●Kazさんのページ

#45. Silly

#45-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜5051〜6061〜7071〜80

45-31 Can you cure my disease?
 A
young couple and a middle-aged man were sitting in the same train compartment.
The young woman cooed to her lover, "Darling, I have a sore cheek. Can you cure my disease?"
"Sure," the young guy kissed her on her cheek.
"Oh, great! The pain has gone!" she smiled at him.

 Some time later, she leaned forward, saying, "Darling, I have sore lips. Can you cure my disease?"
Her lover winked and passionately kissed her lips.
"Oh, great! The pain has gone again!" the girl smiled beamingly.

 The middle-aged man said to the guy. "Excuse me, young man. You seemed to be a very good doctor. Can you cure my disease?"
The young guy was perplexed and replied, "Well, honestly, I'm not a doctor, but what disease do you have?"
"Hemorrhoids," the man replied bluntly.

 私の病気を治せる?
 若い恋人二人と中年の男が、列車の仕切られた部屋で一緒に座っていた。
恋人の女性が彼氏に向かって、「ダーリン、私ほっぺが痛いの。私の病気を治せる?」と甘え声を出した。
「もちろんさ」と、恋人の男性は彼女の頬にキスをした。
「あぁ、いいわ。痛みが消えたわ」と彼女は恋人に微笑んだ。

 少し経ってから女性が恋人男性に寄りかかりながら、「ダーリン、私唇が痛いの。私の病気を治せる?」
彼氏はウインクをして、彼女の唇に熱烈なキスをした。
「あぁ、いいわ。今度も痛みが消えたわ」と彼女は恋人に、輝くような笑顔を見せた。

 すると中年の男が若い男性に向かって、「お若いの、君は腕の良い医者のようだね。僕の病気も治せるかね?」と尋ねた。
「いや、僕は医者じゃないんですけど、でもあなたの病気って何ですか?」と若い男性が戸惑いながら答えると、「痔だよ!」と男はぶっきらぼうに言った。

この中年男性は「お前、俺の痔にもキスして痛みを消してくれるか?
それが出来ないなら、俺の目の前でいちゃいちゃするなよ」、と言いたかったんですね。

45-32 Old gambler
 Q
uentin, 78, loved to gamble.
He gambled all his life, betting on sporting events, playing poker and visiting the track at least once a week.
When he died, all his gambling cronies gathered in the chapel for the service.
The eulogist, in an impassioned voice, intoned, "I can't believe Quentin is gone. No, he's not gone. Quentin only sleeps. He is not dead."
A 70-year-old buddy in the back shouted up, "I got fifty bucks for his death."

 年老いた賭博師
 78歳のクエンティンは大のギャンブル好きだった。
彼の一生は賭博師そのもの。スポーツ賭博、ポーカー賭博はもちろん、週に最低一回は競馬場へ足を運んでいた。
彼が亡くなった時、賭博仲間が教会での葬式に参列した。
友人を代表して一人の男が感情をこめて「クエンティンが死んだとは信じられない。彼は未だあの世へ行ったのではない。
クエンティンはただここで眠っているだけだ。死んだわけではない」と、弔辞を読んだ。
70歳の男が教会の後ろの席から声を上げた。「俺は奴が死んだという方に5ドル賭けるぞ!」
と男はぶっきらぼうに言った。


45-33 Searching for hair
 T
he balding middle-aged man asked his barber, "Why do you charge me the full price for cutting my hair -- there's so little of it."
"Well, "said the barber,"actually I make little charge for cutting it. What you're paying for is my searching for it!"

