●Kazさんのページ

#45. Silly

#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜70・71〜80

45-61 Smart Ass questions
#1. Why is pizza round but come in a square box?
#2. Why is it that if someone yells "duck" they are helping you, but if they yell "chicken" they are insulting you?
#3. If corn oil is made from corn, and vegetable oil is made from vegetables, what is baby oil made from?
#4. If you can't drink and drive, why do bars have parking lots?
#5. If bars aren't allowed to serve drunk people, then why is McDonald's still allowed to serve fat people?

 知ったかぶりの質問
#1.なぜ丸いピザを四角い箱に入れる必要があるんだろうか?
#2.誰かがあなたのことを"duck"(アヒル、口語で可愛い人)と呼んだ時は助けてもらえるのに、あなたを"chicken"(ニワトリ、口語で臆病者)と呼んだ時は、馬鹿にされなければならないのか?
#3.コーン油がコーン(トウモロコシ)は作られ、植物油は植物から作られるのなら、ベビーオイルは何から作られるのだろうか?
#4.酒を飲んだら運転してはいけないと云うのなら、なぜバーには駐車場が必要なのか?
#5.バーで酔っ払った人に酒を売ることが禁じられているのなら、なぜマクドナルドでは太った人に、太るもの(=ハンバーガー)を売ることは許されているのだ?


45-62 Lie detector robot
 A man bought a lie detector robot that slaps people who lie.
He decided to test it at dinner.

DAD : Son, where were you today during school hours?
SON : At school. (The robot slaps the son!)
SON : Okay, I went to the movies.
DAD : Which one?
SON : Harry Potter (The robot slaps the son again!)
SON : Okay, I was watching a porn movie.
DAD : What? When I was your age I didn't even know porno! (The robot slaps the dad)
MOM : Hahahahaha! Like father, like son. After all, he is your son!

 The robot gives mom a WHACK!

 嘘発見ロボット
 嘘をつくとその人を叩くというロボットを買ってきた男が、夕食の時そのロボットを試してみることにした。

父親:息子や、今日の授業時間中どこに居たかね?
息子:学校だよ。(ロボットが息子をピシャリ!と叩く)
息子:わかった、わかったよ。授業をサボって映画館に行っだんだよ。
父親:どんな映画を見たんだ?
息子:ハリーポッター。(ロボットが息子をピシャリ!と叩く)
息子:わかった、わかったよ。ポルノ映画を見たんだよ。
父親:何だって?わしがお前位の時は、ポルノ映画があることすら知らなかったぞ!(ロボットが父親をピシャリ!と叩く)
母親:ハハハハ、蛙の子は蛙。所詮この子は、あんたの息子よね。

 するとロボットが母親を、思い切り叩いた!!

母親が「この子はあんたの子よ」と言ったら、ロボットにひどく叩かれたということは、
この息子の実の父親は別の男性なんですね。(笑)

45-63 We can use them to swim, play tennis and ski
 T
hree prisoners are locked in a cell.
One takes out a harmonica and says, 'At least I can play a little music and pass the time.'
The second prisoner pull out a pack of cards and says, 'We can play games too.'
The third man pulls out a packet of tampons.
'Those aren't much use,' says the first prisoner.
'Yes, they are,' says the third prisoner.
On the packet it says we can use them to swim, play tennis and ski.'

 泳いだり、テニスやスキーをする時に使えます
 三人の囚人が牢屋に閉じ込められていた。
最初の囚人がハーモニカを取り出して、「僕は音楽を演奏出来るので、少しは暇つぶしができる」と言った。
二番目の囚人がトランプを取り出して「これで皆で遊べるしさ」と言った。
三番目の囚人はタンポンの包みをひとつ取り出した。
「そんなの役に立たないぞ」と最初の囚人が言うと、三番目の囚人が「いや、それが役に立つんだよ」と答えた。
「ほら、この包装紙に書いてあるだろ、『これは泳いだり、テニスやスキーをする時に使えます』って」


45-64 Dear Deer
 I
live in a rural area and recently I called the Highways Department to request the removal of the DEER CROSSING sign on our road, because too many deer are being hit by cars out here.
I don't think this is a good place for them to becrossing anymore.

