buzzing. They took them off before an ambulance took her to hospital The woman suffered no long-lasting ill-effects. As she left the hospital, a paramedic gave her back the "Passion Pants" in a plastic bag.

 事実はジョークより可笑し
1.
患者が外科手術中にオナラをしたため、生殖器が燃えてしまったという信じられない話。
30歳の男性患者がお尻のホクロを電気メスで削除する手術中に、お腹に溜まったガスをブーっと出したため、電気メスのスパークがオナラに点火し、男性器を浸しておいた外科用アルコールに引火した。現在病院を訴えているこの患者は、「私が気付い時は、ペニスと陰嚢は丸焦げ状態で、ひどいものでした。痛みもさることながら、私は女房とセックスすることが出来なくなってしまったんです」と語った。デンマークのクヘルプスにあるこの病院の外科医は、「これはお気の毒な事故でした」と述べている。

2.自分の睾丸がデッキチェアの木の板の間にはさまって、抜けなくなってしまい大恥をかいた男の話。
クロアチアのヴァラルタ海岸で素っ裸で泳いだマリオ・ヴィスニックは、冷たい海水で睾丸が縮み上がってしまったまま、海から上がるとデッキチェアに腰掛け、日光浴を楽しんでいた。縮み上がった睾丸はデッキチェア座部の狭い木の隙間をスルリと通り抜けて座部の下にぶる下がったが、日の光で温められもとの大きさまで回復したため、今度は隙間を通過することが出来なくなってしまった。彼は自分の携帯電話で海岸監視管理所を呼び出し、そこのスタッフにデッキチェアを半分に切断してもらうことで、窮地を脱したという。

3.バイブレーター付きの半ズボンで気持ちよくなって、スーパーマーケットで買い物中に失神した女の話。
エッチが大好きな33歳の主婦が、ポルノショップで買ってきた電動バイブレーター付きの「喜びパンツ」を履いて買い物に行った。しかし彼女は買い物の最中、バイブレータの先についた6cmのピストンの刺激に気持ちよくなりすぎて気を失い、ウエールス州スワンシア(イギリス)にある、スーパーマーケットで倒れて頭を打ってしまった。駆けつけた救急看護士達が彼女に近付くと、彼女の人工皮革の半ズボンが震動していることに気付いた。看護士はブルブル震動している彼女のパンツ(=半ズボン)を脱がせてから、この女性を救急車に乗せて病院に運んだ。この女性は後遺症もなく直ぐに正常な状態に戻った。彼女が病院から出る時に、看護士の一人がビニール袋に入れた彼女の「喜びパンツ」を返したという。


45-25 37 mating positions
 W
hat a rip-off!
I went into our local bookstore and saw this huge display with a sign saying "Newly translated from the original French: 37 mating positions."
Noticing that the books were already wrapped in plain brown paper, I just had to buy one.
Once safely at home I opened it, out of sight of my wife, and found that I had just purchased an expensive book about Chess.

 37種類の体位
 とんでもないぶったくり商法だ!
近くの本屋入ったら「37種類の体位!フランス語原本 から新訳本発売」、という大きな宣伝文句の垂れ幕が下がっていた。
この本は茶色い包装紙でしっかり封がされていて中味を見ることが出来なかったので、私は本を一冊買わざるを得なかった。
家に戻ると妻が居ない部屋でこっそりと、その包装紙を破って中味を確かめた。何て高いチェスの本を買ってしまったんだ!

Mating positionsは「セックスのための体位」と思いがちですが、
チェスの本ならば 「王手をかける(check mate)のmateのための37種類の布陣(positions)」という意味になります。
「フランス語原本の37種類の体位」と思って買ったのなら、「ペテンだ!」と怒りたくなりますね。

45-26 Too complicated to tell
 A
psychiatrist asked a patient who came over to his clinic.
"How did you get here? What was the nature of your illness?"
He got this reply.
"Well, it all started when I got married and I guess I should never have done it. I got hitched to a widow with a grown daughter who then became my stepdaughter. My daddy came to visit us, fell in love with my lovely stepdaughter, then married her. And so my stepdaughter was now my stepmother. Soon, my wife had a son who was, of course, my daddy's brother-in-law since he is the half-brother of my stepda ughter, who is now, of course, my daddy's wife. So, as I told you, when my stepdaughter married my daddy, she was at once my stepmother! Now, since my new son is brother to my stepmother, he also became my uncle. As you know, my wife is my step-grandmother since she is my stepmother's mother. Don't forget that my step-mother is my step-daughter. Remember, too, that I am my wife's grandson, because my step-mother is my step-grandmother's daughter. But hold on just a few minutes more. You see, since I'm married to my step-grandmother, I am not only the wife's grandson and her husband, but also I am also my own grandfat her. Now can you understand how I've got depressed, doc."