 髪の毛を探す費用
 中年の禿頭の男が「僕は殆ど毛がないのに、どうして一人前の調髪料金を取られるのかね?」と、床屋に尋ねた。
床屋は「実は調髪料金は殆どかかりません。あなたの場合髪の毛を探すための手間がかかるのでこうなるんですよ」と答えた。


45-34 The best friend
 A
rascal lived a hard life and barely managed not to starve to death.
One day he happened to pass a household that was holding the funeral of one of its family members.
He slipped in and cried bitterly in front of the memorial tablet of the dead.
Nobody knew him, so, surprised people asked him why he cried.
"I was best friends with the dead. We hadn't seen each other for months. Now he has passed away, how could I not feel sad? Since I just happened to be passing, I wasn't prepared for this. All I can do now is to cry for my best friend, which is an expression of our friendship."

 The family was deeply moved at this and invited him for dinner.
On his way home the rascal met a friend whose life was equally precarious.
"Where did you manage to eat and drink today?" the friend asked the rascal, who told him the story from beginning to end.

 The next day the friend also found a family that was holding a funeral and cried likewise.
When they asked him the reason, he replied that he was the best friend of the dead.
Before he had finished, however, he received a storm of blows and kicks.
The deceased of the family was a young housewife.

 一番親しい友人
 その日暮らしのならず者は、飢え死にならない程度のどん底生活をしていた。
ある日この男がたまたま通りかかった家の中では、一族縁者が集まって葬儀の最中だった。
ならず者はスルスルっと葬儀の席に潜り込み、位牌の前でひときわ大きな泣き声を上げた。
葬儀に参列していた人達が「なぜそんなに大声で泣くのか」と、男に尋ねると「私は亡くなった方と一番親しい友人だったのです。もう何ヶ月も会っていなかったのですが、まさか別の世界に行ってしまったとは…。悲しくて、悲しくて。偶然ここを通って悲しい事実を知り、心の準備も出来ていなかったので大声で泣かずにはいられませんでした。それがせめて親友にしてあげられる唯一のことです」と、男は涙声で語った。

 遺族は大変感動し、この見知らぬ男をその日の夕食に誘った。ならず者は腹を満たしてその家を出て、歩いている途中で仲間の浮浪者の一人に出会った。
「お前、今日はどうやって飯や酒にありついたんだ?」と浮浪者が聞いたので、ならず者は今日の出来事を最初から最後まで詳しく話してやった。

 翌日その浮浪者は別の場所で葬儀を行っている家を見つけ、友人のならず者がやったのと同じ手を使い、大声で泣きながら家の中に入り込んだ。
葬儀参列者がこの男に訳を尋ねたので、「私は亡くなられた方と一番親しい間柄だったのです」と説明を始めた途端、周りの人間から、よってたかって滅茶苦茶に殴られてしまった。
この日この場所で行われていたのは、若い人妻の葬式だったのだ。


45-35 Irritation, aggravation, and frustration
 A
boy asks his father to explain the differences among irritation, aggravation, and frustration.
His father picks up the phone and dials a number at random.
When the phone is answered, he asks, "Can I speak to Alf, please?"
"No! There's no one called Alf here," says the person who answered the phone.
His father hangs up.
"That's irritation," he says.

 He picks up the phone again, dials the same number, and asks for Alf a second time.
"No-there's no one here called Alf. Go away. If you call again I shall telephone the police," the person says.
His father hangs up and says, "That's aggravation."

 "Then what's frustration?" asks his son.
The father picks up the phone and dials the same number a third time.
"Hello, this is Alf. Have I received any phone calls?" he asks casually.

 いら立ち、腹立ち、欲求不満
 少年が父親に「いら立ちirritation、腹立ち aggravation、欲求不満 frustration」の違いについて説明を求めた。
父親は電話の受話器を持ち上げ、思いつくままの番号を押して電話をかけた。
電話がつながると父親は「アルフはいますか?」と受話器の向こう側の相手に話しかけた。
「いいえ、うちにはアルフなんていませんよ」と相手が答えたので、父親は電話を切って言った。
「これを『いら立ち』という」

 父親は受話器を持ち上げ、先程と同じ番号の相手に再び電話をかけてアルフはいるか?と、二度目の質問をした。
「うちにはアルフなんていないって言ったろ!いい加減にしろ。今度電話をかけてきたら警察を呼ぶからな」と、向こう側の相手は言った。
父親は電話を切って「これを『腹立ち』という」、と言った。

