●Kazさんのページ


#46. Sports
ゴルフ、テニス、ベースボールなどの球技、フィールド競技、水泳など
あらゆるSports(スポーツ)jokeを集めてみましたが、圧倒的に多いのはゴルフジョークです。
やはり人間的な要素が大きいからでしょうか?


#46-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50

46-41 Superstitious
 C
hris gets a new job at a bank and immediately gets on well with his fellow investment bankers.
So much so that a group of them who meet for a round of golf every Sunday ask Chris whether he'd like to join them this Sunday at 10am.
"I'd love to," replies Chris, "thanks for asking. But I might be 6 minutes late."
"No problem," they reply.

 Chris turns up on Sunday exactly at 10am, golfs right-handed and posts the lowest score.
They congratulate him and invite him to join them again next Sunday.
"I'll be there," Chris says, "but I might be 6 minutes late."
The following Sunday, Chris turns up exactly at 10am, golfs left-handed and posts the lowest score. They again congratulate him. This continues for a number of Sundays, with Chris always saying that he might be 6 minutes late, and always posting the lowest score, whether he golfs left or right handed.

 One Sunday, in the bar after their round of golf, his colleagues ask, "Chris, we hope you don't mind us asking, but every Sunday you tell us that you might be 6 minutes late, but you never are. And then, whether you play left or right-handed, you still post the lowest score. What's it all about?"
"It's no great deal," replies Chris, "I'm very superstitious. Every Sunday, when I awake, I look over at my beautiful wife Freda. If she's sleeping on her left side, I golf left handed and if she's sleeping on her right side, I golf right handed."
"But what if your Freda is sleeping on her back?" they ask.
Chris replies, "Then I'm going to be 6 minutes late."

 迷信を気にする
 クリスは投資銀行で新たな職を得ると、その銀行の同僚達とすぐに馴染んで仕事をするようになった。
同僚達は毎週日曜日にゴルフを楽しむ間柄だったので、クリスに今週の日曜日朝10時に、ゴルフを一緒にしないかと誘われた。
「ぜひお手合わせ願いたいね」とクリスは返事をした。
「でも6分位遅れるかもしれないけど、構わないかい?」とクリスが聞くと、同僚達は「問題ないよ」と答えた。

 約束の日曜日クリスは朝10時きっかりにゴルフ場に現れ、左打ちでその日仲間内のベストスコアでラウンドを終えた。
仲間達はクリスを祝福した。それから毎日曜日が同じ流れだった。クリスはいつも「6分遅れるかもしれない」と言いつつ、朝10時きっかりにやってきて、右打ちしようが左打ちしようが一番良いスコアでコースを回り終えた。

 ある日曜日、ゴルフを終えてからゴルフクラブのバーで仲間と飲んでいる時、クリスは一人の同僚から質問された。「クリス、気を悪くしないで聞いてほしいんだけど、君は毎日曜日のゴルフに6分遅刻するといいながら、いつも時間通りにやってくるよね。そして左で打とうが、右で打とうがいつでも僕らの中で一番良いスコアでプレーする。一体、真相はどういうことになっているんだね?」
「別に大したことじゃないんだ」と、クリスは答えた。「僕はとても迷信を気にする方でね、日曜日の朝目が覚めた時、いつも僕の美しい妻で有るフレダの様子を見るんだ。彼女が左側を向いて寝ている時は、僕はゴルフをする時左で打つ。彼女が右側を向いて寝ている時は、僕はゴルフをする時右で打つ、と決めているんだ」
「では君のフレダが仰向けになってまっすぐ眠っていた時は、どうするんだね?」と同僚達は尋ねた。
「その時は、僕は6分間遅れてゴルフ場に現れるんだ」と、クリスは答えた。


46-42 Chicago Bears Fans
 W
e Chicago Bears fans amuse ourselves by scaring every Green Bay fan we see strutting down the street with that obnoxious green & gold "G" on his coat.
We would swerve our cars as if to hit them, and then swerve back just missing them.