 あまりに複雑な関係
 精神科医が彼のクリニックにやって来た患者に質問した。
「なぜ、ここにいらしたのですか?あなたの抱える悩みとは何ですか?」
患者が説明を始めた。
「私が結婚したことがその悩みの始まりでした。結婚なんかしなければ良かったと今では思っています。私は成人した娘を持つ未亡人と結婚しました。つまり彼女の連れ子は私の義理の娘となったわけです。そこへ私の父親が訪ねてきて、私の可愛い義理の娘にぞっこんになってしまい、彼女と結婚してしまったのです。その結果私の義理の娘は、同時に私の義理の母(=父親の後妻)になってしまいました。やがて私の妻が私との間に出来た息子を出産しました。もちろんこの男の子は、私の義理の娘でありかつ私の父と結婚したので義理の母にもなった私の妻の娘の義理の弟にあたるわけですね。<ここまでのところ理解できますね?【管理人】>

私の義理の娘は私の実の父親と結婚したため、直ちに彼女は私にとって義理の母親にもなったって話をしましたよね?そうして現在私達夫婦の間に新しく生まれた息子は、私の義理の母親とは義理の姉弟という関係になるので、私にとっては自分の息子が(義理の母の弟だから)叔父さんでもあるということにもなりますよね?<この姻戚関係の理屈はわかりますね?>

さらに言うと私の妻は、義理の母親(=妻の連れ子)の母親にあたるわけですから、私にとっては義理の祖母(=義理の母親の母親)ということにもなります。それから私の義理の母親は義理の娘と同一人物だ、という事実を忘れては困ります。それから私の義理の母親は、私の義理の祖母(=私の妻)の娘ですから、私は理屈の上では私の妻の孫という立場にもなります。<頭がおかしくなりそうです>

別の観点からちょっと考えさせて下さい。私は義理の祖母と結婚したのですから、私は妻の孫でかつ夫であるばかりでなく、自分自身に対しては祖父(=義理の祖母の夫ということは祖父という理屈)でもある、ということになります。そういった状況なので、私が落ち込んでいるという事情は充分わかっていただけますよね、先生?」


45-27 Test for Dementia
1. Say "silk" five times. Now spell "silk." What do cows drink?
Answer: Cows drink water.
If you said "milk," your brain might be overheated and defunctionalized.

2. If a red house is made from red bricks and a blue house is made from blue bricks and a pink house is made from pink bricks and a black house is made from black bricks, what is a green house made from?
Answer: Greenhouses are made from glass.
If you said "green bricks," what are you still doing here reading these questions?

3. It is twenty years ago, and a plane is flying at 20,000 feet over Germany (If you recall, Germany at the time was politically divided into West Germany and East Germany.) Anyway, during the flight, one of the engines fails. The pilot, realizing that the remaining engine is also failing, decides on a crash landing procedure. Unfortunately the engine fails before he has time to control and the plane fatally crashes smack in the middle of "no man's land" between East Germany and West Germany. Where would you bury the survivors? East Germany or West Germany or in "no man's land"?
Answer: You don't, shouldn't - of course, bury survivors.
If you said ANYTHING else, you are really stupid or cold-blooded.

 ボケ度テスト
1.「絹(Silk)」と五回発音して下さい。そしてSilkと書いて下さい。さて、牛が飲む物といえば何でしょう?
答:牛が飲むのは水です。
もしあなたが「ミルク」と答えたなら、あなたの脳は過熱状態で使い物になっていない証拠です。

2.赤い家が赤い煉瓦で作られ、青い家が青い煉瓦で作られ、ピンクの家はピンクの煉瓦で作られ、黒い家は黒い煉瓦で作られています。緑の家(Green House)は何で作られているでしょうか?
答:Green House(温室)はガラスで作られます。 もしあなたが「緑の煉瓦」と答えたなら、あなたはこういう引っ掛けの質問を読んで、 一体何をボケーっと考えていたんですか!?