 「じゃ欲求不満ていうのは?」と息子が尋ねると、父親は再度同じ相手に電話をかけて、気楽な口調で話しかけた。
「もしもし、こちらはアルフですが、僕に何か電話がかかって来なかったかい?」


45-36 REASONS WHY MEN FAVOR HANDGUNS OVER WOMEN HP/INDEX
1.YOU CAN TRADE IN AN OLD 44 FOR A NEW 22, NO QUESTIONS ASKED.
2.YOU CAN KEEP ONE HANDGUN AT HOME, AND HAVE ANOTHER FOR WHEN YOU'RE ON THE ROAD.
3.IF YOU ADMIRE A FRIEND'S HANDGUN AND TELL HIM SO, HE WILL PROBABLY LET YOU TRY IT OUT A FEW TIMES.
4.HANDGUNS FUNCTION NORMALLY EVERY DAY OF THE MONTH.
5.YOU CAN BUY A SILENCER FOR A HANDGUN.

 男は女性よりも拳銃の方が好きな理由
1.古い44口径の銃を新しい22口径の銃に変えても、何ら質問をされない。
2.一丁を家に置いて、出かける時は別のもう一丁を持っていくことが出来る。
3.友達の持っている銃を誉めれば、多分彼はそれを貸してくれて何度か試させてくれる。
4.拳銃は毎月どの日も正確に機能する。(=女性の様に生理で機能しなくなることはない)
5.拳銃には消音器を付けることが出来る。


45-37 From other stall
 T
raveling down the interstate and needing to use the restroom, I stop at a rest area and head to the restroom.
I was barely sitting down when I heard a voice from the other stall saying: "Hi, how are you?"
I'm not the type to start a conversation in the restroom and I don't know what got into me, but I answered, somewhat embarrassed, "Doin' just fine!"
And the other person says: "So what are you up to?"
What kind of question is that? At that point, I'm thinking this is too bizarre so I say: "Uhhh, I'm like you, just traveling!"
At this point I am just trying to get out as fast as I can when I hear another question.
"Can I come over?"
Ok, this question is just too weird for me but I figured I could just be polite and end the conversation.
I tell them "No..I'm a little busy right now!!!"
Then I hear the person say nervously...
"Listen, I'll have to call you back. There's an idiot in the other stall who keeps answering all my questions…"

 Cell phones, don't you just love them!

 隣のトイレから
 私が州を越える車旅の途中、便意を催したのでサービスエリアで止まってトイレへ向かった。
ようやくトイレの便器に腰掛けて用を足そうとしていると、隣のトイレから声が聞こえた。「やぁ、元気かい?」
私はトイレで見ず知らずの人とお喋りするようなタイプの人間ではないし、会話を始めると何かトラブルに巻き込まれるかも知れないので、多少気まずい思いはしたが「あぁ、元気だよ」と素っ気なく答えておいた。
そうしたらこの男は「で、最近どうしているの?」と話しかけてきた。
いったいこの質問の意図は何なんだ?こいつちょっとおかしいんじゃないか?と訝しがりつつも、「あぁ…君と同じさ。旅行中ってわけだけど」と答えると、出来るだけ急いでここから逃げた方がいいなと、そこから出ようとした。
すると隣の男は「そっちへ行ってもいいかい?」と言ったものだから、こいつは変態に違いないと確信した。
出来るだけ丁寧に答えてこいつに気取られずに会話を終えようと考えて、「いや、ちょっと待って。今忙しい最中なんでね」と返事をした。
すると隣の男が神経質そうな声でこう言っているのが聞こえた。
「いいか、聞いてくれ。あとで電話をかけ直すから。となりのトイレにいる男が俺にずっと話しかけてくるんで困っているんだ…」

 携帯電話って、便利だけど時と場所をわきまえてね!