 One day, while driving along, I saw a priest walking.
I thought I would do a good deed, so I pulled over and asked the priest, "Where are you going Father?"
"I'm going to give mass at St. Francis Church, about 2 miles down the road," replied the priest.
"Climb in, Father! I'll give you a lift!"
The priest climbed into the rear passenger seat, and we continued down the road.
Suddenly, I saw a Green Bay fan walking down the road, with that "G" coat on and I instinctively swerved as if to hit him.
But, as usual, I swerved back into the road just in time.
Even though I was certain that I had missed the guy, I still heard a loud "THUD."
Not understanding where the noise came from, I glanced in my mirrors but didn't see anything.
I then remembered the priest, and turned to the priest and said, "Sorry Father, I almost hit that Green Bay fan."
"That's OK," replied the priest, "I got him with the door."

 シカゴベアーズファン
 僕達シカゴベアーズファンは、道路でいやらしい緑と黄色のGマークのついたコートを着て、気取って歩いているグリーンベイファンを町で見かけると、驚かせてやることが楽しみになっている。
例えば運転している車を急旋回させて、そのグリーンベイファンの身体スレスレまで近づけ、跳ね飛ばす直前に方向を変えて、そいつの肝っ玉を縮み上がらせたりする。

 ある日僕が車を運転していると、神父さんが歩いているのが見えた。
今日は何か良いことをひとつしなくてはと考え、僕は車を停めると神父さんに声をかけた。「神父さん、どちらへお出かけですか?」
「ミサを行うため、この道を約2マイル歩いた所にある、聖フランシス教会に行くところなんじゃ」と神父が答えたので、「神父さん、どうぞ僕の車にお乗りになって下さい。そこまでお連れしましょう」と私は誘った。
神父が後部座席に乗ったので、僕は車を走らせた。
すると突然Gマーク入りのコートを着たグリーンベイファンが、道路を歩いているのが目に入った。
僕は本能的に車を急旋回させて、その男を跳ね飛ばすふりをしたが、いつも同様ギリギリのタイミングで車の向きを変えて彼にぶつけないように避けた。
絶対ぶつけていないと確信していたのに、「ドスン!」という音がしたので、「そんなバカな」という思いで、音のした方向をバックミラーで観察した。
何も見えなかったが、後部座席の神父のことを思い出し、後ろを振り向くと「神父さん、驚かせて済みません。あやうくグリーンベイファンにぶつけてしまうところでした」、と神父に言った。
「気にしなくて結構、そいつにはわしがドアを開いてぶつけてやったから、吹っ飛んだじゃろう」

この神父さんもシカゴベアーズファンなのですね。

46-43 Golf course in heaven
 A
man who is an avid golfer finally gets a once in a lifetime chance for an audience with the Pope.
After standing in line for hours, he gets to the Pope and says, "Holiness, I have a question that only you can answer. I love golf and I feel a real need to know if there is a golf course in heaven. Can you tell me if there is?"
The Pope considers for a moment, and says, "I do not know the answer to your question, my son, but I will talk to God and get back with you."

 The next day, the man is called for another audience with the Pope to receive the answer to his question.
He stands before the Pope, who says, "My son, I have some good news and some bad news relating to your question. The good news is that heaven has the most fabulous golf course that you could imagine and is in eternally perfect shape. It puts all courses on earth to shame. The bad news is that you have a tee time for tomorrow morning."

 天国のゴルフコース
 ゴルフ狂の男が生涯一度のチャンスともいうべく、ローマ法皇に謁見する機会を得た。
何時間も謁見順番の列に並んで待った後に、法皇に対面した男は「ローマ法王閣下、あなた様ならお答えすることが出来ることを、ひとつお聞きしたいのです。私はゴルフが大好きなので、天国にゴルフ場があるかどうかを、ぜひ知りたいのです。天国にはゴルフ場が有るのでしょうか?」
法皇は一瞬考えてから「我が信徒よ、わしはその答えを知らぬのじゃ。だからこれから神にお聞きした後に、汝にその答えを伝えよう」と答えた。