3.20年前に飛行機が一機ドイツ上空を飛んでいました。その当時のドイツは(東西冷戦)政治情勢のため、西ドイツと東ドイツの二カ国に別れていたことを覚えていますよ ね?ま、とにかくその飛行機の二台のエンジンのうち一台が動かなくなりました。機長はもう一台のエンジンもやがて動かなくなることがわかったので、胴体着陸を強行することを決意しました。ところが不幸なことに、もう一台のエンジンは予想より早く止まってしまい、コントロール出来なくなった飛行機は東ドイツと西ドイツを分ける隔離無人帯へ向かって、真っ逆さまに墜落してしまいました。この事故の生存者をどちらに埋めるべきでしょうか?東ドイツ側?西ドイツ側?それとも無人地帯でしょうか?
答:生存者を埋めるなんて、そんなことはすべきではないでしょ!
もしこの質問に対して何かこれ以外のことを答えたとしたら、あなたは余程の間抜けか血も涙もない冷酷な人間か、どちらかに決まっています。


45-28 Saury in Meguro
 A
lord went horse-back with a group of his men. When they came to the Meguro area, his stomach started to rumble and he sensed a strange smell assailed his nostrils. It seemed someone was broiling something for lunch in a neighboring farmhouse. "What's that smell?" the lord asked one of his men. "Lord, I think it's the smell of saury," the man replied. "Really? I haven't tasted that before, have I?" said the lord. "No, Lord. Only commoners eat saury fish. I'm afraid it would not be to your taste," the man said. "Hold your tongue! I want to eat it. Go and get it!" "Yes, Lord."

 Being guided by the aroma, his men approached a farmhouse and found a farmer and his wife were grilling the fish. They explained the situation to them and the samurai were given some saury, which then they offered to their lord. In no time at all, the lord had eaten all the sauries from head to tail.

 For safety reasons, a taster always tasted food before it was served to the lord, so even a sumptuous meal would tend to get cold by the time it reached the lord's palate. But today's saury was glistening with oil, freshly cooked and piping hot. The lord returned to his castle and he couldn't forget the taste of saury.

 One day he was invited to his relative's house and he was asked what food he would like to be served. So he happily requested "saury." The cook was rather surprised, but he boiled fish, removing all the fat so it would not impair the lord's health. Thus the saury became dry and tastless. "Where did you get these sauries?" asked the lord. "We carefully chose the very best fish from the Nihonmbashi fish market."

 "Sorry, but these don't pass muster. When it comes to saury, you can't beat those from Meguro!"

 目黒の秋刀魚(さんま)
 殿様が家来を引き連れて馬で遠乗りに来ていたが、目黒の辺りまでやって来ると殿様の腹が空腹でグーっと鳴り出した。すると殿様の鼻に妙な香りがプーンと漂ってきた。どこか近くの農家で、お昼のおかずに何かを焼いているようだった。「この匂いは何じゃ?」と殿様は家来の一人に尋ねた。「殿、これは秋刀魚の香りでございましょう」と家来が答えたので、「まことか?余はまだ食したことがないようじゃな」と殿様は言った。「いかにも。秋刀魚は庶民の食べる魚にござりますので、殿のお口にはお合いになりますまい」と家来が答える。「黙れ!余は食べたいのじゃ!すぐに取って参れ」と殿様に言われ、家来達は「へへぇ〜」と命令に従った。

匂いを頼りに家来達は一軒の農家にたどり着き、中を覗くと百姓とその妻が秋刀魚を焼いていた。事情を説明して何匹かの魚を分けてもらい、殿様に差し上げた。「うむ、これが秋刀魚と申す魚か。美味であるぞ!」と殿様は、あっという間に全ての秋刀魚を頭から尻尾まできれいに平らげてしまった。

普段は家来が殿様の料理を毒味するので、どんな贅を尽くした料理でも冷えたものしか殿様の膳には供されない。ところが今日の秋刀魚は脂がたっぷり乗ってしかも焼きたてで熱々で出されたから、お城に戻った殿様は秋刀魚の味が忘れられなかった。