45-38 Mate Match
 O
n the morning show at WBAM FM in Chicago, Ill., they play a game for prizes, usually vacations and such, called "Mate Match." The DJ's ring someone at work and ask if they are married or in a serious relationship. If yes, then this person is asked 3 very personal questions that vary from couple to couple and asked for their significant others name and work Phone number. If the significant other answers correctly then they are winners.
This particular day (12-9-98) it got interesting:

DJ: HEY! This is Edgar on WBAM. Do you know "Mate Match"?
Contestant: (laughing) Yes I do.
DJ: What is your name? First only please.
Contestant: Brian
DJ: Are you married or what Brian?
Brian: Yes.
DJ: "Yes?" Does this mean your are married? or what? Brian?
Brian: (laughing nervously) Yes I am married.
DJ: Thank you Brian. OK, now, what is your wife's name? First only please Brian.
Brian: Sara.
DJ: Is Sara at work Brian?
Brian: She is gonna kill me.
DJ: Stay with me here Brian! Is she at work?
Brian: (laughing) Yes she is.
DJ: All right then, first question: When was the last time you had sex?
Brian: She is gonna kill me.
DJ: BRIAN! Stay with me here man.
Brian: About 8 o'clock this morning.
DJ: Atta boy.
Brian: (laughing sheepishly) Well
DJ: Number 2: How long did it last?
Brian: About 10 minutes.
DJ: Wow! You really want that trip huh? No one would ever have said that if itthere weren't a trip at stake.
Brian: Yeah, it would be really nice.
DJ: OK. Final question: Where was it that you had sex at 8 this morning?
Brian: (laughing hard) I ummmmm.
DJ: This sounds good Brian where was it?
Brian: Not that it was all that great just that her mom is staying with us fora couple of weeks and she was taking a shower at the time.
DJ: Ooooooh, sneaky boy!
Brian: On the kitchen table.
DJ: "Not that great?" That is more adventurous than the last hundred times I have done it.
Anyway, (to audience) I will put Brian on hold, get his wife's work number and call her up.
You listen to this. (Advertisements)
DJ: (to audience) Let's call Sara shall we?
(touch tones ringing) Clerk Kinko's.
DJ: Hey, is Sara around there somewhere?
Clerk: This is she.
DJ: Sara, this is Edgar with WBAM. I have been speaking with Brian for a couple of hours now.
Sara: (laughing) A couple of hours?
DJ: Well, a while anyway. He is also on the line with us.
Brian knows not to give away any answers or you lose soooooooo do you know the rules of "Mate Match"?
Sara: No
DJ: Good.
Brian: (laughing)
Sara: (laughing) Brian, what the hell are you up to?
Brian: (laughing) Just answer his questions honestly OK?
Sara: Oh, Brian!
DJ: Yeah, yeah, yeah. Sara I will now ask you 3 questions and if you answer exactly what Brian has said then the 2 of you are off to Orlando, Florida at our expense.
This does include tickets to Disney World, Sea World and tickets to see the Orlando Magic play.
Get it Sara? SARA! GET IT? Orlando Magic, Sara NBA
Sara. They are on strike Sara *helloooooo* anyone home?!?!
Sara: (laughing hard) YES, yes.
Brian: (laughing)
DJ: All right, when did you have sex last Sara?
Sara: Oh God, Brian. This morning before Brian went to work.
DJ: What time?
Sara: About 8 I think.
(sound effect) DING DING DING
DJ: Very good. Next question: How long did it last?
Sara: 12 - 15 minutes maybe.
DJ: Hmmmmm
(Background voice in studio: That's close enough. I am sure she is trying not to harm his manhood. )
DJ: Well, we will give you that one. Last question: Where did you do it?
Sara: OH MY GOD, BRIAN! You did not tell them did you?!?!
Brian: Just tell him, honey.
DJ: What is bothering you so much Sara?
Sara: Well It's just ...just that my mom is vacationing with us and........
DJ: SHE SAW?!?!
Sara: BRIAN?!?!
Brian: NO, no I didn't.
DJ: Ease up there sister. Just messin' with your head. Your answer?
Sara: Dear Lord. I cannot believe you told them this.
Brian: Come on honey, it's for a trip to Florida.
DJ: Let's go Sara we ain't got all day. Where did you do it?
Sara: In the ass.(long pause)
DJ: We will be right back. (advertisements)
DJ: I am sorry for that ladies and gentlemen.
This is live radio and these things do happen.
Anyway, Brian and Sara are off to lovely Orlando, Florida.

