●Kazさんのページ

#45. Silly

#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜6061〜7071〜80

45-51 Condolence
 T
he bereaved family members are standing around a grave in a cemetery.
A minister is reading a passage of the Bible for the man who is going to be buried.
When he finishes reading, he persuades the attendants to give him condolences.
Nobody says anything.
The minister says again, "Let's share some good sentiments for this man."
Nobody says anything.
"PLEASE!!" the minister begs.
Finally a woman says, "Well, his elder brother was worse."

 弔辞
 遺族が墓地の中にあるひとつの墓の周りに立っていた。
牧師がこれから埋葬される男のなめに、聖書の一節を朗読していた。
朗読が終わると牧師は、この男に弔辞を献げてほしいと参列者に促した。
誰も何も言葉を発しなかった。
「彼のために何かひとつ、良いことを言ってあげて下さい」と牧師は再び促した。
誰も何も言葉を発しなかった。
「お願いですから!」と牧師は声を張り上げた。
しぶしぶ一人の女性が答えた。「まぁ、彼の兄の方が、もっと悪かったわよね」


45-52 A John Doe's life
 A
t 5; My sticky brown lips? No, I didn't eat chocolate!
At 18; I will play rugby with a spirit of fair play. Oh, was that below the be lt?
At 22; I applied for only your esteemed company.
At 28; You're the only one, darling. I will love you forever.
At 35; This is the finest house that we sell. You shouldn't miss it!
At 47; I'm not to blame. I was just ordered by my boss to breach the contract.
At 60; Honey, I would marry you again if I were reborn and met you again.
Epitaph; Here lies an honest, good Samaritan, devoted man of rectitude.

 山田太郎の一生
 5歳の時:べとべとした茶色い口だって? チョコレートなんて食べていないってば!
18歳の時:正々堂々とラグビーで戦います。え?汚いプレーだって?
22歳の時:入社試験に応募したのは、御社だけです。
28歳の時:君しかいないよ、ダーリン。一生君のことを愛し続けるよ。
35歳の時:当社の販売住宅では最上のものです。見逃したら二度と手に入りませんよ。
47歳の時:私が悪いんじゃありませんよ。上司が契約をやぶっても構わないと命じたからですよ。
60歳の時:ハニ−、生まれ変わっても僕は君と結婚するよ
墓標銘:正直で、困った人を助け、献身的で、清廉な男、ここに眠る

John Doeというのは、名前を出したくない時の男性名で、
日本語でいうと何野太郎兵衛、山田太郎(どこにでもある名)というイメージです。


45-53 Mixed-up
 M
r. Mix was not a bright man but he had a lot of friends.
One day he walking down the street when he met another man.
"Hey, Mr. Peterson! Long time no see.
You've changed so much! You used to be fat, but now you're so skinny. You had black hair, but you have gray hair now. And glasses. Didn't you wear glasses?"
The man frowned at him and said, "Sorry, I'm not Mr. Peterson. I'm Mr. Jones."
"Good heavens!" said Mr. Mix.
"You've changed your name too!"

 勘違い
 ミックス氏は決して利口な男とはいえなかったが、友人は沢山いた。
ある日彼が道を歩いている時、一人の男性にバッタリ出会った。
「やぁ、ピーターソン、久しぶり!君は随分変わりましたな。昔太っていたけど、今じゃそんなに痩せているし、髪の毛も黒からかなり白くなったねぇ。そうそう眼鏡をかけていないけど、昔は眼鏡をかけていたよね?"
呼び止められた男は眉をひそめると、「失礼、私はピーターソンではありません。私の名前はジョーンズです」と答えた。
するとミックス氏が言った。「なんてこった!君は名前まで変えたのか!」


45-54 Hairdo
 A
shaven-head guy came to a beauty salon and a young mop-head coiffeur showed him to the chair in front of a big mirror.
"How would you like to set your hairs?" the coiffeur asked him.
"Well," the shaven-head guy slyly smiled from ear to ear and said "If you can make my haido as exactly as yours, I'll give you $1,000. If you can't, you must pay me $100. Needless to say, you are not allowed to use a toupee. You bet?"
The young mop-head coiffeur promptly nodded, "Yes, let's make a deal!"
He took his electric hair clipper and cut his own moppy hair to a crop hair.
He then spread shaving cream on his head and shaved all his cropped hair with a razor blade.
He smiled beamingly, "Will you pay me $1,000?"

 髪型
 スキンヘッドの男が美容院に入って来たので、もじゃもじゃ頭の若い男性美容師がその男を大きな鏡の前の席に案内して、「どのような髪型にいたしましょうか?」と聞いた。
「そうだな」、とスキンヘッドの男は狡猾そうな笑いを浮かべて言った。
「俺の髪型をお前と全く同じ髪型にしてくれたら、1,000ドル払おう。でも出来ないと言うのなら、お前が俺に100ドル払うっていう賭けはどうだ?」
若いもじゃもじゃ頭の美容師は即座に肯いた。「いいですとも、賭けに乗りますよ」
美容師は電気バリカンを取り出すと、自分のもじゃもじゃ髪を坊主頭に刈り取り、次にひげ剃りクリームを頭中に塗りまく
ってから、剃刀を使ってツルツルに剃り上げた。
美容師はニッコリ笑いながら「それでは、1,000ドルお支払い下さい」


45-55 Real musical instruments
 A
near-sighted drummer, who was tired of being ridiculed by his peers, decided to learn how to play some "real" musical instruments.
He went to a music store and walked in and said to the store clerk, "I'll take that red trumpet over there and that accordion."
The store clerk frowned at him and replied, "OK, you can have the fire extinguisher over there, but the radiator has to get stay."