 翌日この男は再び謁見者の列に呼ばれ、法皇からの答えを聞くことになった。彼が法皇の前に立つと、「我が信徒よ、良い知らせと悪い知らせがある。良い知らせとは天国には、汝が地上では思いつくことの出来ないほど素晴らしい、完璧なゴルフ場があるということじゃ。天国のゴルフ場に比べれば地上のどのゴルフコースもかすんでしまうほどじゃよ。で、悪いしらせとは汝が明日の朝、そのゴルフコースの一番ティーに立つことになっているということじゃ」


46-44 Pete Rose
 MLB
is deciding whether or not to reinstate Pete Rose in the 2014 season.
When asked about it, Rose said, "I hope they do, because I've got $50 riding on it."

 ピートローズ
 大リーグ機構は、2014年からピート・ローズの名誉を回復するかどうかを検討していると伝えられている。
このことに関して問われたローズは、「回復して欲しいと望んでいる。なぜなら僕は回復できるという方に、既に50ドル賭けているんだから」

ピート・ローズはアメリカ野球界メジャーリーグ(MLB)で1963年から1986年までプレイし、
MLB最多試合出場記録を持っていますが、引退後監督在任中に野球賭博に関わったとして、
メジャーリーグから、1989年8月24日、永久追放処分を受けました。
現在もMLB復帰は叶っていません。
「名誉回復される方に50ドル賭けた」などと、今でも言っているようでは無理ですね。

46-45 A reporter from St. Louis
 J
ohnny and David were playing hockey at Forest Park skating rink in St. Lous.
Suddenly a vicious pit bull came up and attacked David.
Instead of panicking, Johnny sneaked up behind the dog, stuck his hockey stick in the dog's collar, and broke the dog's neck.
A reporter from St. Louis heard about what had happened with the boy and he went to the Johnny's house to him.
He asked Johnny how all of this happened, and Johnny told him.
Then he asked Johnny if he could write about him, and Johnny said sure.
So the reporter pulled out his notepad and started writing, "Blues fan from St. Louis saves friend from vicious dog."
Johnny said, "I'm not a Blues fan."
So the reporter started writing again. "Cardinals fan from St. Louis saves friend from dog."
Johnny said, "I'm not a Cardinals fan either."
The reporter finally asked, "What the hell are you a fan of?"
Johnny said, "I'm a Detroit Redwings fan."
The reporter frowned and stared writing again: "Little bastard from Michigan kills family pet."

 セントルイスの新聞記者
 ジョニーとデービッドが、セントルイスのフォレストパークのスケートリンクでアイスホッケーゲームをしていた時、突然獰猛なピットブル犬がリンクに跳び込んでデービッドに襲いかかった。
ジョニーは少しも怯えず犬の後ろから近づき、ホッケーのスティックを犬の首と首輪の間に突っ込むと、ボキリと犬の首の骨を折って殺してしまった。
セントルイスの新聞記者がこの事件を聞きつけ、子供の身に何が起こったのかを確かめるためジョニーの家を訪れた。
ジョニーから事の顛末を聞いた記者はこのことを新聞記事に書いてよいか、と彼に同意を求めた。
ジョニーがOKしたので新聞記者は彼のメモ帳を開き、「セントルイス・ブルースファンが、獰猛な犬に襲われていた友達の命を救う」と書いた。
ジョニーが「僕はブルースのファンじゃないよ」と言ったので、「セントルイス・カージナルスファンが、獰猛な犬に襲われていた友達の命を救う」と書き直した。
「僕はカーディナルスのファンでもないよ」とジョニーが言うので、新聞記者は「じゃ、いったいどこのクラブのファンなんだね?」と尋ねた。
「僕はデトロイトレッドウイングスのファンさ」とジョニーが答えると、新聞記者は眉をひそめた後メモ帳に「ミシガンからやって来たひどいガキが隣人のペットを殺す」と書き直した。


46-46 Three terms
 D
id you hear about the college basketball player who got his degree in just three terms?
Carter's, Reagan's and Bush's.