 ラブラブゲーム
 イリノイ州シカゴのFM局 WBAMのモーニングショーでは、クイズに正解すると旅行券などの賞品が当たる "ラブラブゲーム"(原文ではmate match)という番組をやっている。このクイズでは、誰かの職場に電話をかけ、まず結婚しているかまたは親密な関係にある人がいるかどうか尋ねる。答えが「はい」なら、カップルごとに異なる、三つの個人的な質問をする。次にその人の大切な相手の名前と電話番号を聞く。そして、電話に出た相手が質問に正しく答えると賞品が当たるという仕組みである。
1998年12月9日に放送された番組は特に面白い展開になった。

DJ: ハイ! WBAM のエドガーです。"ラブラブゲーム" は知ってますか?
参加者: (笑い)ええ、知ってますよ。
DJ: 名前は? ファーストネームで結構です。
参加者: ブライアン。
DJ: ブライアン、結婚してますか? それとも…
ブライアン: はい。
DJ: "はい?"それは結婚してるってこと? それとも…
ブライアン: (はにかんだ笑い)ええ、結婚してます。
DJ: ありがとう、ブライアン。じゃあ、奥さんの名前は? 名前の方だけ。
ブライアン: サラです。
DJ: サラはちゃんと機能してますか、ブライアン?
ブライアン: そんなこと言っちゃあ、殺される。
DJ: さあ、ブライアン! 彼女は機能してますか?
ブライアン: (笑い)ええ、してます。
DJ: OK。じゃあ、第 1 問。最後に 二人でセックスしたのはいつですか?
ブライアン: 殺されるってば。
DJ: ブライアン!さあ、男らしく行きましょう。
ブライアン: 今朝の 8 時頃です。
DJ: やるもんですね。
ブライアン: (恥ずかしそうな笑い)まあ。
DJ: 第 2 問。どれぐらい続きましたか?
ブライアン: 10 分ぐらい。
DJ: ワオ! 旅行を狙ってますね。賞品に旅行が賭かってなけりゃあ、そんなこと言う人いませんもんね。
ブライアン: まあ、結構いい賞品みたいですよね。
DJ: OK.最後の質問です。今朝 8 時にセックスした場所はどこですか?
ブライアン: (大笑い)え〜と、あのぅ…
DJ: 結構いいとこみたいですね、ブライアン。さあ、どこですか?
ブライアン: そんないいとこじゃなくって…サラの母親が 2 週間ほど泊まりに来てるんです。
それで、お母さんがシャワーを浴びている時に…
DJ: オ〜〜〜ォ。こっそりってヤツですね。
ブライアン: キッチンのテーブル。
DJ: "いいとこじゃない"って?今まで百回ぐらいの番組で、こんなスリルのある場所はありませんねえ。
それはさておき、(リスナーに向かって) ブライアンにはこのまま電話で待っていてもらいます。
奥さんの職場の番号を聞いたら電話を入れます。では、お知らせです。 (コマーシャル)
DJ: (リスナーに)サラを呼んでみましょう。(ピッ、ポッ、パッ)
事務員: キンコ株式会社です。
DJ: ハ〜イ、サラはいますか?
事務員: 私です。
DJ: サラ、WBAM のエドガーです。2 時間ほどブライアンとお喋りしてたんですけど。
サラ: (笑い)2 時間?
DJ: まあ、少しの間。ところで、今ブライアンとも電話がつながってます。
ブライアンがヒントを出したら失格になっちゃうんですが、"ラブラブゲーム" のルールは知ってますか?
サラ: いいえ。
DJ: 結構。
ブライアン: (笑い)
サラ: (笑い)ブライアン、一体何やってるの?
ブライアン: (笑いながら)質問に答えて、正直にだよ。分かった?
サラ: ねえ、ブライアン。
DJ: 分かった、分かった、サラ。これから三つ質問を出します。
ブライアンが答えた通りの回答だったら、お二人をフロリダのオーランドにご招待します。
