●Kazさんのページ

#45. Silly

#45-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50・51〜6061〜7071〜80

45-41 History of the orchestra
 I
n the beginning, there were only wind instruments in the orchestra.
Then, they noticed that many of the people were too stupid to play wind instruments, so they gave them large boxes with wires strapped across them.
These people were known as "strings".
Then they noticed that some people were too dumb to play strings, so they were given two sticks and were told to hit whatever they wanted.
These people were known as "percussionists".
Finally, they noticed that one percussionist was so dumb, he couldn't even do that, so they took away one of his sticks and told him to go stand in front of everybody.
And that was the birth of the first conductor.

 オーケストラ(楽団)が出来るまでの歴史
 始めに楽団にあったのは管楽器のみだった。
しかし世の中には愚かな人間が多く、管楽器を演奏できる人間が少なかったので、楽団では大きな箱に鉄線を巻いてそれらの人々に渡した。
これらは弦楽器と呼ばれるようになった。
しかし弦楽器すら演奏出来ない愚かな人間もいたので、楽団ではそういった人達には二本の棒を渡して、どこでもいいから好きな場所をその棒で叩けと命じた。
これらの楽団員は打楽器演奏者と呼ばれるようになった。
最後に二本の棒で叩くことすらおぼつかない愚かな打楽器奏者に対して、楽団は彼の一本の棒を取り上げて皆の前に立つように命じた。
これが最初の指揮者になった


45-42 Missing husband
 A
nne is getting worried.
Her husband Bernie walked out of their house earlier that day and hasn't returned.
At 9pm she goes to her local police station to report a missing person.
While she's giving details to the officer in charge, she gives him a photo of Bernie and says, "When you find him, could you please tell him that my mother didn't come after all. She cancelled her plan to visit us and decided she would stay the week at my brother's house instead."

 行方不明になった夫
 アンヌは夫のバーニーが、その日早くから家を出て行って戻ってこないので、心配で仕方なかった。
夕方9時になったので彼女は地元の警察署に出向き、夫が行方不明になったと届け出た。
担当の警察官に夫の風体について詳しく説明した後にバーニーの写真を渡して、「もし夫を発見したら、こう伝えてくれませんか?『私のママは結局来ないことになったの。彼女は我が家を訪れる予定をキャンセルして、代わりに私の弟の家でこの一週間過ごすことになったって』」

義理の母親が家にやってくるのが嫌で、この男は家出したのですね。

45-43 Speech impediment
 O
ver drinks one afternoon, George and I were discussing our former "loves."
I told him that I once broke-up with a girl long ago because she had a seemingly incurable speech impediment.
George said, "Bill, I'm shocked. I never know you to be one to be prejudiced against handicaps. What was the girl's problem?"
Taking a sip, I paused and reflected. "She couldn't say 'yes.'"

 言語障害
 ある昼下がり僕と友人のジョージは酒を飲みながら、我々二人の過去の恋愛について話していた。
明らかに言語障害の持ち主だった女性と、ずっと昔に別れた話をすると、ジョージは「ビル、その話はショックだな。君が身体障害者に対してそういう偏見を持っていたとは思わなかったよ。いったいその女の子の言語障害問題というのは何だったの?」と言った。
ゆっくりと酒をすすってから、遠い昔を思い出しながら僕は答えた。「彼女は『いいわよ』と言えなかったんだよ」


45-44 A wise decision
 O
ne day an honest plasterer named Kintaro found a purse on the road.
When he picked it up and opened to find 3-ryo in it.
He learned the owner's name Kichigoro, a carpenter, written on the purse.
Kintaro soon brought the purse to him.
"Hey, you dropped it in Yoshiwara and I picked it up," said Kintaro to Kichigoro.
"Don't be such a busybody. That money said farewell to me and it's yours. Put it back in your kimono and take it away," Kichigoro replied.
"I don't want other man's money," said Kintaro.
After bandying words back and forth for some time, they ended up wrestling with each other.
Just then Kichigoro's landlord arrived to mediate and finally he proposed that he would take that purse to the magistrate's office.
"Suit yourself!" both Kintaro and Kichigoro barked.

 Later at his office, the magistrate Ooka Echizennokami spoke to Kintaro and Kichigoro, "The two of you both refuse to take the 3-ryo, right?"
"Yes, sir," they replied in unison.
"I, Echizen, admire your moral character. Let me give you each a gift. I'll add 1-ryo to the 3-ryo, making it four. I will give you 2-ryo each. Go on, take 2-ryo each without saying anything," the magistrate ordered.
"Yes, sir," the plasterer and the carpenter bowed and received 2-ryo each.
"In this way, both Kintaro and Kichigoro lose 1-ryo each. I also lose 1-ryo from my pocket," said Ooka Echizennokami sagely.
"That means these three people lose only 1-ryo each!"