 三期かかって
 大学の学位を取るのに三期もかかった、大学バスケットボール部員の話を聞きましたか?
彼はカーター政権(4年)、レーガン政権(4年)、ブッシュ政権(4年)の、三政権の合計年月を要したんですよ。

普通、大学生のterm(学期)なら一年間と思いますけど、
まさか大統領任期(term)三人分とはねぇ・・・つまり12年かかったということですね。

46-47 Baseball Game in Heaven
 J
oe and George were crazy about baseball.
They wondered if there was baseball in heaven and promised each other that the first to heaven would somehow let the other know.
George passed away and a week later, he contacted his friend on earth and said, "Joe, I have good news and bad news. The good news is that there are baseball teams in heaven and the bad news is that you're pitching on Friday, next week."

 天国の野球試合
 ジョーとジョージは野球気違いだった。
彼等は天国でも野球があるのかどうかと心配して、お互いどちらが先に死のうとも、何とかして残った方に天国で野球が行われているかどうかを知らせるようにしよう、と約束していた。
ジョージが亡くなってから一週間後に彼は現世の友人にコンタクトして来た。
「ジョー、良いニュースと悪いニュースがある。良いニュースというのは天国にも野球チームがあるんということだ。悪いニュースというのは来週金曜日にお前がピッチャーとして登板予定になっているということだ。」

つまりジョーは来週金曜日までに死ぬ、という訳です。
野球の代わりにテニスでも、ゴルフでもあなたの好きなスポーツで置き換えて使って下さい

46-48 Lance Armstrong
 E
veryone should stop hating on Lance Armstrong.
He won 7 Toure De France's on DRUGS!
When I'm on drugs, I can't even FIND my bicycle.

 ランス・アームストロング
 ランス・アームストロング選手のことを悪く言うのはもう止めようよ。
彼は薬物を使用した状態でもツール・ド・フランスを7連覇したんだから。
僕が薬物を使用したら、自分の自転車を見つけることだって怪しいものだからね。

ランス・アームストロング(Lance Armstrong )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元自転車プロロードレース選手。
癌に脳まで冒されながらも奇跡的に復活し、
その後1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇した選手として世界的に著名であったが、
この7連覇はドーピング問題により後に取り消された

46-49 Boxer's Tombstone
Q: What is engraved on a boxer's tombstone?
A: "You can stop counting. I'm not getting up."

 ボクサーの墓
Q:ボクサーの墓には何と墓碑が刻まれているか?
A:カウントを止めろ。俺はもう起き上がらないから。


46-50 Hooker
 A
couple met at the Beach and fell in love.
They were discussing how they would continue their relationship after their vacations were over.
"It's only fair to warn you Linda," he said.
"I'm a golf nut. I live...eat... sleep... and breathe golf."
"Well..." Linda said, "Since you're being honest, so will I. I'm a hooker."
"I see," he said pensively.
Then, he smiled and said...."It's probably because you're not keeping your wrists straight when you hit the ball."

 娼婦
 休暇地の海岸で知り合った男女が恋に落ちた。
二人は休暇が終わった後も恋人関係を続けたいと考え、お互いのことを話し合った。
男が「リンダ、これから正直に告白するけれど、僕はゴルフ狂なんだ。食事をして、寝て、ゴルフをして生きているだけなんだ」と言った。
女は「そうなの。あなたが正直に告白したから、私も本当のことを言うわ。実は私は娼婦なのよ」と男に告げた。
「そうなんだ」と男は悲しげに答えたが、すぐにニッコリ笑って彼女に言った。
「それはたぶん君がボールを打つ時、手首を真っ直ぐにしすぎるからじゃないかなぁ・・・・」

Hookerと言えば普通は「娼婦」と思いますが、このゴルフ狂の男は
「フック(ゴルフボールを左に曲げて打ってしまう人)するなら、グリップを変えれば球は真っ直ぐに飛ぶよ」と、
自分の世界に入ってしまっているのです。

#46-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50


*  
*