ディズニー・ワールドとシー・ワールドの入場券付きで、オーランド・マジックのバスケットボールの試合も見れます。
サラ、オーランド・マジックだよ。サラ、NBA。 ストライキでも始めたかな? サラ?ハロ〜〜ォ、誰かいますか?
サラ: (大笑い)ええ、大丈夫よ。
ブライアン: (笑い)
DJ: よし。最後にセックスしたのは、サラ?
サラ: まあ、ブライアンったら…。今朝、夫が仕事に行く前よ。
DJ: 何時?
サラ: 8 時頃だったと思うわ。(効果音)ピンポン、ピンポン、ピンポ〜ン
DJ: 正解です。じゃあ次の質問。どれぐらい続きましたか?
サラ: 12 分から 15 分ぐらいかしら。
DJ: ん〜ん?(調整室の声:すれすれ正解。きっと旦那さんの顔を立ててるんだよ。)
DJ: そうだね。じゃあ次の質問行きます。最後の質問。セックスしたのはどこ?
サラ: まさか、ブライアン。そんなこと言わなかったでしょうね?
ブライアン: ちゃんと答えて、ハニー。
DJ: どうしちゃったんですか、サラ?
サラ: え〜、今ちょっと母親が家に来てるんです、休暇なんで。それで…
DJ: 見られた?
サラ: ブライアン!?!?
ブライアン: いや、そうじゃない。
DJ: まあまあ、奥さん落ち着いて。考えに集中して、さあ、答えをどうぞ。
サラ: も〜ぉ、こんななこと喋っちゃったなんて信じられない。
ブライアン: なあ、お前、フロリダ旅行だよ。
DJ: サラ、答えをどうぞ。一日中待ってるわけには行かないよ。さあ、どこだった?
サラ: お尻。(長い沈黙)
DJ: お知らせです。(コマーシャル)
DJ: みなさん、どうも失礼しました。こういうことは生放送につきもんなんです。
さて、このブライアンとサラですが、素敵なフロリダ旅行に旅立つことになりました。

45-39 Handwriting
"Can you do anything that other people can't?"
"Sure, I can read my own handwriting."

 手書き
「あなたは、他人には出来ないことが出来ますか?」
「もちろんです。僕は手書きの僕の字を読むことが出来ます」

自分の手書きは他の人は誰も読めない、つまり判読不能な悪筆だということです。

45-40 Piano tuner
 M
rs. Coltrane was playing the piano frantically in the living room when there was a knock at the front door.
When she opened it, she found an old man standing outside.
"I'm the piano tuner, madam."
"But I didn't order a piano tuner."
"I know, madam," said the old man, "but your neighbors did."

 ピアノ調律師
 コルトレーン夫人が居間でピアノを夢中になって弾いていると、玄関がノックされた。
夫人が玄関を開けると、年取った男が外に立っていた。
「奥様、私はピアノ調律師です」と男が言うので、「ちょっと待って、私ピアノの調律なんて頼んでないわよ」とコルトレーン夫人は文句を言った。
「わかっております」、と年取った男が応えた。
「でも、お隣の方がそうするようにと注文されたんです」

夫人の弾く下手くそなピアノがうるさくてたまらない隣人が、調律師を頼んだのです。

#45-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜80


*  
*