●Kazさんのページ

#45. Silly
信じられない程間抜けな男の話とか、どこか憎めないおっちょこちょいな人間の話で、
読んだ後に時に不愉快になるpervert(変態)jokeとは一線を画す
laugh off(笑い飛ばす)対象のSilly(おバカさん)jokeです。

#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81〜90

45-81 Scary experience
 J
ohn was on the side of the road hitchhiking on a very dark night and in the midst of a storm.
The night was rolling on and no car went by.
The storm was so strong he could hardly see a few feet ahead of him.
Suddenly, he saw a car slowly coming towards him and stopped.
John, desperate for shelter and without thinking about it, got into the car and closed the door only to realize there was nobody behind the wheel and the engine wasn't on.
Then the car started moving slowly.
John looked at the road ahead and saw a curve approaching.
Scared, he started to pray, begging for his life.
Then, just before the car hit the curve, a hand appeared through the window and turned the wheel.
John, paralyzed with terror, watched as the hand repeatedly came through the window, but never touched or harmed him.

 Shortly thereafter, John saw the lights of a pub appear down the road.
He gathered strength and jumped out of the car.
Wet and out of breath, he rushed into the pub and started telling everybody about the scary experience he had just had.
A silence enveloped the pub when everybody realized he wasn't drunk and started sobbing.

 Suddenly, the door opened and two other people walked in from the stormy night.
They, like John, were also soaked and out of breath.
Looking around, and seeing John sobbing at the bar, one said to the other ..."Look Paddy! There's that idiot who got in the car while we were pushing it."

 ぞっとする体験
 激しい嵐の夜、真っ暗闇の道路でジョンがヒッチハイクをしようとしていた。
天地がひっくり返るような嵐で道路を通る車は全く途絶えていた。
嵐が余りに激しいので、ジョンは数フィート先の様子も見ることが困難な状態だった。
突然一台の車がゆっくりと彼が立っている場所に向かって来て停まった。
ジョンはとにかく嵐を避けたかったので、何も考えずにその車の後部座席に飛び込み、車のエンジンはかかっておらず、車の後ろには誰も居なかったと思ったので、車のドアをバタンと閉めた。
その時、車はゆっくりと前に向かって動き出した。
ジョンは道路前方を見て、カーブが近づいていることに気付いた。
ぞっとして彼は「命だけは助かりますように」と、神に祈った。
するとカーブの直前で運転席の窓から一本の腕が差し込まれ、ハンドルを切ってカーブを無事に曲がった。
ジョンは片腕が窓から出たり入ったりするのを眺めて恐怖に怯えたが、その腕は彼に触ったり危害を加えるようなことはしなかった。

 やがてジョンは道路の先に、飲み屋の灯りがついているのが目に入った。
彼は勇気を奮い起こして、その車から飛び出すと、雨にずぶ濡れになって、息を切らしながら飲み屋に駆け込んだ。
ジョンはそこで飲んでいた人達全てに、たった今彼が体験したぞっとするような話を語った。
ジョンは明らかに酔っ払ってはいなかったし、語り終えると自分が経験した恐怖をまた思い出してめそめそ泣き出したものだから、そこに居た人々は「これは本当に幽霊が出たのかもしれない」と考えて、皆シーンとなった。

 すると飲み屋のドアがバタンと開き、二人の見知らぬ男が、嵐が吹き荒れる外から中へ入ってきた。
彼等もジョンと同じにびしょ濡れで息も絶え絶えだった。
彼等は飲み屋の中を見回し、飲み屋ですすり泣いているジョンの姿を見つけると、顔を見合わせてつぶやいた。
「おい、パディ、見ろよ。俺達がエンストした車を後ろから押している時に、車の中に飛び込んできたあのバカったれが、ここに居るぞ!」


45-82 Yoga
 A
young woman who was worried about her habit of biting her fingernails down to the quick was advised by a friend to take up yoga.
She did, and soon her fingernails were growing normally.
Her friend asked her if yoga had totally cured her nervousness.
"No, "she replied, "but now I can reach my toe-nails so I bite them instead."

 ヨガ
 爪を噛んでしまう癖のある女性を心配して、彼女の友達がヨガを始めるようアドバイスをした。
しばらくすると、彼女の指の爪は普通になった。
友人が、彼女が爪を噛む神経質な癖が直ったのかどうかと聞いてみると、彼女はこう答えた。
「いいえ、でも今は、足の指を噛めるようになったの」


45-83 Cactus
 A
Dutchman, a Hindu, and a Texan were standing together.
A Hooligan came up and asked, "Hey guys, what is your favorite flower?"
The Dutchman replied, "Tulip."
"Ha, I clean my shit with that!" the Hooligan jeered.
The Dutchman got angry, the tulip being the national flower of the Netherlands.
The Hindu replied,"Lotus."
"Ha, I clean my shit with that!' the Hooligan laughed.
The Hindu got angry, the lotus being India's national flower.
The Hooligan asked the Texan, "And what is your favorite flower?"
The Texan, smiling, replied, "Cactus. Now go clean your ass with that!"

 サボテン
 オランダ人、ヒンズー教徒、テキサス人が道路に立っているところに、一人の与太者が近づいて来て、「オメエ達が好きな花は何だ?」と尋ねた。
オランダ人が「チューリップ」と答えると、与太者は「ヘ、そいつで俺の尻の糞を拭ってやらぁ」と嘲(あざけ)笑った。
チューリップはオランダの国花だったので、オランダ人はひどく怒った。
ヒンズー教徒が「蓮」と答えると、与太者は「ヘ、そいつで俺の尻の糞を拭ってやらぁ」と嘲(あざけ)笑った。
蓮はインドの国花だったので、ヒンズー教徒はひどく怒った。
そして与太者がテキサス人に、「オメエが好きな花は何だ?」聞くと、テキサス人は「サボテンさ。さ、こいつでお前の尻の糞を拭ってみろよ」と言った。


#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81〜90


*  
*