 親愛なる鹿さんへ
 私は田舎に住んでいるが、最近高速道路管理事務所へ電話して、家の前の道路にある「鹿が横断」という看板を取り除くよう要請した。
というのはこの場所で何匹もの鹿が車に轢かれており、ここは鹿にとってもはや安全な横断場所といえなくなってきているからだ。


45-65 Television
 A young lady visited the government matchmaker for marriage and requested - "I'm looking for a spouse. Can you please help me to find a suitable one?"
The marriage officer said, "You're requirements please."
"Well, let me see. Needs to be good looking, polite, humorous, sporty, knowledgeable, good at singing and dancing. Willing to accompany me the whole day at home during my leisure hour, if I don't go out. Telling me interesting stories when I need companion forconversation and be silent when I want to rest."

 The officer listened carefully and replied, "I understand. You need a television."

 テレビジョン
 ひとりの若い女性が政府運営結婚斡旋機関を訪れ、「結婚相手を探しているんですけど、私に相応しい相手を見つけていただけますか?」と申し込んだ。
斡旋担当職員が、「あなたのご希望用件をお聞かせ下さい」と、この女性に言った。
「そうねぇ、まずハンサムな男性であること。ユーモアを解し、スポーツマンで、インテリで、歌も踊りも上手な人がいいわ。私が外出しないで家に居る時は、一日中でもずっと私と付き合ってほしいわ。私がお喋りがしたいと思った時は、いつも面白い話で私を退屈させない人で、私が休みたい時は黙って放っておいてくれる人がいいわ」

 彼女の言うことを注意深く聞いていた担当職員は、こうひと言答えた。
「わかりました。あなたが必要としているのはテレビジョンですね」

テレビにはハンサムな男性、スポーツマン、歌や踊りが上手な男が登場しますし、
用がない時はスイッチを切れば静かになりますからね。

45-66 Tight leather skirt
 A
t a crowded bus stop, a beautiful young woman wearing a tight leather skirt was waiting for a bus.
As the bus stopped and it was her turn to get on, she became aware that her skirt was too tight to allow her leg to come up to the height of the first step of the bus.
Slightly embarrassed and with a quick smile to the bus driver, she reached behind her to unzip her skirt a little, thinking that this would give her enough slack to raise her leg.
She tried to again take the step, only to discover that she couldn't.
So, a little more embarrassed, she once again reached behind her to unzip her skirt a little more, and for the second time attempted the step.
Once again, much to her embarrassment she could not raise her leg.
With a little smile to the driver, she again reached behind to unzip a little more and again was unable to take the step.
About this time, a large guy who was standing behind her picked her up easily by the waist and placed her gently on the step of the bus.
She turned to the would-be Samaritan and screeched, "How dare you touch my body! I don't even know who you are!"

 The guy smiled and drawled, "Well, ma'am, normally I would agree with you, but after you unzipped my fly three times, I kind'a figured we were friends."

 ぴっちりした皮のスカート
 混んでいるバス停留所で、ぴっちりした皮のスカートを身に付けた若い美女がバスを待っていた。
バスが停まり、自分が乗る順番になった時、彼女はスカートがピチピチでバスのステップまで足が上がらないことに気付いた。
少し慌てて、バスの運転手にほほえみかけながら、彼女は足が上がるよう、スカートのファスナーをほんの少し下げた。
そしてもう一度足を上げようとしたが、やはり無理だった。
かなり焦って手を後ろに回してさらにファスナーを下げてから、ステップを上がろうとしたが足が動かなかった。
運転手に照れ隠しの笑いを送りながら、ファスナーをもう一度下げたが、やはり今回も足が動かなかった。
すると彼女の後ろに並んで順番を待っていた大きな男が、彼女の腰に手を回し軽々と抱え上げ、バスのステップにやんわりと運んでやった。
彼女は見知らぬこの親切な男性を睨み付け、金切り声で怒鳴りつけた。
「私の身体に触らるなんて、どういうつもりよ!私が全く知らない男のくせに!」
大きな男はニッコリ笑ってゆっくり答えた。

 「お嬢さん、普通ならそう言われても当然ですけど、あなたは私のズボンのフ
ァスナーを三度も下げるものだから、あぁ、昔そういう仲だった女の一人かなと思ったものでね・・・」