ある日殿様はご親戚の家に招かれお好みの料理を聞かれたので、大喜びで「秋刀魚を所望するぞよ」と答えた。料理人は驚いたが、殿様のお身体に障らぬように秋刀魚を蒸してすっかり脂を抜いて出したため、パサパサにしてまずいことこの上もなかった。「この秋刀魚はいずこより取り寄せた?」と殿様に下問された料理人は、「日本橋の魚河岸から一番上等なものを吟味して取り寄せました」と答えた。

「それでわかった。この秋刀魚はいかぬぞよ。秋刀魚は目黒に限るのじゃ」と、殿様は言った。

有名な古典落語です。
『英語で笑う落語(中山幸男・高橋プリシラ:光文社)』より抜粋転記させていただきました。

45-29 Mushroom
 A group of country neighbors wanted to get together on a regular basis and socialize.
As a result, about 10 couples formed a dinner club and agreed to meet for dinner at a different neighbor's houses each month. Of course the lady of the house was to prepare the meal.
When it came time for Don and Dawn Kissell to have the dinner at their house, like most women, Dawn wanted to outdo all the others and prepare a meal that was the best that any of them had ever lapped a lip over.
A few days before the big event, Dawn got out her cook book and decided to have mushroom smothered steak.
When she went to the store to buy some mushrooms, she found the price for a small can was more than she wanted to pay.
She then told her husband, "We aren't going to have mushrooms because they are too expensive."
He said, "Why don't you go down in the pasture and pick some of those mushrooms? There are plenty of them right in the creek bed."
She said, "No, I don't want to do that, because I have heard that wild mushrooms are poisonous."
He then said, "I don't think so. I see the varmints eating them all the time and it never has affected them."

 After thinking about this, Dawn decided to give this a try and got in the pickup and went down in the pasture and picked some. She brought the wild mushrooms back home and washed them, sliced and diced them to get them ready go over her smothered steak. Then she went out on the back porch and got Ol' Spot's (the yard dog) bowl and gave him a double handful. She even put some bacon grease on them to make them tasty.
Ol' Spot didn't slow down until he had eaten every bite. All morning long Dawn watched him and the wild mushrooms didn't seem to affect him, so she decided to use them.
The meal was a great success, and Dawn even hired a lady from town to come out and help her serve. She had on a white apron and a little cap on her head. It was first class.

 After everyone had finished they all began to kick back and relax and socialize. The men were visiting and the women started to gossip a bit.
About this time the lady from town came in from the kitchen and whispered in Dawn's ear. She said, "Mrs. Kissel, Spot just died."
With this news, Dawn went into hysterics.
After she finally calmed down, she called the doctor and told him what had happened. The doctor said, "It's bad, but I think we can take care of it. I will call for an ambulance and I will be there as quick as I can get there. We will pump out everyone's stomach and everything will be fine. Just keep them all there and keep them calm."
It wasn't long until they could hear the wail of the siren as the ambulance was coming down the road.
When they got there, the Emergency Medical Technicians got out with their suitcases and a stomach pump and the doctor arrived shortly thereafter. One by one they took each person into the master bedroom and pumped out their stomach. After the last one was finished, the doctor came out and said, "I think everything will be fine now,"and he left.

 They were all looking pretty peaked sitting around the living room, and about this time the town lady came in and said, "You know, that fellow that ran over Ol' Spot never even stopped."

 マッシュルーム
 田舎の村人達が気兼ねなく定期的に集まってお互いくつろぎたいと願っていた。
結果として10組の夫婦が毎月一回ずつ回り持ちで、一軒の家に集まり夕食を共にすることに決めた。もちろん集まる家の主婦が全員分の料理を用意しなければならなかった。
キッセル一家にその順番が回って来た時、夫のドンと妻のドーンは、自宅で夕食を準備することになったが、ドーンは今まで誰も口にしたことがないような素晴らしい夕食を作って、全員をアッと言わせたくてしかたなかった。
この夕食会の数日前にドーンは自分の料理書を取り出して、マッシュルーム味の蒸し焼きステーキを作ることに決めた。
彼女が食料品店にマッシュルームを買いに行くと、小さなマッシュルーム缶詰でさえ、彼女の予算をはるかに上回っていることに気付いた。彼女は夫のドンに「売っているマッシュルームは高すぎて、使えないわ」と言った。
「それなら村の牧草地まで歩いて行って、同じ種類のマッシュルームを自分で摘んでくればいいじゃないか。牧草地の小川の畔にはたくさんマッシュルームが自生しているからね」
「でも、それはちょっと危険よねぇ。だって野生のマッシュルームは有毒だって言うじゃない」と妻は反対した。
夫は「そんなことはないさ。小動物達はいつも野生のマッシュルームを食べていて、具合が悪くなった動物なんか見たことがないからね」と言った。