 三方一両損
 ある日左官屋の金太郎が道に落ちていた財布を拾うと、中に三両入っていた。
その財布には「大工吉五郎」と書かれていたので、彼は持ち主の所へその財布を届けた。
「お前、この財布を吉原で落としたろう。ほら、こうして持ってきたやったぞ」と金太郎が言うと、吉五郎は「お節介なことしやがるな。この金は俺に愛想がつきたって勝手に離れていったんだから、こいつはお前のものだ。お前の着物の懐に入れて、とっとと持って帰んな」と言い返した。
「冗談じゃねぇ、他人の金なんかもらえるか」と金太郎も譲らず、押し問答の末二人は取っ組み合いの喧嘩になってしまった。
そこに吉五郎の大家が仲裁にやって来て、すったもんだした挙げ句、大家がこの財布を奉行所へ届けたらどうかと提案した。
「勝手にしやがれ」、と金太郎も吉五郎もわめいた。

 さて奉行所で、奉行大岡越前守が金太郎と吉五郎に問いかけます。「両名ともこの三両は受け取らんと申しておるそうだな?」
「へへぇ、その通りで」と両名が声を合わせて答えます。
「両名の気っ風の良さには、この越前いたく感服した。褒美をとらすぞ。こうしてわしが一両をこの三両に足せば四両となろう。それを二両ずつに分けるので、そち達は何も文句を言わずにそれぞれ二両ずつ受け取るのじゃ」と、奉行に命じられた二人は「ははぁ〜」と平伏して、それぞれ二両ずつ受取った。
「かようにいたせば、金太郎も吉五郎も一両ずつ損をして受け取ることになる。わしも一両自腹を切って損をしたことになるのぉ」と、大岡越前守はしたり顔で言った。
「これで三方一両損じゃ」


45-45 My dog does not bite
 A
man walks into a shop and sees a cute little dog.
He asks the shopkeeper, "Does your dog bite?"
The shopkeeper says, "No, my dog does not bite."
The man tries to pet the dog and the dog bites him.
"Ouch!" He says, "I thought you said your dog does not bite!"
The shopkeeper replies, "Yes, but that is not my dog!"

 私の犬は噛みつきません
 一人の男が店に歩いて入って来ると、可愛い子犬が居るのに気付き、店の主人に「あなたの飼っている犬は噛みつきますか?」と尋ねた。
店の主人は「私の飼っている犬は噛みつきませんよ」と答えたので、男はそこに居た犬を撫でようとしたら、その犬ががぶりと噛みついた。
「ア、イテテ」と男は叫んで、「あなたの犬は噛みつかないって、言ったじゃないですか」と店主に文句を言った。
店主が答える。「えぇ、私が飼っている犬は噛みつきませんけど、この犬は私の犬じゃありませんよ」


45-46 Intelligence
 A
little boy went up to his father and asked, "Dad, where did my intelligence come from?"
The father replied, "'Well, son, you must have got it from your mother, because I still have mine."

 知性
 少年が父親に尋ねた。「パパ、僕の知性はどこからもらったの?」
父親が答える。「息子や、それはお前の母親からに違いない。なぜなら私は今でも知性を持っているからな」

母親は産んだ息子に自分の知性を取られてしまったのだ、と言っています。

45-47 Overdraw
 B
enny is watching his wife Rachel writing out a cheque.
As it's very rare for Rachel to write out a cheque, he asks, "Who are you sending the cheque to, darling?"
"I'm sending a cheque for ?120.56 to Mr. Jones, our bank manager," she replies.
"Why do you need to do that, dear?" Benny asks.
"Because," replies Rachel, "he has just phoned to tell us that we are overdrawn by that amount."

 過剰引き出し
 ベニーは妻のレイチェルが小切手を切るのを見つめていた。
レイチェルが小切手を切るのはとても珍しいので、「ダーリン、誰に小切手を切っているのかね?」と聞いた。
「私はうちの銀行担当者であるジョーンズ氏に120.56ポンドの小切手を切っているのよ」と妻が答えたので、「ダーリンなぜ、そうしなければならないのかい?」とベニーは尋ねた。
「だって、ジョーンズ氏から『お宅の口座はその金額だけ過剰引き出しで、残高不足になっています』という電話をもらったからよ」

過剰引き出しで残高不足の口座から、さらに小切手を切って払おうとしても無理ですよね。

45-48 Occupation
"Dad, which doctor should I become, a dentist or an eye doctor?"
"Son, you should become a dentist, because a man has only two eyes but 32 teeth."

 職業
「パパ、僕は大きくなったら歯医者になるか目医者になろうかと思っているんだけど、どっちが良いと思う?」
「息子や、歯医者になるべきだな。だって人間の目は二つしかないが歯は32本あるじゃないか」

歯医者になった方が、治療する箇所が多いので儲かるぞ、ということです。

45-49 Stopped clock
 E
ven a stopped clock is right twice a day.

 動かなくなった時計
 動かなくなった時計だって、一日二回は正しい時刻を表示する。

時計の針が動かなくなった時計でも、正しい時刻表示をする時が、午前、午後二回あるということですが、
だから何だ?って言いたいジョークですね。

45-50 Butcher
 G
ary goes to Jacob's Butchers for some meat.
As Jacob is wrapping his order, Gary says to him, "Jacob, you can congratulate me. My wife Susie has just given birth to a beautiful nine pound baby boy."
Jacob nods his approval in an absent minded kind of way and says, "Nine pounds, eh? With or without bones?"

 肉屋
 ゲーリーはジェイコブ肉屋へ、肉を買いに行った。
ジェイコブが注文された肉を包んでいる時、ゲーリーは「ジェイコブ、祝ってくれよ。僕の妻のスージーは9ポンドの可愛らしい男の子を出産したんだ」と話しかけた。
ジェイコブは頷きながら、うっかりいつもの癖でこう返事をしてしまった。「9ポンドだって?骨付きかい、それとも骨なしで?」

#45-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50・51〜6061〜7071〜80


*  
*