 本当に使える楽器
 近眼のドラム奏者が音楽仲間にさんざんけなされることに辟易として、何か近眼でも使える楽器をマスターしようと決心した。
彼は楽器店に出向くと店員に「あそこにある赤いトランペットと、そこにあるアコーディオンを見せてほしい」と言った。
店員は眉をひそめてからこの男に、「わかりました、あそこにある消火器はお持ち帰りできますが、ここの暖房用ラジエーターは動かせませんよ」と言った。


45-56 Identical twin
 A
woman has identical twins, and gives them up for adoption.
One of them goes to a family in Egypt, and is named 'Ahmal.'
The other goes to a family in Spain; they name him 'Juan.'
Years later, Juan sends a picture of himself to his birth mother.
Upon receiving the picture, she tells her husband that she wishesshe also had a picture of Ahmal.
Her husband responds, "They're twins! If you've seen Juan, you've seen Ahmal."

 一卵性双生児
 一卵性双生児を出産した女性が、その双子を養子に出した。
一人はエジプト人家族にもらわれて「アマル」と名付けられた。
もう一人はスペイン人家族にもらわれ「ファン」と名付けられた。
何年か経ってファンが自分の写真を産みの親に送って来た。
ファンの写真を見るなり産みの母親はもう一人の「アマル」の写真も見たいと、夫に言った。
夫は「二人は双子じゃないか!ファンの写真を見たということは、アマルの写真を見たことと同じだよ」


45-57 Newspaper
 W
hat's the difference between a newspaper and a television set?
You can't swat a fly with a TV set.

 新聞
 新聞とテレビジョンとの違いは何か?
テレビジョンで蝿をピシャっと叩くことは出来ない。

新聞もテレビも内容は大して変わらないが、
テレビには「ハエ叩き」という用途は無い、ということ。


45-58 Great-Uncle George
 T
he Smiths were very proud of their family tradition.
Their ancestors had come to America on the Mayflower.
They had included Senators and Wall Street wizards.
They decided to compile a family history, a legacy for their children and grandchildren.
They hired a fine author.
Only one problem arose: how to handlethat great-uncle George, who was executed in the electric chair.
The author said he could handle the story tactfully.
The book appeared.
It said, "Great-uncle George occupied a chair of applied electronics at an important government institution, was attached to his position by the strongest of ties, and his death came as a great shock."

 ジョージ大叔父さん
 スミス一家は家系を大いなる誇りとしていた。
スミス家の先祖はメイフラワー号に乗ってアメリカにやって来て(=最初の移民である)、彼等の一家からは上院議員やウオールストリートで大金持ちになった人々を輩出しているので、子供や孫達のために一家の歴史を一巻の書物にしようということになった。
スミス家は著名な作家を雇ったが、スミス家の歴史を綴る上で問題が一つあった。
それは電気椅子で死刑となったジョージ大叔父さんのことを、どう取り扱えばよいかということである。
雇われた作家は史実を曲げず、名誉を損ねぬ書き方で対処しましょうと言った。
さて本が出来ると問題の部分は次の様に描かれていた。
「ジョージ大叔父さんは政府の重要な部署で、電気を応用した椅子の仕事に従事(attached)していた。彼は自分の仕事(position)に最大のこだわり(tie)を持っており、彼の死は大きな衝撃(shock)となった」

刑務所(an important government institution)で、その姿勢(position)が動かぬよう、
電気椅子(a chair of applied electronics)にがっちり縛り付けられ(by the strongest of ties)たジョージ大叔父さんは、
電気ショックで死に至った(death came as a great shock)ということを、
上記の様な言い回しで誤魔化しているのです。


45-59 It was so cold that….
#1. Playboy magazine stopped publishing because no women would take their clothes off.
#2. Starbucks was serving coffee on a stick!
#3. When I dialed 911, a recorded message said, "Sorry, we'll be there in the spring."
#4. Kids were using a new excuse to stay up late: "But Mom, my pyjamas haven't thawed out yet!"

 寒さがあまりに厳しいので・・・
#1.雑誌プレーボーイが発刊中止となった。なぜならヌード写真撮影のために服を脱ぐ女性が誰もいなくなったからだ。
#2.スターバックスではコーヒーがアイスキャンデー状で売られるようになった。
#3.警察に電話をかけたら「そちらへ出動するのは春になってからになります」という録音メッセージが聞こえた。
#4.子供達は夜更かしをする時に、言い訳に使うようになった。「だってママ、パジャマがまだ解凍していないもの」


45-60 Dire Poverty
 I
n the Edo Period in Japan, a burglar broke into a poor bachelor's house.
He was searching for anything valuable, but found nothing in the shabby house.
The man sleeping on the tatami mat woke up and noticed the stranger and spoke to him.
"Who are you? What are you doing?"
"I'm a burglar. Of course, I'm looking for money, you idiot!" the burglar was irritated.
"I see. I have been looking for money in this house every day but to no avail. Please let me know if you find money here."
The man went to sleep again.

 極貧
 江戸時代、貧乏な一人住まいの男の家に真夜中泥棒が入った。
狭い家のあちこちを探したが金目の物はなにもない。
やがて寝ていた男が目を覚まし、「おい、お前は誰だ?何をしているんだ」と言った。
「俺は泥棒だよ。金を探しているに決まってるだろう!」と泥棒はイライラしながら答える。
「そうか、俺も毎日探しているけど、どこにもないんだ。もしこの家に金が有ったら教えてくれよ。」 
男はそう言うと、また寝てしまった。

#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60・61〜7071〜80


*  
*