 暫く考えてからドーンは夫の言う通り試してみようという気になり、牧草地に出かけて野生のマッシュルームを摘むことにした。自分で摘んだマッシュルームを家に持ち帰り、水で洗い、蒸し焼きステーキ用に細切りと角切りに刻んだ。そして裏門に繋いでいる、番犬オルスポットの食事用の皿を掴んで台所に持ち帰った。そしてその皿の中に両手で一杯分のマッシュルームを入れて、味を良くするためにベーコンの油を加えて、オルスポットに食べさせた。
午前中ドーンはずっと番犬を観察していたが、野生のマッシュルームでオルスポットがおかしくなったようには見えなかった。
これなら大丈夫、夕食会の食事もこれを使おうと、彼女は決心した。この料理なら大成功に違いないと思い、彼女はわざわざ町から一人の女性を雇ってきて、白いエプロンと白い帽子を被らせて給仕をさせることまで決めた。超一流のレストランみたいに。

 さて夕食会が終わり、集まった村人達は、手足を伸ばしリラックスして、それぞれがお喋りに興じた。男性達はお互いに行ったり来たりしながらくつろぎ、女性達はゴシップ話に花を咲かせていた。
すると町から雇った女性が台所からやって来て、ドーンの耳に囁いた。「キッセルさん、犬のスポットが今死にましたよ」
この知らせを聞くとドーンは気が狂ったようになってしまった。
ようやく落ち着くと、ドーンは医者に電話をかけて何が起こったかを説明した。医者は「それは大変なことです。でも何とかしてみましょう。まず私が救急車を手配します。私も出来るだけ急いでそちらに向かいます。食事を食べた皆さん全員の胃を洗浄します。そうすれば助かりますから、いいですか、全員をその場に止めておいて、パニックを起こさないようにしていて下さい」
間もなくその家に止められた客達の耳に、道路の向こう側から近づいて来る救急車のサイレン音が聞こえた。
救急車が家に到着すると、救急隊員はすぐに用意したスーツケースを開き、胃洗浄機を取り出し準備を始めた。やがて医者も姿を現し、ひとりずつ診療台の上に寝かせて胃洗浄を行った。最後の一人の胃洗浄を終えると医者は「これで大丈夫」と言ってその場を去っていった。

 客達全員がゲンナリとして居間に戻ると、先程スポットの死を告げた、町から手伝いに来た女性が姿を現した。「まったくひどい話ですよ。オル・スポットを車で轢き殺した男ったら、車を停めることもなく逃げ去って行ったんですから…」

つまり番犬は轢き逃げされて死んだのですから、
マッシュルームによる食中毒の心配は全くなかったわけですね。

45-30 Proof : Girls are evil
1.First we state girls require time and money.
 Girls = Time × Money
2.We all know "Time is money."
 Time = Money
3.Therefore,
 Girls = Money × Money = (Money)2
4.And because "Money is the root of all evil,"
 Money = √Evil
5.Therefore,
 Girls = (Money)2 = (√Evil)2
6.And we are forced to conclude that:
 Girls = Evil

 女性は悪であるという証明
1.最初に女性は時間と金がかかるものであるという事実を述べる。
  女性 = 時間 × 金
2.「時は金なり」ということは誰でも知っている。
  時間 = 金
3.したがって、
  女性 = 金 × 金 = (金)2…(金の二乗)
4.そして「金は諸悪の根源」であるから
  金 = √悪
5.故に、
  女性 = (金)2= (√悪)2…(平方根「悪」の二乗、即ち悪)
6.よって次の結論が導かれる。
  女性 = 悪

#45-1〜1011〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80


*  
*