このぴっちりした皮のスカートをはいた若い女性は、自分のスカートのファスナーだと思って、
後ろの男性のズボンのファスナーを一生懸命下げていたのです。

45-67 Illiteracy

Woman:

I want to see an out-tern.
Nurse: You mean an intern?
Woman: Oh, well. I want a contamination anyway.
Nurse: No, no, you mean an examination.
Woman: All right. In any case, I want to go to the fraternity ward.
Nurse: No. It's the maternity ward you want.
Woman: What the hell - out turn, intern, contamination, examination; fraternity maternity!
All I know is that I haven't demonstrated for three months and I think I'm stagnant.
Nurse: Ah, you mean you haven't menstruated for three months and you think you are pregnant?
Come this way, please.
 文字が読み書き出来ない人
患者 : アウトターン(out-tern)に面会したいんですけど。
看護婦: あ、それってインターン(intern)のことでしょう?
患者 : あ、そう、そう、その人。とにかく汚染(contamination)したいのよ。
看護婦: 違うってば、それって検査(examination)のことでしょ?
患者 : その通り。いずれにせよ兄弟仲間病棟(fraternity ward)に行きたいんですよ。
看護婦: 違うってば。それって分娩病棟(maternity ward)のことでしょ?
患者 : もう、頭に来ちゃう!アウトターン、汚染、検査、兄弟仲間病棟と分娩病棟!どうだっていいじゃない!
私が言いたいのは、この三ヶ月私は立証(demonstrate)していないので、多分不景気(stagnant)だと言うことなのよ!
看護婦: あぁ、多分あなたは三ヶ月生理がないので(menstruated)、多分妊娠している(pregnant)ではないか、ということなのですね。
わかりました、じゃ、こちらへどうぞ。

45-68 Mini skirts
 M
ini skirts have a tendency to make men polite.
Have you ever seen a man get on a bus ahead of a woman wearing mini skirts?
ミニスカート
 ミニスカートは男性を紳士にする。
ミニスカートを穿いた女性より先にバスへ乗り込む男性はいないからだ。

45-69 Dance at the country club
 T
wo women were discussing the upcoming dance at the country club.
"We're supposed to wear something that matches our husband's hair, so I'm wearing black," said Mrs. Smith.
"Oh my," said Mrs. Jones, "I'd better not go."

 会員クラブのダンスパーティ
 近々行われる会員クラブ主催のダンスパーティについて、二人の女性が話合っていた。
スミス夫人は「私は夫の髪の色に合わせて黒い洋服を着て踊ろうと考えているの」と言うと、ジョーンズ夫人は「まぁ、どうしましょう。それなら私はダンスパーティに行かない方がいいみたいね」

ジョーンズ夫人の夫は禿頭で、それに合わせた夫人の衣装ということになると、
彼女は全裸で踊らねばならないからです。

45-70 Ferryboat
 J
ohn lived in Staten Island, New York, and worked in Manhattan.
He had to take the ferryboat home every night.
One evening, he got down to the ferry pier and found there was a wait for the next boat, so John decided to stop at a nearby bar.
Before long he got tipsy and when he got back to the ferry dock, the ferryboat was just eight feet from the dock.
He was afraid of missing this one and took a running leap and landed right on the deck of the boat.
"How was my jump, buddy?" said a proud John to a sailor onboard.
"It was great," said the sailor.
"But why didn't you wait? We were just pulling in!"

 フェリーボート
 ジョンはニューヨークのスタットン島に住み、マンハッタンで働いていたので、毎日通勤はフェリーボートを利用していた。
ある晩帰宅するためフェリー埠頭にやってくると、次の便船出発まで少し時間があったので、近くのバーに立ち寄ることにした。
直ぐにほろ酔い機嫌となったジョンは、フェリー乗り場に引き返すと、フェリーが埠頭から8フィート(2.4メートル)の位置にあるのが見えた。
彼はこのフェリーを乗り過ごすとまずいと慌て、助走してジャンプするとフェリー甲板に跳び乗った。
「どうだい、僕のジャンプは?」と、ジョンは得意そうに甲板に居た船員に声をかけた。
「大したもんだ」と船員は言って、「でも、もう少し待っていればこの船は桟橋に着いたのに、なぜ待っていられなかったんだ?」と尋ねた。

このフェリーは出港するのではなく、入港するところだったのです。

#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜60・61〜7071〜80


*  
*